毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村
★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板


今日は日曜日ですので1日家でゴロゴロしていました。缶ビールも進む進む。

旅行記もあと数回で終わりますので、更新したいと思います。



4日目 つづき

S「え?なに?」

チ「あの子ね、店で嫌われてるの」

S「え?なんで?」

チ「あの子ほとんど毎日ペイバーされて、店にいないでしょ。だから店の子達と上手くいってないの」

S「えー、そうなの?」

チ「毎日店にいないでしょ。(人気だから)だからワガママなの。もう私の言うことも聞かなくなってね」

S「うん」


要するに、店で人気が出てそれが天狗になっているんだそう。なんかやっかみと言うか妬みに近いのかも知れない。


チ「私、前に携帯をタクシーに忘れて連絡先全部無くなりました。その時に彼女にsevenさんの連絡先を教えてって何度も言ったのに、彼女は今度とか言って教えない」

チ「そしてあげくの果てには末尾が違う電話番号を言うの。嘘つき」


彼女は僕がチーママの事を苦手だと何度も言っているので、彼女なりに抵抗してくれたんだとすぐにわかる。


S「そうなんだ」



そこから店の子達がどれだけ彼女を嫌ってるとか、チーママ連中から嫌われてるかなどを繰り返しsevenに伝える。彼女は今もsevenと付き合いがあることを伝えてなかったみたい。

そんな彼女を逆に愛おしく、sevenの為に嫌われてしまったような要素があったのだと改めて彼女の良さを感じた。女の世界だし、人気嬢というのは案外孤独なのかも知れない。


チ「だからあなたが他の子と遊んでも誰も彼女に言わないし、興味がないの」

S「そうなんだー」


とは言いながらレディのことを悪く言われ、腸は煮え繰り返る。マジで早く店から出たかった。


S「チェック早くして」


そう言って会話を終わらせる。するとKちゃんは店の衣装のままでバックを持ってやって来た。


S「着替えは?」

チ「この子はこの格好で店に来てるので、このまま帰ります」

S「まじ?」


白いシルク調のタンクトップ型ブラウスと超ミニの同じシルク調のパンツ。この姿は水商売丸出し過ぎる。少し焦ったが仕方ない。

会計4100バーツとチーママに1000を渡して店を出る。タクシーを拾ってナナプラザへ向かう。

この頃、バンコクは相当寒かったらしく真冬の格好の子も多い。Kちゃんも寒そうだ。タクシーの中で


S「ナーオ マイ?」(寒くない?)

K「マイナーオカー」(寒くないですよ)


とは言うものの、肌が冷たい。こりゃ何か羽織るものでも買ってあげなきゃと思いながら同志会へ向かうのだった。

この子はsevenが好きだとは聞くものの、そんな素振りは見えない。チーママの策略なのか、本人がそう見せないのかは不明。とにかく若すぎるので、この後どうしようかなーと気もそぞろなsevenだった。


つづく


★Thaiでの(擬似)恋愛、何でも掲示板を作成しました。

(擬似)恋愛なんでも掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー