Hの束縛がキツくて萎えつつあるsevenです。東南アジア特有なんでしょうか。相変わらずのスマホチェック、メールの返信が遅かったり、自分の行動を報告しなかったりするとブツブツ言い出します。

今日は久々にHが泊まりに来ないと連絡がありました。これ幸いとビアホールに出掛け、その後、別のラウンジへ行った後、一人でディスコに出掛けて踊りまくってました。

キンマという地区にあるスクエアと言うディスコに行ってみたのですが、予想以上に中々の箱でした。客層もほとんどと言うかほぼベトナム人で埋め尽くされています。バンコク同様、女性客達はドレスアップしており、胸元を強調するようなセクシーな子達も多数居ました。

ハノイのディスコはダメだと思っていましたが、ここはスクラッチドッグくらいの広さと客入り、設備もかなり新しい感じです。ただ、激しく踊る人達はほとんどいなくてリズムに合わせて身体を揺するか、DJの煽りで奇声を発して手を挙げる程度でした。

この店の特長はもう一つあって各テーブルにお世話レディが付きます。そして一緒に踊ったりして一人客でも飽きずに遊べます。中々レベルも高く、sevenに二人付いた内の一人はペイバーしたいくらいの可愛い子です。

一緒にビールを飲んでいるうちにだんだんとレディ達も盛り上がり、ボディタッチも増えてきます。ベトナムの子達ってこんなに積極的だとは知りませんでしたよ。


曲は最高とまでは行きませんが、踊れるレベルなので問題なし。もう少しテクノ系が入ると燃えるのですが。
image

image

中々斬新だったのはバイオリニストが登場してセッションしたり、プロダンサーが出てきて踊ったりして中々楽しかったです。

ダンサーのレベルも高く、最高のプロポーションと美人です。これがバンコクだったら絶対声掛けるレベルです。


この店見つけるのがもうちょっと早かったらな・・・


そう思わずにはいられませんでした。結局夜の12時に体力が尽きて帰りました。ハノイディスコ、侮れん。