毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


なんか12回目の訪泰で色々失敗して、心乱して帰国して、ベトナムの青年達の純粋な心に癒されたりして、案外平静を保ちながら過ごしてきました。

しかし、今回の旅行記を書き始めて段々とあの時の想いが蘇ってくると、一度は落ち着いたと思ってた心が再びザワついてきます。

自分はこれからどうするのが良いのか、全くわからなくなります。自分で決める事なんですよね。50真近のおっさんが本当に何やってるんでしょうか。



3日目 つづき

暫く部屋で休憩したあと、バイタクでソイ16にある「Yen Sbai」マッサージへ。ここはsevenのオキニマッサージ。見た目は普通の適当マッサージ屋の風情だが、腕は確か。
image



時間は丁度10時頃。客は相変わらず少ない。入って1時間のタイマッサージのソフトでお願いする。

マッサージを終えるとバイタクでホテルに戻る。するとレディから電話。今ナナ駅に着いたとの事。ホテル入り口で出迎える。

レディは紙袋を持って現れた。部屋に入ると早速それをsevenに見せる。開けてみるとコンバースのスニーカー、新作なのだそう。

そう言えば昨日のアムパワーへ行く道中にスマホでコンバースのスニーカーを買ってくれとねだられてたっけ。値段聞いたら15000Bとか言われたので「無理だよー、ごめんな」と断ったんだっけ。


「seven!ね!ね!これ買ってー!」

「えっ?どう言うこと?」

「3500Bなの、いい?」

「本当に3500Bなの?」

「うん!いい?」

「わかった!買ってあげる」

「きゃは!ありがとう!」

レディは抱きついて来た。めちゃ嬉しそう。元々お土産を買って無かったので、一万円くらいまでなら何か買ってあげようと思ってたのでマイペンライ。

つうか、ティーラックからsevenと名前で呼ばれたのは初めてだった。そちらの嬉しさの方が大きかった。親密度が増した感覚。それが後の勘違い発言で一気に奈落の底に落ちるのだが・・・


それにしても、金無いはずなのにどうやって買ったのか。不思議だ。

「何処で買ったの?」

「パラゴンだよ」

「そっか・・・」

細かい事聞いても仕方無いし、3500Bをレディに渡す。

「ありがとう」

時計を見ると読者のアイ ウワンさんとの昼食会を行う時間が近づいた。財布の中を見ると8000B残っている。

(昼と夜は余裕だけどレディへのチップまでは無理だな、後で両替しとくか。そう言えば、「これしか金残って無い」って言ったらレディは何て言うのだろう。きっと「仕方無いね、あるだけていいよ!」なんて言ってくれるのかな。)

そんな魔がさしたような思考からsevenはこんな発言をレディにしたのだった。



「ね、財布見たらこれしかお金残って無いんだ。残ったお金しか渡せないんだけどいいかな?」



このsevenの彼女を試す(カマかけた)ような発言が、ずっとくすぶっていた彼女の地雷に火がついてしまう。

レディは無言のまま、みるみるうちに顔が鬼のような形相になる。こんな怒り顔は今まで見たことがなかった。そしてこう言い放つ。


「じゃ、今日は遊びもパーティも無しだからね!」


そして不機嫌ヅラのまま、スマホをいじり出す。まさかここまで怒るとは・・・今更「実はお金あるから両替するね」などと言い出せるような雰囲気では無い。


こんな墓穴を掘ったまま、アイ ウワンさんに会いに行くsevenとレディだった。レディは見たことない位の仏頂面。果たして無事に昼食会が終えることが出来るのか。


つづく


追伸、自分の馬鹿さを正直に晒してます。皆さんからのコメントは出来る限り返信する予定ですが、コメントの内容によっては返信を控えさせて頂く事もありますのでご容赦下さい。


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー