毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村
★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板


なんか久しぶりに家で正月を過ごした感覚です。去年はバンコクでしたし。今日は何もやることもなく飲んだくれてまきた。あ、お年玉の出費は痛いですね。バンコク帰りなだけに。

レディは30日に実家に帰り、今日パタヤ入りしたようです。実家はイサーンなので移動も大変みたいです。今年は仕事の関係で訪泰の回数は激減しそうです。ま、仕方ないです。とにかく、レディとあった時は時間を大切に使いたいなと思っています。




初日 つづき

レディとホテルで会う約束の電話を切る。元々、今日の夜未明に読者のNさんと会う約束があったので、急いでメール。レディが来たことを伝え、お互いレディ連れで会うようにお願いしてみる。するとOKの返事。合流時間はまた電話しますと伝え、タクシーに乗り込む。


10時ピッタリにホテルに着く、まだレディは来ていないようなので、急いでフロントに預けていた荷物を部屋に置きにいく。再びフロントに戻るとロビーのソファーに座る茶髪の女性の後ろ姿が見えた。恐る恐る覗いてみると、愛しのレディがスマホを弄っていた。


S「レディ!」

レ「あーーぅ」


と、やっと会えた!みたいな表情で立ち上がり抱きついてきた。


S「ソーリーna、バッテリーエンド」


スマホを見せながら謝る。


レ「んーん、マイペンライna」


手を繋ぎながら部屋へ戻る。レディは部屋を見るなり


レ「わー!広い部屋!私の部屋なんかこの半分の半分くらいwww」


と笑いながら話す。首には前回渡した誕生石のネックレスをしている。


S「ネックレス、してくれてるんだね」

レ「毎日してるよ!お風呂も寝る時も」


そんなレディを見て思わず抱き寄せ、唇に軽くキスをする。彼女は少しビックリしたような表情を見せながらそれに応じてくれる。自分の腕の中にいる彼女の温もりを確かめるように無言のまま彼女の横顔に頬を摺り寄せ、抱きしめ続けた。


S「あ、そうそうXmasプレゼントna」


iPhoneや充電器、キティグッズ等をバッグから取り出して彼女に渡す。するとレディは嬉しそうにiPhoneをいじりながら


レ「ありがとう。でも私は本当にお金がなくてこれしか渡せないの」


そう言って渡されたのは2枚のカード。開くと立体の絵が飛び出すクリスマスカードだった。恐らく本当にお金が無い中、ターミナル21あたりで買ったんだろう。

50バーツも出せば買えるような、例えるなら幼い子供が親に渡すような小さな、それは小さなプレゼントを見て、彼女への意地らしさや可愛さがいつも以上にグッと込み上げてくる。


S「ありがとう、これ可愛いね。大事にするよ」

レ「本当にごめんなさい。友達と部屋をシェアしてて、1ヶ月4500バーツと電気、水の支払いをしたらお金が無くて・・・。」

S「うん」

レ「それとボスからのボーナス(多分お年玉)は1月1日なの・・・」

S「大丈夫、君が来てくれた事が最高のプレゼントだし、本当にハッピー。ありがとう」


彼女は居候かと思っていたけど、実際はシェアしてたらしい。この辺も言葉をしっかり聞き取れない弊害だよなと、つくづく感じた。ま、よく考えてみれば、そりゃタダで居候は無いですよね。

そして夜未明に会おうと言っていたNさんに電話。11時にソイカのオールドダッチで合流することに。レディにその話をしてみるとN君カップル達とは1度一緒に遊んでいるので、すぐにOKしてくれた。

そして幸せ一杯な気分でホテルを出るseven達だった。


つづく



★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー