アゲハさんにて店長さんと結構熱い話しをしていたらいつの間にか1時半。これはいかんとソイカーボーイへ向かう。まずは噂の新店、クレイジーハウス。皆さんが言う通り全裸で踊ってます。選べる子はseven的にはチラホラ。お客もほぼ満席。

ここでペイバーしてはいかんと思い直す。待機の子が寄ってきていきなりマ◯コを触らしてくる。それぼど可愛くはないが中々の応対。20分くらい居てコーラを奢ってチップを渡し店を出る。

その後可愛いレディから手を引かれKISSに入る。客は少ないしコヨーテも全然踊ってない。そこでコヨーテと可愛いレディと一緒に飲み出した。可愛いレディは番号付けて居たのでペイバー可能。ロングで買おうと決めて閉店まで粘る。早速ペイバー交渉してみるとブンブン出来ないと断られる。初めて断られたので軽くショックを受けた。

残念ながら今日は不発かとトボトボとホテルに向かって歩いているとアソーク交差点のバービアに引き込まれる。そこには巨体レディとオレンジの服来たおばさんレディ。レディは何故かsevenの後ろに立ってずっと肩を揉んでくれてる。更にもう一人ギター引いてる兄ちゃんが居る。客はsevenだけ。兄ちゃんは日本の歌を何曲も歌ってくれた。まぁ大袈裟に言えば一人専用ライブ。気持ち良くチップを渡し、帰ろうとした時ずっと肩揉んでた巨大レディが猛烈アタックキタコレ。sevenが立ち上がれないようおんぶみたいに体重をかけてくる。胸押し付けてのアピールだと思うけど、その前に重くて背骨が折れそうなんだが。ここが自分のバカの繰り返しなんだけど、皆さんの予想通り巨大レディを持ち帰りましたよっ!

献身的なマッサージと嫌味の無い猛烈アタックに負けました。飲み代1350バーツと巨体レディのチップが前金だとかで2000バーツ払う。なんでコレが2000とか思ったりしたが今日は最後まで不運で過ごした方が翌日から良くなるだろうと言う意味の無い解釈で気持ちを誤魔化しました。

はい、勿論不発ですよ!っと。出来るわけないよ、普通。部屋来て30分くらいでレディを返しました。一緒にシャワー入った時、自分のしでかしたコトの大きさに気付いたが、時すでに遅し。名古屋のラウンジで一人さみしく見てた大相撲がフラッシュバックしました。

こんな感じで初日終了。


にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ