土日に会社行きたく無いので仕事頑張ってます。さて、今回の旅行記は二回目の訪泰での出来事について記したいと思います。この旅は三泊のショートステイでしたが観光と夜遊びの密度が濃く、体調崩すくらいのハードなものでした。

登場人物の紹介

seven・・・もちろん筆者です。当時はThaiの夜の魅力を周りの人に伝えまくってた時期です。とにかく仲間を増やしたい一心だったと記憶しています。40半ば。

師匠・・・相変わらずの野獣にして宇宙人のような存在。旅行会社の社長。タイ語ペラペラ。50前半。

H君・・・sevenの悪友で今回も一緒に行動。自称手マンの伝道師かつ変態。今回もやってくれました。40半ば。

アニキ・・・取引先の社長。sevenが新入社員の頃からのお付き合い。昔からチェッカーズのフミヤに似ていると女子に人気のイケメン。とにかく女に困らないし、金持ち。50手前。

Sさん・・取引先の社長。世界一の天下のT社一族。昔から金に困ってない人なのでやる事が豪快。60後半。


二回目の旅行記はこの五人で始まります。

追伸、9月20日 本文見直し、写真追加したり間違いを訂正しました。かなり酔っ払って書いたのですみませんでした。

image


初日

2011年7月、社長連中がいるので旅費を経費で落とすために結構めんどくさい作業を行う。表向きの日程表を作ったり、研修という名目のカリキュラムを作ったり。師匠も仕事とは言え、大変そう。

大御所Sさんは仕事の関係で一日前乗りでバンコクに。それに合わせて師匠も前乗り。アニキとH君とsevenは予定通りの直行便でバンコクに向かう。

昼の三時半頃到着し、師匠が用意したリムジンタクシーに乗り込み滞在先のコラムバンコクに向かう。

流石にVIPが居るからなのか、師匠は前乗りしたSさんと一緒にロビーで出迎え。師匠も前回よりも旅行添乗員ぽい仕事ぶり。

到着後、6時ロビー集合夜遊びが始まる。師匠は最初に

「実質三泊しか無いので観光も含めると結構忙しいと思います。観光もアリバイになるよう有名処に行きます。その際は写真を撮ったりして下さい。後、夜遊びははしごしますので事前に会費を聴取し支払いは私が務めます」

みたいな事を言った。確かに飲み屋はしごしてて、ワリカンだと面倒くさいので会費制はありかな。そして本日のスケジュールが発表される。

「今日はまず近くの日本居酒屋へ行きます。その後、GOGOバーへいきます」との事。BTSに乗り込み、プロンポンで降りる。師匠の先導で歩くと十分ほどでその店に着く。店の名は「栄ちゃん」初めての旅行でも行った場所だ。


いよいよ夜の部、スタート!!

つづく


にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ