毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村
★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板


先日このブログで少しだけ、「バンコク・子猿のうきゃうきゃ日記」のたーれっくさんと小猿ちゃんとの関係についてお話しましたが、ブログを紹介させて頂いた報告と併せて、著者のたーれっくさんにお願いして相互リンクの許可をちゃっかり頂いちゃいました。ブログの質とレベルが違いすぎるので大変恐縮なのですが、僕もあんな素敵な関係でレディと過ごしたいと思います。ま、夢ですかね。

あと、Seven's Thaiの読者でもありブロガーでもある、のりぞうさんの「新のりぞうエロ日記」もリンクしました。日本の風俗の感想を中心に、最近はThaiにはまって色々計画をしているようです。

新のりぞうエロ日記


Thaiのマッサージについてですが、ここ数年で大分値上がりしましたね。

ソイ16のマッサージ屋なんですが、2〜3年前は1時間200バーツくらいだったのが、今回300バーツに上がってました。前回は250バーツでした。有馬温泉やヘルスランドより少し安いのが魅力だったので利用していたのですが。

逆にマッサージ大手のヘルスランドは1時間280バーツでしたので、こちらの方が安いという逆転現象?みたいになってます。

スワンナブーム国際空港なんかだと、1時間500とか600バーツでしたがファラン客が多く利用していました。ま、日本と比べれば安いのですが何にせよ、値上げというのは残念ですよね。




二日目 つづき

彼女を見届け、何とも言えない寂しさが襲ってくる。サプライズだったので余計にそう思えるのか。どんだけレディの事が好きなんだよと自分で自分が嫌になる。

でも気持ちを切り替えようと、徒歩でヘルスランドに向かう。フットマッサージを1時間お願いし、15分くらいの待ちでマッサージ開始。マッサージの途中、レディとの思い出が頭を占領し、寝ることも出来ない。

中々切り替えって出来ないもんですね。マッサージを出てソイカのオールドダッチにてカオパットクンを食べる。不思議だがここでカオパットとビールを飲みながらボーッとしてるのが1番落ち着く。

この寂しさを誰かと共有したい、そんな気がして、この付近に住んでるという読者のmaxさんにLINEで連絡してみる。当たり前だが、まだ仕事との事なので断念。ホテルに帰ることに。maxさん、突然の連絡すみませんでした。次回は必ずお会いしましょうね。

今夜はまたもやタニヤに出動の予定。

Sさん、TとIと四人で行くことになっている。チーママもプレゼントを渡すから来いって少々反則な気もするが、悪気が無いのはわかってるだけに仕方ないか。

少しだけホテルで寝てMRTでシーロムに向かう。徒歩でタニヤ到着。入り口でチーママが出迎えてくれる。お客はそこそこ入ってるみたい。

店に着くと仲間達は早速レディを指名、僕は愛しのレディの手前、指名はしなかった。そして暫く飲み続ける。皆かなりのペースだ。

チーママから日本に着いてから開けてくれとラッピングされた箱を渡される。そのタイミングで


チ「お願いします。誰か女付けてください」


う、こ、断れない・・・


S「え?飲むだけならいいけど・・・」

チ「誰がいいですか?」

S「チーママのお勧めの子でいいよ」


ちなみにsevenは1度もこの店で女の子を選んだ事が無い。全部チーママが連れて来た子だけ。思い返してみると、チーママは苦手だけど恩も大分あるなーと思ってみたり。

連れてきた彼女は歯並びが綺麗な25歳。頭に花輪を載せている。他にも数名そんな子が居たのでThaiで流行ってるのか。

不思議とThaiの女性は25歳が多い。何回目の旅行か忘れたけど、遊んだ殆どが25歳だった。言いやすい年齢なのかな。恐らくは彼女は30くらいか。

落ち着いた感じで密着や猛アピールもない。気を使わないで済むタイプ。笑った顔が例のMちゃんに似ていて少しドキドキする。

するとチーママから爆弾発言が。

チ「sevenさん、実は明後日の29日は私の誕生日なんです。店に来てもらえますか?」

S「え?まじ?誕生日なの?」

チ「そうです。だから店に来てくださいね」


ちょwwなにこの展開wwだったら昨日言ってくれよなww


S「んー、29日はあまり時間無いけどいい?」

チ「はい、大丈夫ですから、待ってます」


はぁ・・・なんと言えばいいのか。全4泊で3日この店に来る事になるとは。過去最高のペースになってるww今回1度も顔出す気が無かっただけにこの展開はいったい・・・

いつしか仲間たちは皆でディスコに行こうと盛り上がる。するとSさんはもう飲みすぎてヘロヘロだと言う事でレディを連れてホテルへ。残ったメンツでディスコへ行くのか相談する。

それならこの子もペイバーしてショートのチップだけ渡してディスコまで付き合ってもらい、その後リリースしようかと考えた。まだこの時点では賢者モードだったのだ。

そしてペイバーとなったのである。愛しのレディと同じ店の子をペイバーするリスクの大きさをまだまだ解っていないsevenだった。


つづく


★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー