ビザ取得、思ったより面倒臭いと言うか、なんと言うかやってられん。ビザ取得専門会社にお願いして、その指示に従う事になります。

その際、必要な書類関係(短期滞在の場合)ですが

1.相手のパスポートの写し
2.自分と家族全員の住民票の写し
3.所得証明の写し
4.納税証明書の写し
5.預金残高証明の写し
6.相手とのメールのやり取りの証拠10枚以上
7.相手との2ショット写真5枚以上
8.在職証明書の写し
9.招聘理由書等の二人の細かい情報


まず、家族の住民票を送るということは妻帯者という事がわかってしまいます。呼ぶ女性は若い子なのでそこが既にいやらしい。


メールの証拠はラインの会話をスクリーンショットで送るのですが、ラブな内容なのでこっぱずかしい。ハートやらキスやらベタベタのやつを送るはめに。


難問は僕の場合、今年の春まで海外に居たので所得証明が取れない。困ったので聞くと直近数ヶ月の給与明細書を送れとの事。


写真も人に見せる為に撮ったやつでは無いので恥ずかしいったらない。

在職証明書も今日会社で申請したのだが何に使うのかとか聞かれるし。


もう2度とこんな作業はしたく無いと誓うsevenでした。

しかし、難関はこれから。必要書類をベトナムのHへ送り、日本大使館でビザ申請をする必要があります。


そこで許可出てようやくビザ取得となります。ベトナムですから許可が早く出るか心配ですよ。来月末だと言うのに大丈夫なのか?



あと、話は変わりますがiPhoneのアプリでアップルミュージックってヤツを使いました。3ヶ月無料で、設定でその後の課金をカット出来る方法を知ったからです。

これ、かなり良いです。取り放題です。すっかり容量足りなくなりました。ダンスミュージックを中心に取りまくり。美味しいです。

ついでにBluetoothで自動的にカーステレオに繋げる方法も覚えてカーライフがかなり楽しくなりました。毎日ノリノリです。



さて、ビバ!ベトナム、話の続きです。




Hの電動バイク盗難の話を聞かされ、悶々と悩むseven。悩みは勿論、Hに新しいのを買ってやるかどうか。


過去、リンちゃんという子にiPhone5sを買って上げて結局一発だけやらせてもらってお別れと言う結末があっただけに、キスすらしてないHに投資するか真剣に迷う。


余談で、Hから随分後になって聞いたのですが、リンちゃんは実は結婚していたらしいです。恐るべし。



しかし、全く懲りないsevenの深層意識から悪魔の声が囁き出す。自意識の中で天使と悪魔の激しい闘いが始まる。



悪「ここで良いとこ見せたら男があがるぜ?」


天「良いとこって、買ってやるってこと?」


悪「当たり前だろ。金だってなんとかなるんだろ?」


天「まぁ、電動バイクって新車でも五万円くらいでしょ。なんとかは・・・なるな」


悪「バカか!電動なんてチンケな事言ってるから何時もイモ引くんだよお前は・・・」


天「は?どいうこと?」


悪「ガソリンのバイクをドーン!といったれよ!やるとなったら徹底的だ!」


天「つうか、いつの間にか買ってやる事前提になってるし・・・」


悪「どうせ奥底では買う方向でなびいてるんだろ?だったら相手の想像の更なる上行く、度肝抜く太っ腹を見せたらきっと大股開いて処女捧げます!ってせがんでくるぜ?マジで。」


天「マジっすか!四つん這いになってケツの穴も見せながら、バックバージンもついでに捧げます!ってヨダレをダラダラ垂らしながらおねだりしてくるってのか?すげえな・・・」



悪「そ、そこまでは言ってねぇ・・・」



決まると早かった。確かヤマハの新車が1200$で宣伝してたな・・・


翌日のお店で彼女に伝える。


S「な、可哀想だしバイク買ってやろうか?」


H「へ?」


S「このまま、店にもタクシーで往復じゃやってられんだろ」


最初はキョトンとしていたHだが、状況が掴めると暫く間を置いてこう切り出す。


H「私、次買うならホンダSHって決めてるの。それ以外は要らない!半端な奴なら乗らない方がいい。SH買ってくれるの?」



S「・・・・・」



ホンダSHと言えばガソリンバイク(一般人が乗るスクータータイプ)の最上級グレード。125ccと150ccがあり、125ccでも3000$以上はすると言う代物。



こっちが度肝抜かれたわ・・・



つづく