毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

今日一つの大きな仕事が終わったのですが、もう一つの大きな仕事でハマってます。家に持ち帰ってずっと資料づくりです。もう嫌です、こんな生活。早くThaiに逃げ込みたいsevenです。

さて本日も昨日の続きをお送りします。それではソイカーボーイさんの「私の回顧録」をお楽しみください。



私の回顧録5「進展」(2013.12.06投稿)


タイでの楽しかった一コマを、少しだけ投稿させて頂こうと書き始めましたが、楽しかったあの頃の事が次々と蘇ってきて、勝手に長編にしてしまった事をお許し下さい。 このような投稿フォームを用意してくださったSEVENさん感謝です・・・

前編「出会い」の続き
さて、P子は私のいきなりのPBの申し入れに少し驚いていましたが、無言でうなづき憂いの有る瞳で、じっと私を(金払いがいいか否かの値踏み)見つめていました。そして横にいたチーママらしき人の「それでは皆さんお店に入って下さい~」の号令で、私と仲間達はゾロゾロとそのビルに入っていったのでした。

P子のお店はなかなか高級店ぽく、大きな中央ホールに豪華なシャンデリアがあったりして、銀座で行ったラウンジを彷彿させる内装でした。私はタニヤデビューなので、もう、さかりのついた馬のようにソワソワと浮き足立ち、横についてくれたP子と仲間達で、大いに盛り上がりました。(多分私1人だけ)

仲間達はベテラン揃いです。まだ1件目なので、そろそろ次に行くよと私を促します。私といえばもう舞い上がり状態なので、「僕はまだここにいたいので、先に行ってて」と後先考えず応えました。仲間達はかなり呆れ顔で、「じゃ、後でスリウォンカフェにいるからね」とまたもや業界用語を残し退店していきました。この待ち合わせ場所を忘れ(うわの空だった)この後とんでもない事になる・・・

その後、私はP子と楽しく語らい(一方的に)、私の18番の「やしきたかじん」の歌などで喉を披露し、P子を痺れさせ(自己解釈)、どっぷりとタニヤの夜に溶け込んでいったのでした。

チーママの「1時間たちましたどうしますか?」の問いかけに、「もちろんPBです。」と満面の笑みで答えチェックアウトしました。P子が着替えに行っている間の待ち時間は、初めてラブホテルに入った時のような、体の芯からゾクゾクするような高揚を思い出させてくれて
「生きてて良かった!」と本気で思いました。(^O^)
またもや勝手に to be continue・・・


私の回顧録6「迷走」(2013.12.09投稿)

昨日は亡くなったポール・ウォーカーの追悼の意味も込め、「ワイルド・スピードEURO・MISSION」を見ました。この映画のシリーズ大好きです。ポールが亡くなった為、次回作が中止になった事はとても残念です。
ところで、主演の坊主頭のヴィン・ディーゼルが、タイにウヨウヨいる ファランのおっさん に見えるのは私だけでしょうか?(^O^) 

前編「進展」の続き・・・
 さてP子を見事PBした私は、いよいよタニヤの街に繰り出したのでした。初めて歩くタニヤ街は私にとって、子供の頃読んだ絵本の「竜宮城」のように感じられ、全てが眩しく刺激的でした。

私はP子を連れて歩いていたので、呼び込み達には捕まらなかったのですが、それぞれのビルの軒先に並んでいる乙姫達の品定めを怠る事はありませんでした。

全ての乙姫達はきらびやかで・妖艶なオーラを放っていましたが、私がPBしたP子に勝る乙姫は見当たらず、私は私自身の女性を選ぶ美的センスのすばらしさを再認識していました。

ちなみに仲間達から私は、レディを選べるマッサージなどに一緒に行くと 「どこへ投げてもストライク!」 と、失礼な言葉をよく投げかけられていますが・・・

私はタニヤ街を通り抜けパッポンへと向かいました。パッポンもまた私にはタニヤと違った驚きが有り、ひしめく屋台を挟んで多種多様の店舗がある様に、「これがタイなのか!」と再び込み上げる高揚と共に感動しました。

私はP子に 「どこかお店に入ってもいい?」 と尋ね、P子の了解を経て某クラブに入店しました。後から知ったのですが、キングスのLBのお店でした・・・

私はこの手のお店は新宿2丁目 「ジュゴンの店」 でデビュー済なので、入店した途端 「これはLBの店だな」 とすぐに嗅ぎ分ける事ができましたが、その時はあまりにもブサイクなLBが揃っていたので、(失礼) とても興味が湧き、迷うことなく招かれるままシートへと座り込みました。

私達が席に座った途端・来ました!ドリンク攻撃!・・・私のタイデビュー初戦です!負けていられません。立ち向かい(受け)ました全てのドリンク攻撃!・・・その為、私達の席は異様な盛り上がりをみせ、貸切状態のようになりました。私は盛り上がりながらも時々気遣い見るP子が凄く楽しそうだったので、私はさらなるギヤ変速をHIポジションに入れたのでした。

さらにギヤチェンジでヒートアップした私は上半身裸になり・・・私は脱いだら結構凄いです(^O^)・・・※LBにマッチョボディはとても喜ばれます・・・実証済

へべれけ状態でLB達と踊っていました。あのクールなP子が私達を見て 「本当にゲラゲラと笑っていました!」 P子がとても受けていたので、その時は 「第1印象はとても良かったのだな~」と思い、後日P子に 「どうだった僕の第1印象は?」 と聞いてみたところ、
P子曰く 「今まで出会った日本人で1番アホだと思った」 でした・・・to be continue



私の回顧録7「タイデビュー終了」(2013.12.10投稿)


タイでの反政府デモがすごいですね。以前、彼らはデモをやっている間仕事はどうしているんだろう?と疑問に思った事が有り、現地の人に聞いた事があります。すると彼らにはきちんとデモ日当がでて、食事も用意されるみたいですね。後、会社ぐるみでデモに参加している強者経営者もいるそうで、僕も売上が悪い時にはスタッフ総出で、デモに参加しようと思っています・・・

前編「迷走」の続き・・・
 さて、キングスLBで大盛り上がりの私でしたが、少々ビールを飲みすぎたので、尿意をもよおしトイレへと向かいました。トイレに入ると先にでかいファランの親父が用を足しており、私はその横で用を足し始めました。親父が私を上から見下ろすようにニッコリスマイルを送ってきたので、私も日本人の国際感覚をバカにされてはいけないと思い、ニッコリウィンクをお返ししました。

ファランの親父は両の眉毛を上に上げ目を見開き、とても喜んでいました。後から考えるとLBの店のトイレでウィンクなんて一歩間違えば僕がPBされるところでした・・・

トイレから戻り、P子ちゃんにそろそろ出ようかと言いチェックをしました。私達はお化け屋敷(失礼)を後にし、再びパッポンに繰り出しました。私は結構踊りまくったので、少し疲れていました。そこで、そうだマッサージに行こう!と思いたち、P子にどこかマッサージに連れて行って欲しいとお願いしました。

P子も 「私もマッサージが好き」 と嬉しい返事をしてくれ、キングスマッサージ(後日知った)へと向かいました。今ではタイの地理はまずまず分かりますが、その時はデビューでも有り、飲み過ぎ状態でも有り、もうどこを歩いているかだんだんわからなくなってきていました。

私達はマッサージを2時間程受けましたが、その間私は完全に爆睡していました。その為、マッサージ後は頭が朦朧として、「ここはどこ?私は誰?」 状態に陥っていました。私達がマッサージ店を出た頃はもう夜中の2時過ぎです。

私は 「P子にそろそろホテルに帰えろう」 と声掛けした途端、ふとわれに返りました。そうだ 「俺ホテルどこだっけ・・・?」 

この時点でホテルの名前も位置関係も全てブッ飛んでいました。もちろんタイデビューの私は仲間達のようにまだ、現地携帯を持っていません。みんなと一緒だった事も有り、安心しきっていましたが、いきなりしょっぱなから暴走した私に、あきれた仲間達が、そういえば 「・・・で待っているからね」 と待ち合わせ場所を言ってくれていたなと思い返そうとしましたが、全く思い出せませんでした。

私はP子に 「僕のホテルどこだっけ?」 と問いかけるとビックリした顔で 「あなたのホテルなんて知らない!」 (P子には何も言った覚えは無い)若干反ギレ気味で返してきました。仕方がないので、P子に 「ねえこのあたりで、どこか泊まれる所有る?」 とすがるように尋ねました。

P子の 「うん、有るよ」 の一言に救われた思いでした。多分スリウォンあたりのやり部屋だったと思うのですが、そこに入った私達は、すぐにシャワーを浴び一戦を交えました。P子とはとても「まぐわい」の相性が良く大変満足のいくものでした。その日P子はショートでしたので、朝方4時過ぎぐらいに帰っていきました。

こうして私のタイのデビュー初日は、簡易ベットとシャワーしかない「やり部屋」の中で朝を迎えたのでありました。to be continue



以上


続きが気になる方はタイ・ラブをご覧ください。

★皆さんも楽しいエピソードや情報など、Love Thai総合掲示板にお寄せくださいね。

★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー