妄想日記「2hour Love プロローグ」を読みたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47074930.html
妄想日記「2hour Love タニヤレディの憂鬱」を読みたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47082600.html
妄想日記「2hour Love ビーチウォーズ」
を読みたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47300878.html
妄想の設定を知りたい方はこちらから
http://sevensthai.doorblog.jp/archives/47134167.html



相変わらずGは早起きしない。こっちが年寄り過ぎるのかww



暇なのでLINEで同志達に昨晩の報告をしたりして時間を潰す。



10時頃にようやくGが起床。俺が12時頃に空港へ行くのでそれまで居てくれると言う。



「学校はいいの?」



「休む・・・」



「そか(^_^;)」



「時間はあるし、ご飯でも行こうか」



「うん」



「ね!ジッパー上げて」



ピンクのワンピースの背中のジッパーを上げようとする。しかし、壊れていて上がらない。



「壊れてるよ、これ・・」



「え?・・・」



「この服のまま寝たから多分壊れたんだよ。だってGは胸がデカイしw」



Gは声に出さず笑う。



あんだけ胸がデカイのに、胸がキツイ服のまま寝ればこうなる事も予想出来る。でもこのままでは外に出れない。



「この服あげるから着なよ」



日本から持ってきたグレーのパーカーを着せる。そして服代として1000バーツを渡す。



ホテル前にあるバーに入り、二人共カオパットプーを食べる。中々美味だ。



食事後、部屋に戻り最後の1時間を互いに惜しむ。



そそくさとシャワーを浴びるG。



ん?トイレで聞いた風なガンシャワーと水を流す音。




や、やる気か?・・・・




最後の思い出作りのつもりなのか、念入りにケツ洗浄をするG。



出てくるなり、俺に飛び込んで来る。



キターーーーー!再びOMG!!



その勢いで俺は肋骨を痛める。しかし、抱きついたまま、キスを求めるだけで何もして来ないG。



ベッドの上で抱き合いながら最後の抱擁。今は寝た子を起こしてはいけない。



「キットゥンna・・・」



「うん・・・」



俺から離れようとしないG。俺はいつしかレディボーイのGの事を恋愛対象に限りなく近い存在として見ている事に気付く。



(この気持ちを言葉にしていいものなのか・・)



沈黙が流れる。Gはケツ洗浄したものの、セックスをしようとはして来なかった。もしかしてそうなった場合の保険だったのか。



「な・・G・・」



「うん・・」



「俺の事好きか?」



コクリと頷いくG。








「大好きだよ!俺もGが好きだ・・」






あーあ、言っちゃった・・・




「私も・・大好き・・・」



最後に長めのキス。そしてチップを少々渡す。



「そろそろ行こっか」



「うん!」



こうして俺は空港行きのタクシー、Gは自宅行きのタクシーに乗り、二人の三日間は終わりを告げる。



24回目の訪泰にして初めて感じた癒しと、アメージングタイランドを身を以て体験した。





おわり




追伸、未だに肋骨が痛くて横向いて寝れません。



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー