Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板





予定外にエロマッサーで抜いてしまい、やる事が無くなりスクンビット通りまで歩く。



ジャスミンシティの一階で何やら大勢の人が群がっていたので思わず覗きに入ってみた。バーゲンセールをしていたらしく、服や靴なんかが並び、大勢の人が商品を物色している。



人だかりを眺めながらホール内にあるケーキ屋でコーラを注文し、一息ついた。



涼みも終え、帰りはナナ方面に行くバイタクに乗ろうと高架に登って反対側へ。その途中、エイズ患者支援活動のキャンペーンガールに声を掛けられ、300Bのティーシャツを購入した。



元々協力する気は無かったのだが、これもタンブンの1つかなと、100バーツを渡して去ろうとすると、商品を買わないとお金は受け取れないと言う。



先ずは1000BのUSBメモリーを勧められが、そんなの使わないので断る。1番安いやつにしてくれと言うと300Bのティーシャツ。じゃ、それでいいと言うと、別の子が500Bの品物はどうかと話してくる。



流石にイラっときて、「ノー!」と声を荒げてしまった。エロマッサーではあった心の余裕がすっかり無くなってしまっていた。んー、修行が足りんな。



彼女らもタンブンでやっているのだろうから、本当に申し訳なかったと反省した。



ティーシャツを片手にホテルに戻る。レディボーイのGとの出来事で、心配メールをくれたタイブロガーのRick兄貴と連絡が取れたので急遽タニヤ近くのホテルのカフェで会う事に。



そこでRick兄貴に色々と話を聞いてもらいました。



「オカマも情が深いからチンコ切られなくて良かったねー。毎年何人も切られてニュースになってるしね」



そんな洒落にならん怖い話をされて、命の無事(チンコの無事)を喜びました。ニュースで「seven、オカマにオカマにされ、一緒に働きだす」とか絶対嫌だし。




結局、仕事中だった兄貴に1時間ほど話を聞いてもらい、心も幾分穏やかに。兄貴、本当にありがとうございました。



5時にKが部屋に来ると言っていたので、帰りのタクシーでメールする。すると今支度していてもう直ぐタクシーに乗ると言う。急いでホテルに戻り、シャワーを浴びた。



シャワーを浴びて身体にコロンを付けて着替えを終えた頃、Kからホテルに着いたとメールが来た。時間は5時少し前。時間を守る所も好感が持てる。



「ハイ!K」



「・・・」



こちらをチラ見するだけでスマホを弄ってソファに座るK。嬉しそうな表情も無く、立ち上がる。



「部屋に行こ!」



そう言うとツカツカとフロントに歩き出した。



ツ、ツンデレのツンきたーーーー!



少々この態度は心配な気持ちになったが、昨日もお酒を飲むまではそんな感じだったので、これが普通なんだろう。そう思おうとした。



でもな・・・もしかしたら一晩経って俺の事面倒くさくなったとかじゃ無いよな?



そんなドキドキ感を感じながら部屋に入る。



部屋に入るとKはバッグをテーブルに乗せるとゴロンとベッドに横になる。



「ふー、疲れたー」



彼女の真意に不安を覚えた俺はジェスチャーしながら話しかける。



「俺も横に寝ていい?」



「うん!」


安堵の気持ちで俺もベッドに寝転がる。お互い見つめ合う。こんな時、彼女になんて言えばいいのかな。「逢いたかったよ」とか「寂しかったよ」とかかなぁ。



そんな一瞬だが間が空いた。すると彼女の方から言葉が出てきた。



「seven・・・キットゥンナー。ラブユーナ(^_^)」



そう言って俺に抱きつき、キスをして来た。




ツ、ツンデレのデレきたーーーー!



俺の心配もよそに、昨日のままのKがそこに居た。





★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー