今年七月某日、四泊五日の日程で訪問。今回は二泊プーケット、二泊をバンコクで過ごすことに。名古屋から直行でバンコク、そこからプーケット空港へ。今回は始めての一人旅となった。到着直前の飛行機から見る小さな島々はまさにパラダイス。

image


プーケットは始めて。選んだ理由はプーケットナイトライフの紹介ブログを見て、あまりに美人が多く、エロく、楽しそうだからという単純な理由。あんな美人と疑似恋愛したいという願望がsevenを突き動かしたのだ。

しかし、一人旅とか言ってるくせに現地の日本人ガイドさんに事前にナイトライフツアーを予約すると言うヘタレぶりも中々可愛げあると思いませんか?

今回の小遣いは約12万。いつも終盤金が無くて困るので、今回もやや不安な旅となりました。ゴムは空港で0.02mmとか言うやつの六個入りを購入。いつものパターンだと半分余るんだけどね。

一日目

プーケットに夜六時頃到着。すぐに4万円ほど両替。レートは3070B/1万。まず焦ったのはタクシーの勧誘がハンパない。無視しても執拗に付いてくる。事前に現地ツアー会社にお願いした往復貸切タクシーに乗り込む。ホテル行きは700B空港行きは600Bで調べた中では最安値。

image


運転手は優しそうな顔のタイ人ドライバー。多分ツアー会社の従業員だと思う。

道中、気づいたのだが道路を挟んだ周りの木々が整列でならんでいる。奥行きも相当あり、3mくらいの等間隔で明らかに人口的。歩道も無いし公園ではなさそう。何かの栽培というわけでもなさそう。木の上の方だけ葉がモサモサ付いてる変わった感じの木。

一体なんのためにあるのか不思議だ。運転手に下手な英語で聞いてみたが、フフフとか言うだけで良くわからなかった。あの整列した木々は何のためかわかる人、教えてください。

つづく


にほんブログ村