毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板



1日目  つづき


MBKへ向かうタクシーの中でRにお土産の着物キティぬいぐるみ4体とキティグッス多数、及び化粧品セット、そしてsevenが使っていたiPhone4sを渡します。

iPhoneはバッテリーを新品に交換してあります。勿論Aちゃんにもキティグッズのおすそ分けもしました。二人とも大喜びです。

Aちゃんは彼氏に電話して「浮気しないでね・・・」なんて言ってて可愛いっす。Rはと言うとsevenの手を握り頭を肩にもたれかけて甘えてます。

今回の旅の目的はRのワガママを出来るだけ聞いてあげる事。これに尽きます。

年間でも6月はお客が少ない時期で、しかも政情不安もあってRの景気は最悪。Rは元々不人気嬢なので更に追い討ちをかけています。

それでもLINEや電話で大した愚痴も言わず、頑張って生きてる姿を見ているだけに、この日だけは好きにさせてあげようと心に決めていました。

1泊だけですが、予算限度額は10万円と決め、自分にとっては破格の予算で臨みます。ま、皆さんご承知の通り、この予算すらオーバーしちゃうんですけどね・・・


MBKへ到着し、腕時計を見る。は?7時半?秒針を見ると止まってるやんか・・・不吉すぎる・・・

そして両替所で6万円を両替。この予算で終われば文句無いですが、こればかりは読めません。次に3Fの時計屋で腕時計の電池交換をお願いします。

そしてiPhone4sをThai仕様にするために4Fの携帯屋に寄ります。iPhone3のsimは使えないとの事で新たな電話番号を取得する事になりました。改造に1時間掛かるというので食事を済ませて戻るという事にしました。


食事は二人の希望でMKレストラン。正直sevenはあまり好きでは無いのですが、今日はRdayですから、我慢です。sevenはハイネケンをオーダーして、あとはR達に注文を任せます。

やけに沢山頼んでるなと思ってたら、みるみるうちに食材が積みあがります。3人では絶対食えねー量です。


うひょwwキタキタwwこれぞThaiレディww


空港での遅刻の次に、ありえねー量の注文とかThaiに来た実感バリバリです。しかし、Aちゃん、ヤセの大食い?ものすげーバクバク食ってます。

絶対大量に残ると予想してたのに、8割くらいは食い尽くしてました。sevenは余り食えず。

会計を済ましてiphoneとか、ケースやらの付属品を色々と買い込み、腕時計も受け取ります。この時点で7000Bくらいの消費。ま、想定内です。

ここで一旦Aちゃんはアパートに帰宅することに。Rと同居してるのでお土産類を持ち帰ってもらい、タクシー代を渡して夜の再会を約束します。

なんと言うか、夕食とディスコ、Aちゃんのペイバーなんかも予定に入っていたようです。ま、想定内ですね。

seven達はsoi23にある「ジャスミンシティホテル」をタクシーで目指します。

sevenの今回の旅にはサブミッションがあります。それはベトっ子達への土産を買う事です。リンちゃん、ママ、Mの3人とも化粧品が良いと言います。リンちゃんは加えて香水も頼むと言ってます。ベトナムの化粧品はよほど粗悪品が多いのか高価なのか。

問題はRが帰りの空港まで一緒なので、こっそり土産を買う時間が無いということ。空港の化粧品は高くてお土産とかで買う値段ではないのでやはり街中で買うしかありません。

苦肉の策として「ベトナムの会社の人達にお土産を買う」と言うシチュエーションにし、買い物もRに付き合わせる作戦を考えました。化粧品なんかはRにも相談しながら買ったりすれば怪しまれないかと。

あたためていた作戦を決行します。


S「ね、明日の昼間にofficeの人たちにお土産を買いに行きたいんだけど付き合ってくれる?」



R「うん!いいよ!何を買うの?」



S「officeの男の人達にはキーホルダーとかお菓子とかかな」



R「うん!」



S「女の子達には化粧品とか香水とかかな・・・」



さりげなく言ったつもり。



R「は?オンナ?カノジョ??○△×□・・・」



オンナ以降の言葉は何言ってるのか不明。しかも彼女とか一言も言ってないし。



S「いやいや、会社の女の子だよ!わかる?わかりますか?」



R「オンナって誰?カノジョですか?ベトナムのカノジョデスカ?」



や、ヤベー。Rの言葉が敬語になってる・・・

Rの顔がみるみるうちに般若のごとく眉間にシワがよる。40年ぶりに大魔神の変身をリアルに見た。



S「ちょ、待って待って!安いやつだよ、お・み・や・げ・、わかる??安・い・や・つ」



R「わからない。ヤスイ関係ない。メダイナ、メダイナ・・・」



焦ってしまって自分の説明もワケがわからないこと言ってる。この焦り具合をRが見て更に怒りを倍増させる。と、同時に腹に激痛が走る。



S「痛てててててててて!!」



思いっきりsevenの腹をつねる。しかも肉をちぎるくらいのパワー。激痛に悶絶する。思わずタクシーの運ちゃんも振り返る。



S「痛いって、ちょっとまって。彼女と違う、会社の人、わかる?」



R「んーーーーーーーっ!○△×□」



つねる力を一層パワーアップするR。



S「わかった、わかった。ごめん。ゴメンよぉーーー。だから痛いってば・・・わかった」



Rの手を振りほどき、両手首を掴みながら制止する。つうか、こんなR見たこと無かったので焦る。



S「もうその話はいいよ、ごめん。俺が悪かった・・・・」



自分の何が悪かったのか良くわからなかったが、謝るしか無いと本能が語る。Rはムスっとした表情のまま。ゴメンねと言いながら頭や膝を撫でてRのお怒りを鎮める。ハァ・・土地神様かよ・・・


程なくしてホテルに到着。かなり外観も綺麗なことと、入った部屋も豪華で綺麗なのでRの怒りも収まったぽい。キャッキャッ言いながらベッドに横たわってfacebookを眺めてる。


はぁ・・・飛行機疲れもあってグッタリするsevenだった。さて、ベトっ子達への土産をどうしようか。




つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー