皆様お久しぶりです。今まで大したことも無く暮らして来ましたが、少し考えることがあり、書かせて頂きました。

Hちゃんとは順調です。でも今日お金の話で喧嘩になりました。

彼女はどう思っているのかわかりませんが、最近、先生への贈り物(賄賂)や、帰省時の実家へのお土産、アパート代の支援、正月の準備物や親戚へのお年玉など、二人で過ごす以外のお金を支援して欲しいと言うようになりました。

金額はどれも二三万の話なので支援は出来るのですが、彼女の今後を考えると生活面での支援は良く無いんじゃ無いかと。

二三万と言ってもうちの会社の従業員の一月分の給料ですからね。決して彼らには安い金額では無いのです。

Thai の嬢達とは少し環境は違いますが、言うことは「恋人なんだから助けるのは当たり前」だと、似たような論理です。

Hちゃんの家も生活が苦しいのはわかるのですが、なんとか大学には通わせてること、そしてsevenと付き合う前から二年間も1人で生きてきた事実。

苦しいと言ってもまだ平均的、もしくはまだマシな方なのでは無いのかと。大学に通えない子達も沢山いるわけですから。

言い換えればsevenが居なくてもラウンジで働きながら、生活は成り立っていたわけです。

しかし、彼女は生活が出来ないと言っています。今日は毎月250$支援して欲しいと言いました。

sevenの家に泊まりに来た時は毎回お店の指名分くらいのお金を渡してるし、毎週末には買い物で服やらバッグやら、シャンプーとかの生活必需品ですら買い与えています。



僕は来月日本に帰る身です。帰ったあと彼女は生活が出来るのかと心配になります。元の生活に戻れば良いと思いますが、楽な生活を覚えた今、果たしてもとの暮らしに戻れるのか。

自分が帰ったあと、今の生活を続けるために日本人の客に寄生して好きでも無いのに身体を与え、彼女の将来が曲がって行くことが心配なのです。

散々話した挙句、僕はこれ以上の支援はしないと彼女にメールで伝えました。僕が今後のことを心配してるからこそ、支援は出来ない、今の収入で昔のようにやりくりして欲しいと伝えました。

一緒に遊ぶ金、服や装飾品は今日も買い与えました。でも、彼女の基本的な生活スタイルだけは変えて欲しく無くて、そちらの要求は過去から一度も聞いてはいません。

彼女は僕の気持ちをわかった上でこう言いました。「今いる時だけでいい、助けて欲しい」と。

悩みました。お金の額は僕には大したことはない、でも彼女達にとってはバカにならない金額なのも事実です。

今いる時だけの支援で今後の彼女の生活に変化がなければいいんですが。

彼女はまだ子供です。口ではいっぱしの事を言いますが、人生経験が足りない学生ですから。

簡単な気持ちで付き合いだしましたが、別れが近づくにつれ、色んな事を考えるようになりました。

かみさんと別れて彼女を日本に連れて帰ろうかとか、現実味の無いことを考えたり。

自分が彼女に与えた影響の重さをひしひしと感じています。



お金、お金、お金・・・・



少し疲れてます。最初からお金で割り切った遊びの方が楽かなーと。お金の介在しない付き合いってのはおじさんには存在しないのでしょうか。



思ってることを書きました。色んな意見があると思いますが、返信したくないコメントへの返信は致しませんのでご了承下さい。



追記


今メールで彼女に毎月250$の支援を了承しました。残り二ヶ月だけですが。

「今いる時だけでいい」と言う言葉を信用しようと。日本に帰ってからも支援要請が来ることを心配してるわけでは無く、sevenが帰国後は、貧しいながらも頑張って生きてくれるだろうと言う意味でです。

長々と自分の気持ちを伝えました。決してセコイ意味で言ってるのでは無いこと。楽な生活から出会う前の苦しい生活に変わっても頑張って欲しいこと。決して楽な道(客に簡単に身体を与えて生活費を稼ぐ事)をして欲しく無いこと。

彼女はわかったと答えました。目の前の金欲しさに言っているのかも知れませんが、sevenの気持ちを理解してくれたと思うようにしました。

そして今日、彼女が仕事を終えて僕の部屋に帰って来たらこう言うつもりです。




「僕達は永遠に付き合うことは出来ないのだから、もし好きな人が出来たら遠慮せずにその人と幸せになって欲しい」と。



とりあえず、帰ってきたら思いっきり抱きしめようと思います。