妄想日記「2hour Love」を最初から読みたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47074930.html
妄想の設定を知りたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47134167.html



Mokがアパートを出て一ヶ月ほど経った。ソンポン刑事はいまだ俺の罪の証拠が掴めず、逮捕には至っていない。俺の容疑は二つ。加藤の殺人罪とNokからの窃盗罪だ。




Nokが被害届を出す事を心配していたのだが、よく考えてみると彼女もある意味、共犯に当たるので被害届を出す事は無いと思われる。




あとはPimの証言だが、彼女は先日ソンポン刑事の前で目撃談は虚偽だったと謝罪した。その場で虚偽申告罪だと言われ、罰金3000パーツを払ったが、恐らくはソンポン刑事の懐に入ったと思われる。




俺と一緒にいる時点で、この結末は予測していたのだろう。




そんな事もあり、結局のところ警察側は俺に手を出す事が出来ず、最近はソンポン刑事も顔を出さなくなった。




そして2週間ほど前からPimはチェンマイに帰省した。これはPimのケンを刺した事による贖罪として長介も含めて3人で話し合った結果だった。




贖罪をしないと前に進めないPimと、シャム姉妹からの魔の手を防ぎたい俺の気持ちを長介に聞いてもらい、決めたのだ。




お互いの思いの共通点は「別れない」事で一致した。




Pimは元々看護士志望でサイアム大学の看護科を卒業した。当時の目標は将来の看護士で、医療を通じて人の役に立つこと、即ちタンブンの精神なのだ。




だからチェンマイで看護士として働き、贖罪を終えたと感じた時に戻る事になった。俺としては期間を決めて欲しかったが、同じタイ人であるPimと長介はそれで納得した。




また、贖罪であるが為、俺とPimは必要最低限の連絡以外はしない事となった。長介曰く、愛する者同士が離れて暮らし、連絡も立つ事こそが贖罪であり、タンブンによって罪から清めるという事らしい。




信仰の厚い人達だからこその考え方に、ある意味呆れた。そこまでするのかと・・・




いつ戻るかも知れないPimを待つ辛さ。俺も贖罪なのか?悪い事何かやったっけ?




そんなこんなで現在は一人暮らしとなり、時々Mokが様子を伺いに遊びに来る程度となった。多分Pimから言われて、俺の生活ぶりを偵察してるのだと思われる。




Mokにオブゼッションはどうかと聞いてみたら「最高!」だそうだ。オブゼで毎日何してるか想像するのも嫌なので聞いてはいない。




Mokは大体遊びに来ると、俺に飯と酒を奢らせ泊まっていくのだが、流石に怖くて寝るに寝れない。朝起きたら「ケツじゅう血だらけ」とかは回避しなくてはならない。



Pimとはチェンマイに行くまでの間、散々セックスをしたつもりだったが、2週間も経てば溜まってくる。




処理はしっかりしておかないとね・・・
「ペイマネーセックスは浮気じゃ無い」
と言う身勝手なルールを持ち出して、そろそろ遊びに行こうかと考えていた。




とにかく、そんな経緯で一人暮らしとなったのだ。




★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー