アニメ進撃の巨人にはまっているsevenです。コミックで読んだ時はそれほど面白いとは思いませんでしたがアニメで見るとかなり面白いです。今日本でも進撃の巨人ブームらしいです。

萌え要素が全く無いので我々おっさんでも違和感無く楽しめます。萌え要素無しでこれだけ人気なのですからストーリーは誰が見ても鉄板でしょう。うちなんか娘達含めてカミさんまで大ファンになってます。見た事無い人は一度見てみてください。オススメです。

image


三日目 つづき

カマレディの車に乗り込み、まずは水上マーケットに連れて行ってもらう。ここの名前は知らないけどUSJのウォーターワールドみたいな大規模なショーをやっている。川の上の大きな集会場みたいな場所でやっててショッカーみたいな仮装した悪者が付近を徘徊している。

それよりも地元の人達がカマレディを振り返ってまで見る。ほとんどの人がカマレディを見る。理由はカトゥーイだからか美人だからかのどちらかだと思う。身長高いしモデル並みのプロポーションだしね。

とにかくすれ違う人が皆振り返ってこちらを見るのでものすごいアウェー感。K君は自分達が外人だからだと言うが、どう見てもカマレディを見てると思う。一回りした後、カマレディはお腹が空いたとか言ってバミーナームを食べる。肉団子入りのやつ。そのまま食べればかなり日本人でも美味しいと思う。タイ人のようにナンプラーとか怪しい香味料を入れなければの話。値段も四人分でドリンク含めて250Bくらいと安価。

その後お約束のワニ園へ向かう。ここは二回目の旅行でタイの女子大生達が連れて来てくれた場所。象のショーとかもあるとこ。二回目の旅行記はまだ書いてないのですが。

流石に以前来た事あるとは言えず、始めてのフリで入園する。レディは気を利かせてチケットを現地人価格で購入しようとするがsevenは日本人だろとばれた。K君はなぜかスルー。タイ人ぽく見えたみたい。

あ、ちなみに猿レディは全く英語も日本語もダメな人でした。猿レディは水上マーケットでマンゴーの青いやつを店の人に切ってもらい、ビニールに入れて買っていた。塩を付けて食べるんだけど、車の中で僕らにも分けてくれた。皆で食べようと買ったみたい。優しい子だ。言葉わからないのにずっとニコニコしてる。これが微笑みの国なんだと思った。たた、猿レディは毛深いので眉毛くっついてるし、口ひげも産毛で黒ずんでる。スネも濃い。なんで剃らないのか不思議。カマレディは真っ白に化粧してる。毛は全然ない。

ワニ園でも我々の注目度は高かった。象のショーの時なんか小さい女の子はショーを見ずにこちらをずっとガン見。少し疲れた。

ショーが終わり、2時頃にまたカマレディがお腹空いたとか言う。よく食えるな。途中の大きなイオンみたいな建物に寄り、ここがいいと言ってMKレストランで食事。レディ達は鬼のように注文し食べまくる。

そしてガソリン満タン(もちろんこちらの支払い)にしてホテルへ戻った。部屋で少し休憩してレディ達に1000Bづつお礼をした。今思えば2000づつくらいが相場だったか。なんとも変わった観光だった。

カマと猿。下心抜きで単純に楽しめました。さて今夜はナナプラサへ行く予定。少し昼寝をして備える事にした。

つづく


にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ