毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村
★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板


7回目の旅行記を書いていますが、やっぱり思い出すと辛くなりますね。のぼせ上がったところにズドンですから。でもいい経験なのかな、多分他の方もそんな事を経験しながら進んでいるんでしょう。

短期旅行者に本気の彼女を作るのはかなり難しいのでしょうが、確立ゼロでは無いはずです。そんな雲を掴むようなことに努力するバカが居たっていいですよね。

何の変化も無い日常から、元気なうちに悔いの残らない事をする。それって普通じゃないかと思うんです。ただ何をしたいのかが違うだけなんだと。そんな気がします。ここで一言。


Thaiレディからハングル文字のラブレター

「な、なんじゃKORIAぁぁあああ!」

お粗末でした。


初日 つづき

ロビー外の灰皿でタバコを吸う。なんでこうなったのか全くわからない。雨が降ってるので歩いて200メートルくらいのコンビニへ彼女と自分の傘を買いに行く。明日パタヤへ一緒に行く時、濡れないように。それとすぐに部屋に戻りたくないというのもあった。少し頭を冷やしたい。

折りたたみ傘を二つ買う。変な絵の入ったやつしかなかった。ホテルへ戻りロビーでまた一服。そして部屋に戻る。すると彼女は寝ておらず、シャワーを浴びて出てきたところだった。

(眠たいんじゃなかったのか・・・)

「あ、そうそうこれプレゼント」

渡すタイミングが無かったのでさっきは渡せなかった日本のお土産を渡す。これで少しは喜んでくれればいい。プレゼントはLAVINの香水と爪のお手入れセット、マスカラやアイシャドウとかの化粧品。

「ありがとう」

「ね、開けて見て」

聞こえなかったのか彼女は中身も見ずにバッグに入れてしまった。これもかなりのショックを受ける。袋を開けることすら無かった。

「じゃシャワー浴びるから寝てていいよ」

辛いけど今から4日過ごす事を考えると優しく振る舞い、また以前のように仲良くなりたかった。シャワーを浴びて出てくると彼女は寝息を立てて寝ていた。起こさないようそうっと隣に入り、寝るのだった。

二日目

朝9時過ぎに起きる。彼女はまだ寝ている。自分はほとんど寝れなかった。会ってからの事を何度も繰り返し思い出して、何が悪かったのかずっと考えていた。結局答えは出なかった。

10時過ぎにMちゃんを起こす。眠い、眠いを連発する。でもパタヤに昼過ぎにバスで行く約束。そろそろ準備しないと。K達は観光してから夕方パタヤのホテルで合流することになっている。

彼女は全く着替えを持ってきておらず、昨日着ていた黒い肌着のような生地のワンピースを着る。よく見ると膝の横あたりに親指くらいの穴が空いていて、黒い色も所々色褪せている

「このままの格好で行くの?着替えは?」

「このままで行く、着替えもいらない」

唖然とした。余りにみすぼらしいのだ。髪もアップにしたまま。余りに不憫なので

「服を買ってあげようか?」

「いらない」

なにこれ。何の意図なんだろう。もう、わけがわからなくなった。

「食事に行こうか」

「いらない」

う・・・。彼女は元々冷たい顔つきなので更に冷たく見える。昨日会ってハグした時以来笑っていない。この気だるそうな、やる気なさそうな感じ、凄くテンションが落ちる。しかしまだ始まったばかり。自分も食欲が全く無いのでそのままBTSでエカマイに行こうとする。すると

「タクシーがいい」

「うん、わかったよ」

彼女に言われるまま、タクシーで向かうことに。バスターミナルでチケットを買い、暫くバスの発車を待つ。その間にお菓子とジュースを買う。

昼過ぎにバスが出発。隣に座るMちゃんと手を繋ぐ。それは嫌がらなかったが、ずっと寝ていてバスの中では一言も喋ることは無かった。

2時間半くらいでパタヤ到着。ここから、観光でサンクチュアリトゥルース寺院へ行こうとタクシーを探す。タクシー全く発見出来ず。Mちゃんもパタヤは初めてで勝手がわからない。彼女の表情はかなりイライラしているのがわかる。

話しかけてきたソンテウの運転手に寺院に行きたいと伝えると300バーツなら連れてくと言い、了承する。乗ってた人を降ろしちゃったので、申し訳なかった。

ソンテウに乗ると彼女はsevenの向かいに座る。うわー、この距離感。隣にも来てくれない。貸切なのに・・・

彼女のseven離れの徹底さに凹まされ続ける。ただ彼女はsevenと一緒に居るだけの人になっていた。彼女の気持ちが薄々伝わってくる。

でもあれだけ仲良かったんだから、きっと楽しいことがあれば元に戻るはず、と半ば無理やり自分を言い聞かせる。

そして、寺院に付いた。よし、ここから挽回しようともう一度気持ちを切り替え、彼女の手を引っ張るsevenだった。

つづく


★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!

にほんブログ村

キングオブタイナイト



タイ旅行 ブログランキングへ