妄想日記「2hour Love」を最初から読みたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/cat_1284970.html




何度も何度もキスをして舌を絡める。Pimはキスしたまま、俺の上側に位置を変えると自らブラウスのボタンを外す。




形の良い胸の谷間が視界の隅に入ってくる。俺はブラの肩紐の下に指を這わせ、そのまま中に手を潜り込ませる。ツンと立った乳首に小指が触れて薬指、中指と順番に触れて行く。




「ハァ・・・ン・・・ンッ・・・」




吐息と共に俺の舌を激しく吸引する。俺は左手の中指と人差し指の間に乳首を挟み、その弾力を楽しむように揉みしだく。




Pimはそうされながらもキスを維持したまま、ジーンズのボタンを外し、ジッパーを下ろす。そのまま足と片手でジーンズを脱いでパンティ姿になる。




Pimと俺の口からヨダレのような、お互いの涙のような蜜が溢れ、頬を伝う。




俺は余った右手をPimの背中に回すとブラのホックをゆっくりと外す。




途端に飛び出てくる乳房。俺の左手では収まらず、余った膨らみが指の間からこぼれ出る。乳首は可愛いピンク色をしている。




「アン・・ハァ・・・ンッ」




次第に声が大きくなるPim。Pimの右手が俺のTシャツをめくり、そのまま潜り込んでくる。俺の乳首を探し当てると、摘んだり押したり弄ぶ。




俺は体制を変えるべくPimを抱きしめたまま半分転がり体制を入れ替え、右手で彼女の左の胸を刺激する。その時、俺の肩がPimのバックに触れて倒れ、蓋が開いてその中身が散らかってしまう。




そんな事にはお互い構わず、相手の身体を貪り続ける。Pimの唇から小山のようにそびえ立つ乳首に俺の唇を移動させ、舌でツンツンとその頂点を転がすと、Pimは無言のまま身体を弓の様にのけ反らせる。




彼女は俺の下側から膝を立て、両足の間に潜り込ませてパンパンになった股間を刺激してくる。俺はそのままPimのパンティに右手をゆっくりと滑り込ます。ツクツクとした感触。その先のクレパスに中指が届き、湿り気を楽しみながらそうっと曲げていく。




「ぁあああんっ!」




身体をビクッとさせながら大きな声が部屋を響かせる。




「ね、ベッドにいこ・・・」




顔を紅潮させながらPimは言った。




「ああ、オッケ!」




もう、シャム姉妹の事は頭に無かった。男として、いや、人間の本能が全てを支配していた。




俺は両手を床について立ち上がる。そしてPimがその場で立ちあがれるように後ずさりする。すると何かを踏んでバチッと言う音と共に右足の裏に激痛が走る。




「痛てててて!」




「え?なに?」




Pimは上半身裸のまま、様子を伺う。俺は座り込んで足の裏を見る。ガラスの破片が二つほど突き刺さり、血が流れていた。




足元には細めのガラスパイプのようなものが割れている。




「あっ・・」




Pimは俺の傷の事よりも、そのガラスの破片を咄嗟に掻き集め、ティッシュで包んでゴミ箱に捨てる。




「ね、そのガラスを取り除いたら私に渡して。片付ける」




先程までの甘い雰囲気から目が覚めたようなPimの態度。散らかったバッグの中身もササッと元に戻す。




ガラスの破片を自力で抜き取り、Pimから渡されたキティちゃんの絆創膏を貼る。なんか格好悪い。




一通り片付くとPimはこうつぶやく。




「足大丈夫?これじゃ出来ないよね?私寝るね・・・」







(エエエエエエエ!マジですか!!)







「う、うん・・・」




Pimはパンティ一つのままベッドに潜り込み、俺を背にして寝てしまった。




おい・・・どないしてくれるねん・・・この状態を・・・




なんか納得出来ないまま、毛布に入る。まぁ、やってないから死ぬことも無いだろうと無理矢理自分を納得させる。




あーーー、悶々とするやんけぇえええ!




Pimがこちらを向かずに寝てる事を良いことに、生まれ変わって初めてオナニーにふける俺だった。




★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー