Thaiも素晴らしい景色があるし、プーケットなんかも綺麗だった。でもさっきまで会社の工場の3Fで監査をしていたら勤続三十年近くなって始めて知った絶景があったので思わず写メ撮りました。仕事中に何やってんだよと言う指摘は無しで。

image


どうですか。今日は小雨なのでこんな感じですが晴れたらもっと綺麗じゃないかな。灯台元暗しとはこのことか。

つづき 四日目

朝9時起床。今日は最後の夜を迎える。翌日早朝帰国なのだ。まずは前日行ったソイカのオープンカフェへ向かい、ハンバーガーとビアチャンを注文。外で食べてると軒先からミストが噴射されてて衛生的に不安になる。外で食事してるの知ってるのによくやるなーと少し不満だったけどここはThai。マイペンライで終わるのだろう。過去二回目の訪泰時にエロマッサージで飲んだ水と三回目に来た際、水上マーケットで飲んだアイスコーヒーの氷で日本では経験したことの無い下痢を食らったので少し神経質になってます。だって自分で気づかない間に汁が出でくるんだもん。恐ろしや。その話はいつか書きたいと思います。

さて、食事後やる事無いのでフットマッサージをしようと店を探す。基本的にマッサージ屋は固定しないのがseven流。最初の頃は固定してたけど、やっぱ出会いと経験が大事。ハマってもネタになるし、もっといい場所見つけるかも知れないしね。

以前泊まったことのあるソイ16方面に確かマッサージが数件あったなと歩き出す。程なく店を発見、前に利用した店と別の店に入ってみる。足ツボの看板の店。いつもなら若い巨乳を探すのだが不覚にも何も確認せずに入ってしまった。朝10時過ぎだったのでエロの感情が切れていたのかも。

ここに座れと言ったレディは年齢50歳くらいのモーガンフリーマンそっくりな色黒なおばさん。それにしても黒い。目だけ白い。思わす

モーガンフリーマンに似てると言われませんか?

と聞こうと思ったけど多分喜ばない気がしたのでやめた。

モーガンレディは華奢な体つきなのにすごいパワーで揉む。握力半端ねぇ。

ジェップ、ジェップ、ソフト、ソフト、OK?

OK、ソフトna

今度は優しくやってくれた。しかしすでに右のふくらはぎは打撲のように痛くて痺れたままだった。一時間を終え、モーガンレディにチップ込み250Bを渡すと右足を引きづりながらホテルに戻った。そして最後の夜を遅くまで楽しむ為に昼寝をする事にした。今思えば彼女の写メ撮っておけばよかったな。まじでそっくりなんだもん。

つづく


にほんブログ村