まずはお詫び。タイナイトライフ情報ブログランキングの注目記事で

竿コヨーティ達と飲んだくれる

このタイトルで注目記事になったっぽいです。期待されて読まれた方、本当にすみません。実際のタイトルには竿はありません。これには訳がありまして私の場合、タイトルを書いてから本文を書き出すのですが、本文が長引いてしまいタイトルの内容まで書けなかったので後からタイトルを変更しました。その時に竿と言う文字を消し忘れてしまいました。決して釣りではありませんのであしからず。この本文読んで頂ければわかるかと。

(8/24 23:00 注目記事から竿の字は消えてました)

三日目つづき

トボトボとテーメーに向かって歩く。店の前で突然誰かに抱きつかれ、屋台の椅子に引き込まれる。赤髪の可愛いレディ。一緒に遊ぼうと誘って来る。顔が整い過ぎているのと珍しい赤毛、若干の声の不自然さに

あなたはレディボーイか?

と聞いてみる。レディは少し困った様子ながら小さくうなづく。過去に工事済の経験はあったが竿付だとかなりsevenにとってはハードルが高い。

カット済?

・・・NO

予想通りだった。

私はカットしていないと遊ぶのは無理だけど?

つたない英語で伝える。するとレディは悲しそうに涙を浮かべ黙り込む。んー、本物よりも女の子っぽい。いろんな事を思いうかべながら出した答。

ごめん、一回店に行って来る。本当にごめんね。

やっば無理だよなと思いながらテーメーに入る。

image


多分テーメー利用者は一度は見たことある顔だと思う。特徴は赤い髪と鼻のホクロ。ああ、見たことあると感じたんじゃないですか?カンボジア出身の20歳だそうです。

レディを路上に残し、テーメーで暫く飲みながら物色し、話してみるも、どうも擦れた子が多くてチョイスには至らない。仕方なく帰ろうと店を出る。すると後ろから赤髪の彼女が抱きついてくる。瞳はウルウルしている。ああ、他のお客とれなかったんだ。

なんとなく、レディに対して急に親近感が湧く。これもある意味タイマジックか。今度は即決でこう言った。この感覚、なんとなくわかる人居ると思う。

ホテル来る?

Yes

手を繋ぎながらホテルに向かう。既に心は一皮むけた変な充実感に浸る。竿付きのプレイは一体どんなかんじなのか。期待と不安と変なテンションでホテルに向かうのであった。

つづく

追記

あっ、sevenと兄弟だと言う方、すみませんが内緒でお願いします。


にほんブログ村