本編のブログについては期間限定予定のため、全然ブログランキングを上げる活動をしていないにも関わらず、思ったよりアクセス数が多いなーと少し調べてみました。



色々見てみると、ブログ村の「妄想」ランキングでなんと、1位とかになってる!「妄想」カテゴリーでの他のブロガーさんの記事を見ると、何というか、俺なんかが入ってていいカテゴリーでは無いような気が・・・



皆さん、余りに濃すぎる内容。と言うか特殊な感じ。適当に書いてる自分が少し申し訳ないなーと。

774323B2-36C0-4BB1-9DFD-CDF9BEDA52AC




23話



Iと約束だったヘアダイの予定が潰れてしまったので、何か変わるものは無いかなーとMBKに向かう。飯も食いたかったし、家族へのお土産も買いたかったのもある。



MBKに着いて8番ラーメンで飯を食う。Iはトムヤムクンラーメン、sevenは五目ラーメンだ。いつも思うが日本人がやってる店以外のラーメン屋って汁が温くないですか?



味は悪くないんだけど、汁が温いだけで美味しくなくなる。タイ人は熱いのが苦手だと思うのでタイ人仕様なのか。



丁度、バンコク滞在中のH君からメールが入り、MBKで合流する事に。お土産を一緒に買う事にした。



MBKの二階でフラフラしているとネイル専門店が目に入る。



「ネイルしてみるか?」


「どっちでもいいよ」


「幾らするの?」



手のマネキンと言うか、ネイル見本を見ながら尋ねると500-800Bくらい。予算的には問題ない。



「いいよ、好きなの選べよ」


「いいの?」


「オケオケ」



丁度、店員が声掛けて来たのでIを任せる。



「これと、これ。どっちがいい?」



Iが赤い花柄とピンクの柄とでどちらが良いのか聞いてきた。ぶっちゃけ、どっちでもいい。ネイルなんてよく分からんし。値段はピンクが600B、赤が800B。値段の差は俺にはわからなかった。



「自分で決めたら?」


「私はどっちでもいい。sevenが選んで!」



中々可愛い事言うので800Bの赤を選ぶ。「高い方を選んでおけばセコイとは思われないだろう」との非常に安易で下衆な考え。



お茶を出してくれ、隣に座っているとH君が登場。まだ30分以上時間がかかると言うのでIを店に置いて買い物に。


1FにあるトミーやシュプリームのバッタもんのTシャツを買い込む。思ったよりも造りと生地が良い。1着ディスカウント込みで250Bで4着買う。下の娘夫婦とカミさん、上の娘用だ。



H君も自分用を二着買うとネイルショップに戻る。



料金を支払い、H君と晩御飯を一緒に食べる約束をする。H君はもう少し買い物を続けるそうだ。



相当嬉しかったのか、Iは早速自分の手を写メしてフェイスブックにUPしているようだ。


56EA98D6-C8EE-4DF8-B34A-A9211E90BE1C

F1B1A9B5-3DFC-4BEA-9427-58A14EDB0E10


これはsevenが撮ったので地黒がそのまま出ているが
、IがフェイスブックにUPしたやつの写真は美肌に変わっていたww



俺は肌の色なんか気にしないんだけどねー。やっぱり女の子なんだろうね。



帰りはBTSでアソークに降りる。ターミナル21で彼女の服を買うためだ。



2Fから入って直ぐ左のブティックに入る。中々若い子向けの店だ。思ったよりも値段も高い。


Iは色々物色するとデニムの短パンと白地に肩が黒のチビTを選んだようだ。値札を見ると短パンが1700B、チビTが800B。



高っwwwこんなの露店で買ったら二つで300Bなんじゃ無いのか??



露店のソレとは見た目だと違いがわからない。なんかお金が勿体無いが、紳士は何も言わないものだ。何せ、10000Bを節約したんだしねw



「他の店も見たら?」


「ううん、これがいい」



だそうです。



なんかね、かなり面倒臭そうだったから、Iは疲れてたんだと思う。もう一緒に過ごして7日目だしね。


なんか金を捨てたような気持ちにもなったが、仕方なく短パンとチビTを買う。それにしてもあの体型でチビTとか何考えてるんだろう。試着してsevenに見せてきたが、肉が下着の境目からモコモコと。



ま、本人がそれでいいなら文句は言わまい。



その後は手を繋ぎながらホテルに歩いて帰り、小休止するのだった。



そして今回の旅、最後の夜を迎える。