毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

今日は週末ですが金がないので何も出来ません。Thai行き過ぎの反動が実生活に直撃です。でもここで我慢しないとあちらで何も出来ないし、仕方ないですね。

今、2月の訪泰を検討してます。バレンタインデーに照準。愛しのレディと過ごせないかなと。月末に会った時に確認しようかと思います。ある意味彼女の真意を探るターニングポイントかと考えてます。



5日目 元旦つづき

バービアに戻って見るとK達が居ない。ヤル気満々だな。一緒に飲んでたねーちゃんは23歳と言う。バービアのねーちゃんとしてはレベル高い。顔立ちもいいし、声も可愛い。

「ホテルくる?君と一緒に帰りたい」

「いいよ」

少し考えた素振りの答えなので一瞬ダメかと思った。会計を終え、ホテルに手を繋いで歩く。バービアもババァの巣窟かと思ってたけど侮れないなと。

レディはまだ飲みたいと言うのでフードランドでビール大瓶二本とツマミ少々購入。部屋で飲み出す。アソークで働く前はパタヤのバービアに居たとか。話は弾み、彼女がほとんどビールを飲み尽くす。冷蔵庫の酒まで飲みたがるのでそろそろヤバイなとベッドに誘う。

キスしてみるも顔を背けて拒否。シャワー誘うも拒否。う、ここまでの努力が・・・萎えながらベッドイン。巻かれたタオルを外すと垂れて乳輪のでかい胸がダランと見える。

う・・・これはイケない王道ルート・・

彼女は数十秒の攻めの後、ゴムを装着してすぐに挿入しようとする。あぁ、この萎えパターン。もうダメだ・・・

TINKOが反応を拒否してる。だからゴムが付けれない。すかさず彼女は猛烈にシゴキ出す。お、段々と拒否が強制解除に向かう。TINKOと言えど所詮は男。意思の固さは快楽に屈しやすい。と、その時だった。

「ビシッ」

と言う激しい激痛。

「痛っ」

思わず、声が出る。彼女は動きを止め、こちらを見る。痛みは一瞬だった。

「あ、大丈夫」

そう答えると彼女はゴムを装着し、挿入に挑む。なんとか入った。腰をガンガン振る。胸を触ろうと手を伸ばすとガードするようにsevenの両腕を上から抑える。犯されてるような体制が少しだけTINKOが喜び、元気に。股間からクチュクチュ音がし出す。中々エロい音だ。すると彼女は突然動きを止める。

ん?

彼女は押さえていた腕を外し、sevenの下腹部を触ってこちらに見せる。彼女の指は血に染まっている。

え??

彼女は腰を浮かしTINKOを外す。すると大量の血がドボドボと滴り落ちる。

「え??生理?」

彼女はヤバイと言った顔で自分の股間を触り、急いでシャワールームへ走ってく。シーツは血の海と化している。

今日はレディがサービス悪いし、生理になるし、シーツも汚れてもう最悪やなと呆然とする。すると段々とTINKOがヒリヒリし出す。

ん?何これ・・・

付けたはずのゴムは外れていてTINKOの裏を見ると富士山型の皮の頂上がザックリと割れて血が垂れている。

「うわっ!」

急いでタオルを当てる。レディがシャワーから出てくる。血だらけのゴムをゴミ箱に入れてる。

「ごめん、こっちが切れたみたい・・・」

と伝え、シャワーに入る。下腹部の血を洗い、TINKOを洗う。

「痛ってー」

痛みと共に血が滴る。タオルで吹いてテッシュで押さえ、ベッドルームに戻る。彼女は着替えを終えてソファで携帯いじってる。

血も止まり、着替えてリビングルームへ。彼女は知らん顔で携帯。その指先は超長い付け爪。この爪で切られたんだ。段々と怒りがこみあげてくる。

「ね、チップ半分でいいかな」

「は?何言ってるの?」

「だって君が切ったんだよ。悪く思わないの?」

彼女は怒りの表情で黙り込む。こちらもついカッとしてしまった。彼女の「私には関係ありません!」って態度に無性に腹が立ったのだ。すぐに冷静に戻り、格好悪い事言ってしまったなと、

「ごめんごめん、ちゃんと払うね」

そう言って2500バーツを渡す。彼女はお礼も言わず部屋を出て行った。もう、どうでもいい、まずはシーツ変えなきゃ。

TINKOの痛みで痔を患ってるような歩き方でフロントに向かい、シーツが血で汚れたことを伝え、交換をお願いする。

部屋で待ってるとシーツを交換しに男が現れサクサクと作業を終わらす。50バーツほどチップを渡し、化膿しないように日本から持ってきた抗生物質を飲んで就寝するsevenだった。

勿論、TINKOは使えない。残りの旅行日程は宦官生活となるのであった。なんという元旦のヒメハジメ・・・


つづく

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!

にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ