毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村
★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

さて、今回は読者投稿をお送りまします。現地特派員のミカオさんです。前回、「タイ人の日本への入国について」に続いて第2弾をお送りします。スクンビット周辺のマッサージについてです。年末年始の旅行に是非役立ててくださいねw



大手町商事で思ったこと(2013.12.11~12.13投稿)




(スクンビットソイ24/1)に行ってきました。

しかし、およそ7-8年前と比較するとバンコクの風俗業界の発展、増殖には隔世の感がありましたよ。Sevenさんや皆さんに「昔があり、今がある」ということで今回はスクンビット周辺のマッサージ業界(スペシャル込み)について考察してみたいと思います。


①7-8年前

当時は今のようなコミコミ料金体系が少なく、2時間のタイ前身マッサージ中に、嬢(おばさんに近いか)から「どう、スペシャル1,500Bで、手なら500B、ボディーToボディーは1,000Bだけど」というお誘いが常でした。こちらはそんな気もないのに、股間をまさぐられて、不快になるのもしばしば。大体マッサージ屋でやるくらいならラチャダーの風呂屋に行ったほうがマシ、という様子でした。ただし、そのころから現在に至る老舗、パラダイス、オリエント、エンジェル、オーキッドなどは既にスペシャル専門だったと記憶しています。しかし、設備や内装は貧弱で、やはりそれなら風呂屋に行くのが良いかという状況でした。あのころは個室に個別のエアコンがなく、間仕切りで仕切っていた店もあり、となりの話が筒抜けなほど悲しい状況でした。
また、亜種としては現在でも引き続いている 茜、JJマッサージという本番無しの日本でいうファッションマッサージも存在していました。


② 5年ほど前

時期は定かではありませんが、このころからコミコミ料金が発生したころと思います。また、Soi24からSoi26にかけてまたSoi33でスペシャルマッサージ屋が大増殖。タニヤの衰退の時期と一致しているような気がします。そして、新規開店しては潰れ、またその跡地を誰かが居抜きで買取、さらに新規開店というように、なにしろ、競争が激化していきました。この競争に伴い、嬢の質、内装の質が高まっていったのはこの時期だったと思います。


③ 3年から今にかけて

ほぼ現在の料金体系に近くなってきたころです。
要するに2時間2,500から2,700Bです。店数が多すぎて、需要を上回る感があり、客の少ない店での人気嬢はすぐに客の多そうな店に移籍してしまいます。恐らく、嬢同士のネットワークによるものと思われますが、その結果、トップに君臨するのはSoi26のパラダイスです。嬢の数、質、ハードの質と絶対的な安定感を誇っています。一方で、最近はハードの高級化がすばらしい。ハード最強は同じくSoi26の101だと思います。しかし、この店のパネルマジックはひどかった。あれさえなければ良いのに。私はしないのですが、あるとき先客が在籍嬢を全員顔見せさせろと求め、嬢が全員でてきましたが、ほとんど写真と一致しません。あの設備が泣くでしょうね。



そして、スクンビット界隈の現状ですが、

やはり、スクンビットSoi24/1のスペシャルマッサージ屋の店数は凄まじい状況です。Soi24/1は車一台通れるかどうかの細道ですがその両サイドには客待ちをしている嬢が(最近はコスプレもあり)手招きをするという異常な光景です。そこは日本人居住区の中心ですが、とても女子供をその細道を通すわけんはいきません。そんな通りなのです。

さて、その激戦地に先月「大手町商事」が新規オープンしました。先日どんなものかとひと遊びしてきました。ポイントは

①大手町商事は日本のソープ系列のため、このバンコク店もマッサージ屋というか、日本のソープに近い。

②店の看板も(恐らく日本人の)女にOLコスさせた写真を使い、今までタイにはなかった扇情的な雰囲気を作っている。(一般的には文字だけの看板が普通)

③料金が高い...90分、マットプレイ込みで3,700Bはこの界隈では最高額。(まわりは90分では2,300B前後)

④しかし、使用しているローションは日本製?と思わせるような、その感触はタイでは味わったことがない。

⑤私の行った前の週には日本から「マットの先生」が指導にきていたとのこと。しかし、実際は私の使命した嬢はマットプレイがうまくできず、二人でマットから何度も落ちかける始末。

⑥結局は私がどのようなやると良いのか、先生の立場になって逆ソープ状態。しかし、これが日本ではあり得ない雰囲気となり、いっそう興奮するはめに。

ということで、長々と駄文を重ねましたが、

要は

① 大手町商事の内容は今までのバンコクに無く、料金、内容においてバンコク風俗産業ここまで極まれり、という発展形を見せている。

② しかし、ここはタイ、バンコク。ハードは移管できても、日本のソフト(サービス、技術)が果たして移管され、根付くのだろうか、とおおいに疑問符がつきました。

皆さんご存知の通り、バンコクは日式ラーメン屋の激戦国となっています。開店するたびに1回は行ってみるのですが、最初は確かにおいしい。店内、調理場を見回してみると、日本人マネージャーがしっかりと目を光らせているのを目にします。2ヶ月くらいして同じ店にいくと、あの日本人がいない。そしてアレ?という味になっていて、スープがぬるかったり、麺が延びていたりでクオリティが愕然と下がるのです。

大手町商事...人遊びの帰り道、あのダメダメになったラーメン屋を思い出しました。

健闘を祈ります。

以上


★皆さんも楽しいエピソードや情報など、なんでも掲示板にお寄せくださいね。

★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー