タクシーを拾ってインソムニアに向かう。店に入ると流石にお客はほとんどいない。名前は忘れたけどフルーツ味の酒の入った炭酸飲料。たしかJが頭文字のやつ。それを飲み出す。僕ら3人は誰もいないのにすでに踊ってる。11時になるとコヨーテ達が登場。中央お立ち台で踊り出した。この頃になると客も少しづつ増えて来た。もうすでにブーブーに酔っ払い状態のsevenはレディ達に煽られコヨーテがいる中央お立ち台に上がりコヨーテと踊り出した。

もうそこからはお祭り状態。タガが外れたと言うかいつもの自分ではない。コヨーテは何故か両サイドのお立ち台に移動し、中央お立ち台はsevenのオンステージと化した。いつの間にか満席に近い状態。

途中疲れて降りようとするもレディ達がすかさずお立ち台に戻す。レディ達はしきりにGoodのポーズを出す。踊らされているとはまさにこの事か。おっさんの見苦しいダンスに嫌気がさしたのか一斉に他の客もお立ち台に上がってきた。

余りにノリ過ぎて裸になろうとするとすかさずレディと黒服に制止される。テキーラのシヤーベットを6杯一気飲み。Nちゃん、◎ちゃんも踊り狂ってる。◎ちゃんもタガが外れたのかsevenとキスの応酬。お立ち台にわざわざ上がってきてディープキスを繰り返す。何組か日本人達も居たのでこのおっさん達狂ってるなとさぞ思ったに違いない。

深夜一時過ぎ、帰り支度もあるので店を出る。気のせいだと思うが、なんとなく周りの視線が痛い。Nちゃんはもう歩けない状態なのでチップ3000バーツを渡し、タクシーに乗せて家に返す。◎ちゃんとsevenはホテルに帰る。

あーあ、やっちまったよ。これでまた日本人の評判が・・・めちゃ反省。おっさんの変態ダンス及び乱痴気騒ぎを3時間も見せられた会場の皆様、本当にすみませんでした。。。コヨーテが脇のお立ち台に移動してしまうくらいだったので相当迷惑だったのでしょう。これぞ旅の恥はかき捨てなんでしょうか。まさか痛い日本人に自分がなるとは。

つづく


にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ