昨年の11月にRとの事で起こった出来事。丁度一年が過ぎ、そろそろ紹介してもいいかなと。この内容を見てくれれば書きたく無かった理由がわかってくれると思います。つうかわかって欲しい。






自分のFacebookに突然のコメント。それもベトナム人スタッフとの懇親会の写真をアップしたページにコメントがある。よく見るとRの妹分からだった。


妹「ねぇ・・・責任取らないわけ?」


妹「へーそうなんだー」


と日本語で意味深な発言。不吉に思ったsevenはRにラインで一月ぶりに連絡する。しかし出る気配が無い。


仕方なく、Facebookのチャットで書き込んだ本人にメールする。すると暫くして返事が来た。



S「何かあったの?」

妹「久しぶりー、元気?」

S「元気だけど何かあったの?」

妹「Rが妊娠してねー」

S「は?」

妹「どうするの?お父さん(^_^)」

S「何言ってんの?」

妹「だって生ませるんでしょ?パパ(^_^)」

S「だから、意味わからないよ」

S「Rは居る?居るなら代わってよ」

妹「隣に居るけど、代わりたくないって」

S「なんで?あと、なんでRに連絡つかないの?」

妹「お金無くてアイフォン売ったみたいよ」



妹の緊張感ない雰囲気でのこんな会話が不気味さを醸し出す。


S「で今何ヶ月なの?」

妹「5ヶ月だよ?」

S「はぁ??」


すると暫くして写真が送られてくる。そこには女性が服を捲ってお腹の大きい姿が写っていた。


胸から下の写真なので誰なのかはわからない。しかし、5ヶ月と言うよりも、7ヶ月くらいのでかさ。


自分が驚いたのは8月にRと会ってパタヤに旅行に出かけた2日間があったのだが、2日目に彼女は生理が来て少しだけホテルのベッドのシーツを汚したのだ。


その記憶があっただけに妹の言う言葉に信憑性が無い。と言うか、それ以降Rと会ってないのだから・・・


妹「産ませるよね?ね、パパ(^_^)」

S「パパは止めてよ。それよりRと話をしたい」

妹「代わりたくないって」

S「なんで?」

妹「わからない」


意味がわからない。


妹「で、どうするの?」

S「そんなのわからない、意味不明」

妹「責任取れないの?」

S「責任って、8月に会った時に生理来てたよ?」


それ以上の言葉は言えなかった。何故なら実はsevenは15年ほど前におたふく風邪を患い、高熱とソフトボール並みに腫れ上がった金玉でカミさんに連れられて医者に行ったのだ。


その際に先生から


「高熱で精子が死んでしまう可能性があるので、もしご自分で気になるようなら産婦人科で調べてもらってください。気にならないようでしたら行く必要はありません」


そう言われて、一緒に居た嫁が3人目が出来ないかもと大慌てで一月後に夫婦で産婦人科の門を叩いたのだった。


元々、3歳おきに3人作る計画だったのだ。その3人目が出来ないとなるのは夫婦にとって一大事なのだ。


その結果を知ってるだけに、今回の件はあり得ないと思った。


子供が作れない身体を人には言いたくないし、誰の子にせよ困ってるRに対して思いっきり否定して冷たく消えてく男にもなりたく無かった。


妹「ああ、あれはたまに妊娠中でも生理が来る時があるのよ」


どうしてもsevenの子だと言いたげ。もうこれ以上否定する言葉を言いたくない。Rがかわいそう。でも自分の子では無いからそこは認めさせたい。


妹「で、産ませていいんだよね?」


S「そんなわけには行かないよ。育てられ無いし、俺も面倒は見れない」


妹「じゃ病院だねー」


S「Rはなんて言ってるの?」


妹「お金無いからどうしようも無いって」


S「幾らいるの?」


妹「15000から20000かな。直ぐに欲しいんだけど」


即答だった。ハッキリ言ってあの写真も本人かわからないし、8月の生理、そして情けないけど自分の体の件、どう見ても大きすぎるお腹の写真。そしてRと連絡も話も出来ないこの状況。


でも本当に妊娠して苦しんでいるのかも知れない。もしそうなら藁をも掴む気持ちでいる事は想像できる。




どうしたらいいんだ・・・



S「少し考えさせて・・・」


妹「わかったよ💗パパ(^_^)」



そうして考える時間を与えられたsevenだった。



つづく