Seven's Thai

40半ばにしてタイに目覚める。擬似恋愛に憧れるが未だ擬似恋愛した事がないオッサンの哀歌。

14回目の旅行記

Profile:[ seven ]
①結婚していても恋したい
②離れていても愛されたい
③色んな女性と遊びたい
そんなオバカな夢を追い続けるオッサンのThai旅行記。
果たして願いは叶うのか・・・

1話 安定のRとの再会

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

1日弾丸ツアーの旅行記ですが、特にドラマも無く、金を使いすぎたくらいの事しかありませんが、記録としてご報告したいと思います。



昨晩ですが、ノイバイ国際空港へ60分遅れでリンちゃんとママと合流。ママがタクシーの助手席に座り、sevenとリンちゃんが後部座席で手を繋ぎながら約1時間の移動を楽しみます。リンちゃんは白いワンピースのミニを着ていて、いつもは縛ってる髪を下ろしてます。初めて髪を下ろした姿をみましたが、か・・可愛い・・・いつもより断然可愛い・・・

タクシーの車内ではお土産の化粧品類の説明をしながら楽しい時間が過ぎていきます。リンちゃんは後部座席でアグラをかくような座り方で、太ももをあらわにしてしています。少し大胆というか、店では見せないラフな感じです。

よほどお土産が嬉しかったのでしょうか。リンちゃんはずっとsevenの手を撫でたり、叩いたり、つねったりして、軽くペッティングされているような感覚になります。ママと何か喋ってるのですが、彼女の手は繋いだsevenの左手を両手でずっと攻めてきます。sevenがRや気に入った子に行うプレーの逆バージョンですね。この技、初めて女の子の方から受けましたが、長時間続くと変な気持ちになってきます。

そして11時、ラウンジに入ります。もう帰る時間ですが、せっかく迎えに来てくれたのでお店で飲む事に。二人きりで飲むのですが、すでにお互い「手ペッティング」で気持ちは高ぶっています。少し話してお酒が入ると、自然と唇が重なります。お互いむさぼるように舌を絡めます。そして服の上から美巨乳を揉みしだくと、たまらずリンちゃん、「ハァ・・・ハァ・・・」と言い出します。

しかし、店内ではこれが限界です。リンちゃん、少しの物音に反応して入り口の扉に目を向けます。いつ店員が入ってくるのかわからない状況(個室で二人きりなので、定期的にチェックに来る)でドキドキしながらの行為です。でもこの禁断の果実の香り・・・ヤバイ・・・楽しすぎる・・・

ここから先は店外へとステップアップが必要そうです。今週の日曜はリンちゃんと15:00~の同伴デートです。あまり期待は出来ませんが楽しみです。もちろん今日も店に行く予定です。



1日目


朝11時、スワンナブームに降り立つ。しかし、到着ロビーの出口で待ってるはずのRと妹分のAちゃんが居ない・・・

早速simを差し替え、Rに連絡する。



「sorry na now taxi na. 20min wait na tee rak」



フフフ、のっけからThaiレディ全開の出迎えに不思議と笑がこみ上げる。なにせRとは5月の電撃的な出会い&旅行からの再会。自然とテンションもアゲアゲになってくると言うもの。



「OK、I'm waiting 2F 5gate na」



そして待つ事40分、背後から大きな声で


「seven~~~~~~!!」



とRの声が。



「oh~~~R~~~」


思わずハグする。2ヶ月ぶりの再会。昼間見るRはなんか肌が汚いし、全然可愛くないwwwま、だから安心して心を預けられる。もう人気嬢はウンザリだし。これだよ、これwww

柱の影から覗いていた妹分のAちゃんも登場し挨拶を交わす。Aちゃんも素顔はそれほど可愛くは無いが化粧で化けるタイプ。スタイルもRと違ってボン キュッ ボンなので感度は良さそう。

そのまま1Fでパブリックタクシーを拾って3人でMBKへ食事に向かうのであった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

2話 Rキレる

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板



1日目  つづき


MBKへ向かうタクシーの中でRにお土産の着物キティぬいぐるみ4体とキティグッス多数、及び化粧品セット、そしてsevenが使っていたiPhone4sを渡します。

iPhoneはバッテリーを新品に交換してあります。勿論Aちゃんにもキティグッズのおすそ分けもしました。二人とも大喜びです。

Aちゃんは彼氏に電話して「浮気しないでね・・・」なんて言ってて可愛いっす。Rはと言うとsevenの手を握り頭を肩にもたれかけて甘えてます。

今回の旅の目的はRのワガママを出来るだけ聞いてあげる事。これに尽きます。

年間でも6月はお客が少ない時期で、しかも政情不安もあってRの景気は最悪。Rは元々不人気嬢なので更に追い討ちをかけています。

それでもLINEや電話で大した愚痴も言わず、頑張って生きてる姿を見ているだけに、この日だけは好きにさせてあげようと心に決めていました。

1泊だけですが、予算限度額は10万円と決め、自分にとっては破格の予算で臨みます。ま、皆さんご承知の通り、この予算すらオーバーしちゃうんですけどね・・・


MBKへ到着し、腕時計を見る。は?7時半?秒針を見ると止まってるやんか・・・不吉すぎる・・・

そして両替所で6万円を両替。この予算で終われば文句無いですが、こればかりは読めません。次に3Fの時計屋で腕時計の電池交換をお願いします。

そしてiPhone4sをThai仕様にするために4Fの携帯屋に寄ります。iPhone3のsimは使えないとの事で新たな電話番号を取得する事になりました。改造に1時間掛かるというので食事を済ませて戻るという事にしました。


食事は二人の希望でMKレストラン。正直sevenはあまり好きでは無いのですが、今日はRdayですから、我慢です。sevenはハイネケンをオーダーして、あとはR達に注文を任せます。

やけに沢山頼んでるなと思ってたら、みるみるうちに食材が積みあがります。3人では絶対食えねー量です。


うひょwwキタキタwwこれぞThaiレディww


空港での遅刻の次に、ありえねー量の注文とかThaiに来た実感バリバリです。しかし、Aちゃん、ヤセの大食い?ものすげーバクバク食ってます。

絶対大量に残ると予想してたのに、8割くらいは食い尽くしてました。sevenは余り食えず。

会計を済ましてiphoneとか、ケースやらの付属品を色々と買い込み、腕時計も受け取ります。この時点で7000Bくらいの消費。ま、想定内です。

ここで一旦Aちゃんはアパートに帰宅することに。Rと同居してるのでお土産類を持ち帰ってもらい、タクシー代を渡して夜の再会を約束します。

なんと言うか、夕食とディスコ、Aちゃんのペイバーなんかも予定に入っていたようです。ま、想定内ですね。

seven達はsoi23にある「ジャスミンシティホテル」をタクシーで目指します。

sevenの今回の旅にはサブミッションがあります。それはベトっ子達への土産を買う事です。リンちゃん、ママ、Mの3人とも化粧品が良いと言います。リンちゃんは加えて香水も頼むと言ってます。ベトナムの化粧品はよほど粗悪品が多いのか高価なのか。

問題はRが帰りの空港まで一緒なので、こっそり土産を買う時間が無いということ。空港の化粧品は高くてお土産とかで買う値段ではないのでやはり街中で買うしかありません。

苦肉の策として「ベトナムの会社の人達にお土産を買う」と言うシチュエーションにし、買い物もRに付き合わせる作戦を考えました。化粧品なんかはRにも相談しながら買ったりすれば怪しまれないかと。

あたためていた作戦を決行します。


S「ね、明日の昼間にofficeの人たちにお土産を買いに行きたいんだけど付き合ってくれる?」



R「うん!いいよ!何を買うの?」



S「officeの男の人達にはキーホルダーとかお菓子とかかな」



R「うん!」



S「女の子達には化粧品とか香水とかかな・・・」



さりげなく言ったつもり。



R「は?オンナ?カノジョ??○△×□・・・」



オンナ以降の言葉は何言ってるのか不明。しかも彼女とか一言も言ってないし。



S「いやいや、会社の女の子だよ!わかる?わかりますか?」



R「オンナって誰?カノジョですか?ベトナムのカノジョデスカ?」



や、ヤベー。Rの言葉が敬語になってる・・・

Rの顔がみるみるうちに般若のごとく眉間にシワがよる。40年ぶりに大魔神の変身をリアルに見た。



S「ちょ、待って待って!安いやつだよ、お・み・や・げ・、わかる??安・い・や・つ」



R「わからない。ヤスイ関係ない。メダイナ、メダイナ・・・」



焦ってしまって自分の説明もワケがわからないこと言ってる。この焦り具合をRが見て更に怒りを倍増させる。と、同時に腹に激痛が走る。



S「痛てててててててて!!」



思いっきりsevenの腹をつねる。しかも肉をちぎるくらいのパワー。激痛に悶絶する。思わずタクシーの運ちゃんも振り返る。



S「痛いって、ちょっとまって。彼女と違う、会社の人、わかる?」



R「んーーーーーーーっ!○△×□」



つねる力を一層パワーアップするR。



S「わかった、わかった。ごめん。ゴメンよぉーーー。だから痛いってば・・・わかった」



Rの手を振りほどき、両手首を掴みながら制止する。つうか、こんなR見たこと無かったので焦る。



S「もうその話はいいよ、ごめん。俺が悪かった・・・・」



自分の何が悪かったのか良くわからなかったが、謝るしか無いと本能が語る。Rはムスっとした表情のまま。ゴメンねと言いながら頭や膝を撫でてRのお怒りを鎮める。ハァ・・土地神様かよ・・・


程なくしてホテルに到着。かなり外観も綺麗なことと、入った部屋も豪華で綺麗なのでRの怒りも収まったぽい。キャッキャッ言いながらベッドに横たわってfacebookを眺めてる。


はぁ・・・飛行機疲れもあってグッタリするsevenだった。さて、ベトっ子達への土産をどうしようか。




つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

4話 使い過ぎの夜・・・

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

夜遊びする為に昼間の仕事を鬼のように頑張ってるsevenです。毎日充実したナイトライフです。ただ、体力的にきついという事と、金が持たないという事が問題でしょうか。

リンちゃんとの事はかなり色々エピソードがあって、どちらかと言うとこちらの話を書きたいくらいなのですが、我慢します。もう生乳、マ○コタッチとかも勢いで行っちゃってます。。。

ベトっ子Mちゃんからも、毎日たくさんのLINEを送ってくれます。今リンちゃんの事ばかりで放置状態なのですが、1度しか会っていないのに、マジで健気です。超性格いい。店に来てって一度も言わないんですよ。寂しい、会いたいって・・・ご、ごめん・・・

あと、愛しのレディが突然猛烈に愛をコクってきました。何かあったからなんでしょうが、「私はあなたを愛してる事に気付いた」とか「毎日あなたを思い出してる・・・寂しい」とか今まで言われた事ないような事を言って来るので悪い気はしません。一度会ってみようかな・・

Rも毎日連絡来ます。最近じゃTV電話してくるしww出るに出れない状況とかあるので困る。


どうしちゃったんだ・・・まだモテ期なのか・・・俺・・・


たぶん長生き出来ない人が咲かす、最後の花火なんでしょうね・・・




1日目 つづき



居酒屋花子はAちゃんとRが利用する、行きつけの店らしい。確かに花子でカスタマーと撮った写真をいくつか見たことがある。Rは青いポロシャツを着た給仕の子達とも親しげに談笑している。

ほどなくしてAちゃんが登場、少し遅れてmaxさんが合流した。maxさんとRやAちゃんとは過去、数回会っているので違和感なく飲み会が始まる。Aちゃんは梅酒が好きだという事で、チョーヤの梅酒1瓶を注文、次々に料理を頼んでいく。あっという間にテーブルが埋まるww

それにしてもAちゃん、よく食べる。誰が食うの?ってくらい出てくるけど、バクバク食ってるww食いだめなんだろうか。maxさんはこの花子を気に入ったらしく「もっと早く来ればよかった」と。9時半頃になり、会計を済ます。

約5500B 日本円に換算すれば16000円くらい。それにしてもよく食ったなwwwRが給仕の友達にチップを200B渡せと言うのでさっと渡す。とにかく今日はRday、出来る限り気持ちよく付き合ってあげよう。そう思ってRとAちゃんをペイバーするためにナナプラザへタクシーで向かった。


ナナは相変わらず人種の坩堝(るつぼ)。すっかり元通りな感じだ。

Rの店は相変わらずというか、良い意味で落ち着いている。(客が少ない)でも、ダンサーを見て少し驚いた。なにぃーー???可愛い子増えてる・・・

相変わらずおばちゃんみたいなダンサー軍団も健在だが、綺麗な子達も結構いるではありませんか。やっぱりGOGOは出入りが激しい世界なので、数ヶ月でラインナップも変わって印象も変わるんだろうね。

Rはと言うと暫く控え室に入った後、sevenの横に座る。少し飲んで金落としてやったほうが良いなと思ったのでビールを注文する。そしてRが友達給仕軍団にドリンク奢れと言い出した。

ま、想定内。ここでいい顔したいんだろうなと思い、快諾する。すると、奥のほうに居たビッグレディがこちらに気付いてやってきた。相変わらずのイカリヤ長介顔だww再会を祝してハグして、頬にキスした後、隣に座らせる。



S「俺の事覚えてる?」


ビ「もちろん!久しぶりだね!さびしかったよーー!」



とイカリヤ長介顔で涙を指でふき取る真似をする。そしていつものようにsevenの身体をマッサージし出す。相変わらずいい子だな・・・(めちゃいい子なので皆さんも可愛がってあげてください)


S「好きなもの飲んでいいよ」


ビ「ありがとう」



そういうとショットグラスに入ったテキーラとライムを持ってくる。そして乾杯の後に一気に飲み干す。なんか、巨人が樽酒を指でつまんで飲んでるみたいwww



そうこうしていると、見る見るうちに給仕が集まる。いつのまにか現地人ぽい顔立ちのおっさんまで隣にいる。誰この人ww便乗ドサクサオヤジか。でも周りに人が集まりすぎててワケわからない。しかもかなり酔っ払ってきた。そして可愛い顔立ちのダンサーも一緒に飲んでる。誰だろ・・・



そして給仕の格好をした赤いメガネのママが登場。給仕のママとかいるのかよww



マ「ママです。着物キティのお土産ありがとう・・・大事にします」



S「え?ママさん?」



R「そう、この人ママさんね。キティ大好きだからsevenのお土産渡したよ」



S「はじめまして、OKです」



ママさんと握手して愛想笑いをしておく。




そしてmaxさん、さすが目が鋭い。ステージを一回りすると美形なコヨーテを連れてきた。コヨーテなんかいたのか・・・でもmaxさんらしい好み。スレンダーな可愛い子。僕のムチムチ派、Nさんのぽっちゃり派としっかりと分かれてるのがバランス取れてるww


すると、コヨーテの子もヤレルらしく、高額ペイバー代(確か3000Bでしたっけ?)を払って上の部屋に上がることに。



「sevenさん。30分以内に戻ると思いますので・・・・」



そういい残しmaxさんは消えて行った。30分とはまた早い・・・ww



maxさんを待つ間、一旦清算する。このときの請求額は8500B。まー想定内。そこからまた大宴会が続く。そしていつの間にか一緒に飲んでる顔立ちの良い子を指差して



R「ね、この子私の妹。この子もディスコ行ってもいい?」



S「ペイバーするの?名前は?」



R「うん、Nちゃん」



S「わかった、いいよ(^-^)」




この頃から段々不安になる。すでに持ち金は2000Bちょいだから以降は確実にカード払いが確定。予算枠は残り4万円しかないのに足りるのか・・・



でも4万円だしね、今晩だけなら何とかなるでしょ・・・w




宴は続く。すでにsevenに飲んでいいのかも聞かずに、どんどんテキーラが運ばれてくる。Rは満足げにワーワー騒いでる。満面の笑み。ああ、ま・・・・いっか

それにしてもさっきからずっと隣で飲んでる現地人ぽい顔のおっさんが気になる。愛想は良い感じで給仕の子とか、Rとかも親しげに話しているし。常連客でRがお世話になってる人なんだろう。でも・・たぶん、なんか・・というか絶対俺の金で飲んでるよな・・・



R「ね、ママもディスコいい?」



S「ママも!!??」



R「うん」



S「もう、どうでもいいいや、OKOK」



R「sevenーー、ありがとna」



S「何人ペイバーすればいいの?」



R「4人na」



S「わかったよ、じゃチェックして」




そして会計をする。maxさんも覗き込む。12500Bwwwうはwwキタコレww


カードを渡し、10%増で決済。一気に予算枠終わりましたよww


maxさんも申し訳ないからと大目にお金を出していただきました。すみません・・



そして店を出て中庭に降りる。Nちゃん、R、Aちゃん、maxさん、俺、ママ・・・・ん?ママが居ないぞ??



S「R、ママ居ないよ??」



R「いるいる」



S「え?居ないってwwwメガネでしょ?」



メガネの真似をする。



R「メガネのママは違う、この人もママ」



と指差す。視線を送ると・・・・




S「ちょwwwwwwwママ?」




R「そう、ゲイね、ママww」




あの店に行ってる人は知ってるのだろうが、さっきまで隣に居た現地人顔のおっさん。その人がママだったのだ。気付かなかったが、一緒に付いてきてたww




S「おーソーリー、ママね」




慌てて挨拶&握手を求める。




ゲマ「はい、よろしくー」




ゲイらしく、それほどナヨナヨしてはいない。赤いドレスシャツに黒いスラックスを履いている。そしてタクシー2台に乗り込んだ。1台はレディ3人とseven、、もう一台はmaxさんとママwww



maxさん、生贄すみませんでしたw



そしてその後、ディスコではsevenがママの生贄になるのであった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

5話 おバカな無駄使い

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


リンちゃんとはあの後もラブラブです。でも「sevenの事は本気で大好き。でも誰にも教えないで。二人だけの秘密ね」と言います。二人で歩いていても、人前では手を繋いだりイチャついたりしません。やはりベトナムではオヤジと遊ぶ事には抵抗があるんでしょうね。バンコクとの違いはここです。ま、日本でも同じなのですがww

そう思うとThaiってオヤジ天国ですね。その懐の深さ・・・すげーわ。改めて思いました。


1日目 つづき



タクシーを途中で降りてATMで10000Bを下ろす。そして降り立った先は「スクラッチドック」だ。maxさんもタクシーを降りてからATMへ走ったww

Rたちはいつもスクラッチドックを選ぶ。seven的にはお立ち台があるインソムニアの方が好きなんだが。ま、Rがホームディスコで楽しむんだから仕方ない。

入ってすぐ左の壁席を陣取る。その手際のよさから、いつもこのあたりを陣取るのだろう。前回来た時もここで飲んだ記憶がある。その前も。

席を用意されると次々とスタッフ達が挨拶にやってくる。Rはいちいちsevenを紹介し、乾杯&100Bのチップを繰返す。氷を取り替えてチップ、水タバコの香を取り替えてチップ、勝手に乾杯に来てチップ。R達はどんな遊びをここでしてるんだwww

オカマ、ゲイ様々な連中が群がってくる。もう面倒くさいので財布ごとRに預けて「よきに計らえ」状態に。もう財布の中くらいは無くなっても良いと思った。

途中寝巻き姿?のRの友達も合流し、ダンシンダンシン。maxさんもサッカーを見たり踊ったり楽しんでいる感じ。ちょうどブラジル対チリの試合だ。最後はPKでブラジルが勝利。何故か音楽はダンスミュージックだが、モニターはワールドカップを流してる。

段々ママが大胆になってsevenの顔に股間を埋めてきたり、バックから股間を押し付けて腰振られたりやりたい放題になってきた。でもRのママだし我慢、我慢。知らないヤツならぶっ殺してるところ。。。


午前2時。暗闇が急にライトで明るくなる。閉店らしい。聞いてみると、かの戒厳令の影響で2時までの営業だったらしい。すっかり元通りかと思ってたので意外だった。Rから財布を受け取る。



ちょwwww100Bwwww



R「sorry na・・・」



S「OK OK」



まー、タクシー代だけ残してくれただけでもありがたい。と思った瞬間、ボーイが請求書を渡してきた。なんか不吉な予感・・・・


恐る恐る覗き込む。



3500B・・・・



ホッ・・・・3500か・・・・



っておい!どんだけこの2時間程度で使うんだよww4万ですよwwwここだけで全部で4万www



勿論カードで支払う。10%の手数料だと言う。3850Bか・・・とその時、寝巻き姿のRの友達がsevenの肩を掴んで、引き止める。



S「え?何??」



寝「これ・・」




スクラッチドックのVIP会員カード?みたいのを渡される。これを見せればいいの?って振りをする。



寝「うん、20%引きね」



S「あ、ありがとう・・・・」



結果、3000Bちょいの支払いとなった。



R「良かったね^^」



お、おま・・・・



maxさん、またまた自分の支払い分以上に渡してくれました。本当にすみませんでした。



帰りのタクシーでRに問う


S「10000Bちょい持ってたんだけどさ、いくらなんでも計算が合わないよ。チップ100Bだって20回は渡してないでしょ??」


R「Sorry na 新しいボトル入れたし、友達にチップも払いました。一人あたり2000Bだけね・・・」



S「まじっすか・・・あのママにも渡したの?」



R「うん、勿論」



S「了解・・・・」




一気にブルーになる。暫く無言でホテルの部屋まで歩く。Rもsevenが少し怒っているぽいことを察知して黙っている。




S「なぁ、R・・・・今日だけで40000B くらい使ってる。今日だけだぞ」




R「はい・・・」



こうして1日あたり過去最高の無駄使いをしてしまった。この使い方、20000Bくらいまでなら生き金だと言えると思いますが・・・・



やっぱ無駄使いですよね・・・・反省してますので、お叱りのコメントは少なめでお願いします。
(ってその後のリンちゃんへのiphoneで全然反省してないと言われそうですが・・・)



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

6話 気持ちを切り替えて

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


sevenの無駄使いについて、コメントが凄いことになっていました。たくさんのご意見、ありがとうございました。Thaiで遊ぶ予算や使い方は皆さんも興味がある話なんだなーと改めて実感しました。

話は変わりますが、ベトナムに来て3週間・・・ヤバイです。腹回りが・・・

朝はほとんど食べず、昼もカップ麺1個なのですが、夜に食事して飲みまくってる(揉みまくってる)ので間違いなく太ってきてます。でも、こっちでの楽しみって夕食なんですよ。マジで。特に自分の泊まってるホテルの朝食は不味いし、会社の昼食も不味くて食えない。仕事は忙しい。

こんな状況ではどうしても夕食&ビールが楽しみになってきます。でもこれ以上メタボになってもいかんので節制したいなと。ま、無理でしょうが。



2日目


朝9時に起床。昨晩は疲れてて何もせずに就寝。Rもかなり酔っ払ってたし。しかし、朝になれば男の身体は回復すると言うもの。隣でヨダレ出して寝てるRをくすぐる。

全然反応なし。つうか爆睡してる。よほどRも疲れたんだろうね。仕方ないので人指し指で浣腸してみる。

ビクッとしてすぐに振り返り、




「sevenーーーーーー!!!」




と肩やら首に平手打ちが何発も炸裂する。



「ごめん、ごめん、痛い、痛い」


タイ語で何か色々言われたが、これで目が覚めた模様。すかさず抱きつく。昨晩Rは寝るときまで「使いすぎちゃってゴメンなさい」を連発し、かなり凹んでたみたいだったので、その雰囲気を元に戻したいってのもあった。


そんな事を読み取ったのかどうかはわからないが、自然と唇が重なる。昨日の事はもういいよ、といわんばかりに優しく激しくRを求める。


Rも段々と激しく求めだす。つい心が入ってしまい、クンニをしようと顔をへその辺りまで下げていく。



「マイアオ、マイアオ」



と制止される。少し凹んだが、ま、シャワーを浴びていないし仕方ないかなと気持ちを切り替える。そしてRが上にのっかかって来て激しく腰を振る。そしてフィニッシュ。ほぼ同時だった。


チェックアウトもあるので着替えてホテルを出て、朝食に向かう。そして、ベトっ子へのお土産購入に再チャレンジするのである。昨日の件に少し反省してるR。それを利用しない手は無い。今なら出来る!!そう思ったsevenだった。



アサハカ・・・アサハカ・・・



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

最終話 化粧品を何とか買う

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


2日目 つづき



11時にチェクアウト。ホテル前のATMで10000B をおろす。そしてRを連れてソイ19-21の「ヘルスランド」へフットマッサージを1時間ほどやりに向かう。Rは初めてなのかマッサージ着のズボンが履けないらしくマゴマゴしていた。ここは1時間280Bなので良心的だ。

そして1時間、フットマッサージを受ける。至福の時間が過ぎる。すっかり居眠りしてしまった。隣でRも寝てる模様。着替えを終え、100BづつsevenとRを担当した人にチップを渡した。お茶を飲みながら今日の本題に移る。



ベトっ子達への化粧品購入だ。さりげなくRに化粧品を買いたいと話す。



S「今日はお土産の化粧品を買いたい、安いやつね」



R「・・・・・」



昨日のように怒っては来ない。これは作戦成功だと、更に話を進める。



S「ね、化粧品安いところへ連れてってよ。どこ?MBK?」



Rは重たい口を開く。



R「MBKは少しだけ高い・・・」



S「じゃ、どこがいいの?そこに連れてってよ」



R「・・・・・・」



R「MBKオッケーね」



S「ちょwwMBKはちょいと高いんじゃないのかいwww」



R「OK OK」



今思えば他人の女への土産に真剣に考えるのがバカらしかったのかな。そんな気がします。



そしてMBKへ向かう。まずは腹ごしらえとしてマクドナルドに入る。Rの希望だ。フィレオフィッシュセットを注文した。30分ほど雑談を交わし、化粧品売り場へ向かう。

確か3Fだったと思う。狭い売り場にたくさんの化粧品が置かれている。店員がしきりに声を掛けてくる。ただ、化粧品なんてsevenにわかるわけなく、Rに頼るしかない。Rは手にとって品定めする。



店員「これなんかいいわよ」



とリップをいじってるRに声をかける。すかさず



S「これいくら?高いの?」



店員「安いです。150Bね」



S「おお安い!カラーは??」



店員「色々ありますよ」



S「ピンクとかも?どれがいいかなーーーww若い子なんかピンクとかも使います?w」



店員「もちろんですよ」




リンちゃんには何が似合うかなー。とか頭の中はベトっ子モードに。




む??何か右後方から物凄いマイナスオーラが漂ってくる。恐る恐るふり返ると、昨日見た大魔神が仁王立ちしている。




S「うぉっ!・・・・・」



R「ベトナムレディナ!!ナーラック マクマクナ!」



かん高い声で店員に言い出すR。いかん!!昨日のパターンだ。



S「マイ オフィスメイト ナ! ノー ガルフレンド ナ!」



必死に浮気じゃないと店員にアピールする。店員は何を言っていいのかわからないみたいで苦笑いしている。



R「この人はベトナムガールの化粧品を私に選ばせようとしている」



みたいな事を店員に言っている。



S「ノー!オフィスレディ ナ!マイ フェーン ナ!だから安い化粧品を選ぶ。Rの物なら高いのでもOKだ!」



店員とRの両方の顔をキョロキョロ見ながら言い訳する。そんな押し問答のような話が少し続く。



店員「オッケー、オッケー。安いやつは彼女じゃ無いナ」



その後は何言ってるのかわからなかったが、Rの顔が少し緩んできた。きっとRの怒りを静めるコメントを言ってくれたんだと思う。でかした!!ナイス店員!!!グッジョブ!!



そこからは店員とRが少し話して値段をsevenに伝え、OKなら数量を言って買う、みたいな事を繰り返し、全部で15個くらい買い込んだ。払った金額は全部で2000B くらい。そのほとんどはリンちゃん用なんだけどね。



ハァ・・・肝冷やした。



そして午後3時、スワンブーム国際空港へ向かう。勿論Rも見送りに来てくれた。別れ際にRにお金を渡す。



S「どうせお金全然無いんだろ?少しだけど置いてくよ」



そう言って5000Bを渡す。



R「わぁ、ありがとう。これでママとパパにお金を渡せる・・・」



と大喜びしていた。ま、色々あったけど結果的に楽しい訪泰となりました。別れ際に人前であるにもかかわらずチューしてベトナムに帰ってきました。おっさん、何やってんねんwwww



そして、以前報告した通り、ベトナムの空港ではリンちゃんが首を長くしてsevenの帰りを待っていてくれたのだった。これからsevenはどこでどうなるのだろう・・・・




14回目の旅行記・・・おわり




★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板
いかん
↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

お勧め新着記事
2013.08.20以降のアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2013.08.20以降の訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
非公開メッセージ
  • ライブドアブログ