毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


12回目の旅行記の間に挟んだ「ベトナム滞在記」も終えて、話を本編に戻します。12回目の旅行から帰国し、時間もかなり経ちました。今回の旅はひとつのターニングポイントになったと思います。

レディとの事で現地で取り乱したこと、帰国してすぐに感じたこと、そして今感じていること。それぞれが微妙に違ってきています。そんな心の変化もしっかりと綴りたいと思います。



初日 つづき

男祭りもいよいよクライマックスです。最後はRCAに皆で来たのですが、sevenはなぜか二人のレディをペイバーしています。マンダリンでの薄ーーーい記憶をたどってみましょう。会話はかなり曖昧なので、話の流れのために書いてると思ってください。


マンダリンに着くと目の前で一生懸命踊る黒髪のレディが居ます。背は小さいですが、中々の巨乳で形もgood。しかし顔は自分の好みでは無いというか派手さが少し足りない感じでしょうか。

暫く無視していたと思います。お酒はどんどん飲んでいたと思います。隣では無数のテキーラが並んでて大騒ぎになってます。誰かに

「sevenさん、このテキーラの写真撮ってください」

と言われて写真を撮ったりしていました。そして席に着くと相変わらず黒髪レディがダンスでsevenをずっと見ながらアピールしています。なんとなくですが、その彼女の諦めない心に負けたんだと思います。

「何か飲む?ここに座っていいよ」

みたいな事を言ってドリンクを飲ませました。彼女が何を飲んだのかは記憶ありません。そして余りに形の良いバストに思わず手が伸びます。程よい弾力です。

すると、皆でディスコに行く事になったと言われました。sevenは黒髪レディに

「君もディスコへ行くかい?」

と聞きました。もちろん「行く!」の二つ返事です。すると黒髪レディの横で一人ポツンと座る色白の若い子が居ます。僕の後ろの席では大勢の女の子達がディスコへ行くとかで大騒ぎしていますので、その子がディスコへ行くメンツから外れているのはわかりました。

「この子は誰?友達?」

と聞くと、黒髪レディは

「うん、グッドフレンド」

と答えます。

「オッケー、この子も連れてくから二人ペイバーな」

と告げます。給仕に1200Bを渡し、二人を連れて行くことになったのでした。この時はペイバーしてもsexする気は全く無いと言うか、飲みすぎて頭が痛いしディスコも耐えれるかなーみたいな感覚でした。

お会計の話をするとtougarasiさんが

「sevenさんのブログの購読料と言うことで」

と格好良い言葉とともに支払っていてくれたようです。そのお言葉に甘えさせて頂きました。


タクシーに乗り込みRCAに来ました。初めてです。というか何この人の多さ。tougarasiさん曰く、こんなに人が多いの見たの始めただそうです。そのくらい人が多かったようです。
image
人ウヨウヨ
そしてここでmaxさんが翌日の予定もあり、帰宅。ノブさんも連れ出した子が未成年で入れなかったらしく、入口でサヨナラとなりました。

seven、tougarasiさん、じろーさんの3人とマンダリンレディ十数名でRCAの一角で飲みだします。
image
右の子が黒髪レディです。中々の巨乳です。左の子の人差し指のところにある顔は少し怖いですが知らない人です。

RCAで1時間くらい居たでしょうか。外の空気を吸ったのもあってsevenも大分正気に戻ってきました。一緒に居る黒髪レディの顔は好みでは無いのですが、ずっとsevenに引っ付いていて、愛嬌があって性格の良さそうな感じで、少し甘えてきます。

今まで愛しのレディのツンデレに慣らされていたsevenとしては、彼女の対応が非常に新鮮で、忘れかけてた甘いThaiの夜遊びを思い起こさせてくれます。いつしかsevenは彼女の手を強く握っていました。

するとtougarasiさんから

「僕はこのまま朝まで彼女たちに付き合うことになると思います。sevenさんはこの子とホテルに戻ったらいかがですか?この子らに付き合ってると終わらないですよ?」

と促され、黒髪レディを連れてホテルに帰ることになりました。今思い出したけど、ペイバーしたもうひとりの子は全く放置したままディスコに置き去りにしてしまったな・・・

こうして男祭りは終了し、マンダリンの黒髪レディと一夜を過ごすのでありました。



つづく




★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー