さて今日はベトナムでのお金についてです。

まず、ベトナムでのお金の単位は「ドン(VND)」です。長く続いたインフレでお金の桁が上がり、現在流通している最少のお金は500ドン札(約2.2円)です。その他、1000ドン、2000ドン、5000ドン、10000ドン(約45円)、20000ドン、50000ドン、100000ドン(約450円)、200000ドン、500000(約2250円)ドンとなります。お札だけで10種類あります。

写真にあります200ドン札と硬貨は現在流通していません。お店でそれは使えないと言うことです。ナイトマーケットなんかに行くと、流通していない硬貨なんかがお土産品として売られていたりします。


そのお札、余りの0の多さに赴任当時は桁を数えるのが大変でした。間違って大きなお金で支払った事も何度もありました。また、日本の価値と比較するのも一苦労です。

現在の為替レートは1万円で約1800000VND ですが、計算が面倒臭いのでsevenは1万円=2000000VNDとしてざっくり計算しています。それならば、5000円=1000000VND、500円=100000VND、100円=20000VNDといった具合に、暗記さえしておけば大まかな計算は出来ます。実際は10%くらい日本円の価値が低いということも頭に入れています。

また、お札の種類が多数なので支払いではかなり困りましたが、ベトナム人たちはお札の色と大きさで瞬時に判断しています。sevenも最近ようやく色でお札を早く取り出せるようになりました。青大:50万ドン、赤大:20万ドン、赤小:5万ドン、青小:2万ドン、緑:10万ドン、緑小:1万ドン、といった具合。

5千ドン(青)2千ドン(白)1千ドン(白)5百ドン(赤)なんかは紙質が違うのと、サイズが小さいのでわかりやすいです。また、1万ドン以上のお札は透明な透かしが入っていて、光にあてて見ると薄く金額表示がされています。ホーチミン氏の顔の右横の部分です。

また1万ドン以上のお札の左側の空白もホーチミン氏の顔が日本のお札のような透かしが入っています。そんな感じで中々凝った作りになっています。

また、2000ドン以下のお札は随分前から増刷しておらず、今年から5000ドン札も増刷されないことになったそうです。今後何年かの間に5000ドン以下のお札も流通しなくなるのでしょう。

硬貨が無いのは楽ですが、桁が多いのが難点ですね。いつしか桁も修正するとは思いますが・・・