Seven's Thai

40半ばにしてタイに目覚める。擬似恋愛に憧れるが未だ擬似恋愛した事がないオッサンの哀歌。

15回目の旅行記

Profile:[ seven ]
①結婚していても恋したい
②離れていても愛されたい
③色んな女性と遊びたい
そんなオバカな夢を追い続けるオッサンのThai旅行記。
果たして願いは叶うのか・・・

1話 愛しのレディとの再開

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板



旅の総括をせずに旅行記に突入します!釘は熱いうちに打て!ですから!皆さんの中で僕の最後を気にしてる方が居るのでしょうが、あえて旅行記で詳細を。





初日


8月9日、ベトっ子Mちゃんとの別れを惜しみつつも心を切り替えいざThaiへ。 今回の旅の計画は11日までフリータイム、12日からRと合流。予定通りならばプーケットへ小旅行だ。

ここ終盤に来てリンちゃんとの決別、Rがsevenに不信感ダラダラに持ってたり、女運尽きた感じが否めない。

果たしてバンコクではどんな旅になるのだろう。何時の間にか数えて15回の訪泰。なんか未だ初心者マークが外せない哀れな旅人となってる。

夕方の17:00、スワンナブーム国際空港に降り立った。早速SIMを購入し、Thai仕様にチェンジ。いささか作業に手間取ったものの何とかチェンジ完了。そのまま1Fのパブリックタクシー乗り場へ向かう。

手招きされるまま野村監督のようなおっさんのタクシーに乗ることに。窓口でくれる半券を回収しようとしないし、メーターも倒したので安心して乗る。

トールウィイOKマイ?と聞かれすかさずOKする。そこでメーターの回転の速さに気づく。通常アソーク界隈の場合、280〜300Bくらいなのだが高速で既に280B超えているww

半券があるので後から文句言えるのだが、このままだと多分400くらい。微妙な100B(300円)で運転手と揉めるのか悩む。

結局ホテルに着いた時は予想通り396B、空港利用税入れて450Bか。

S「回転早いよ!」

運「・・・」

S「400でいいよな?」

運「コクッ」

頷く。案外小心者のおっさんだったwwま、それでも50Bくらいは儲かってるから文句無いだろう。




今日は愛しのレディとの再開の日。訪泰初日から重要なファクターだ。お互いどんな感じで会うのだろう。懐かしいと感じるのか、ぎこちないのか、はたまた何事もなかったように接するのか。

否が応でも緊張する。何せ初の訪泰依頼、いや、ここ十年以上これ程彼女の事を好きになったことは無かったから。自分の気持ちはかなり落ちてはいるものの、淡い期待をせずにはいられなかった。

そしてチェックインを済ますとLINEで連絡。彼女は既にソイ11のバービアで飲んでいるとの事。読者友達のmaxさんも最近気になるタニヤレディをチョイスして合流する事にもなっている。

早足で現場に向かう。聞いていた店を探しながら歩く。近ずくに従って胸の鼓動が高まる。ヤバイ、何この緊張感ww

言われた場所はホテルの名前だった。辺りを見回すも見つけられず、電話をかける。すると向かいのバービアでニコニコ手を振る女の子が居た。




ああ、レディだ・・・




紅潮する顔のまま、スタスタと彼女に近ずいて行くsevenだった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

2話 レディとの本当の終わり

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


今ホーチミンです。前にも言いましたがハノイ経由と間違えて取ってしまったww本当にアホですよね。

待ち時間が3時間程有りますのでもう1話進めておくことにします。



初日 つづき


レ「seven・・・プンプイna 555」


S「yes 2month 5kg na 555」


ベトナムで毎晩飲み歩いた為に腹回りと顔周りの変化にいち早く気付くレディ。


S「君は痩せたね」


レ「パタヤで泳いだりジムで鍛えたりして2kgダイエットしたよ」


S「ベリーグットna」


元々痩せていた彼女は更に細くなっていた。もう完全にsevenの圏外の身体に。しかし顔は相変わらず整っててsevenの好みじゃ無いけど可愛い。


レ「来月歯の矯正が外れるんだよ?」


S「おー、おめでとう!」


レ「最後に10000Bお金がかかるの。でもお金無いし・・・」


昔なら直ぐにそのくらい俺が出すよ!と言うところだけど、その言葉が出て来ない。


レ「それと来週誕生日なの覚えてる?」


そう言えばそうだった。とても忘れてたとは言えず、


S「もちろん!覚えてる」


レ「ならプレゼントお願いね!」



相変わらずの屈託無い笑顔に懐かしさがどっと溢れてくる。彼女も見たこと無い程の笑みを浮かべる。こんな笑顔昔してたっけ?・・・


そしてsevenの左手に自分の嵌めていた数珠のブレスレットを付けて


レ「これ、貴方にあげる」


これでレディからのプレゼントらしいプレゼントは二回目。一度目は知り合って二回目に会った時、sevenの誕生日だった為にワイシャツやTシャツをもらって以来かな。


S「え、ありがとう、大事にする」


レ「ね?淋しかった?この前は私がバカだった。ごめんね」


S「うん、淋しかった」



そしてレディはsevenの腕を撫でたりさすったりして愛情表現一杯に出してくる。


ここで変な違和感がはっきりとし出す。昔はこんなじゃ無かったのに・・・こんな媚びるような甘え方はしなかった・・・



何故か絡めてくるレディの腕をそっと振りほどいてしまう。なんでだろ・・・



すると急にレディの顔が曇り、ボソッとつぶやき出した。


レ「あなた、沢山彼女出来たでしょ?」


S「え?なんで?」


レ「LINEのホームに沢山レディのスタンプがあった」


レ「Rでしょ?Mでしょ?他にも・・・」



だからこの前当て付けのようにsevenのLINEのホームにスタンプバカバカ押してたのか。そんな事今まで一度も無かったのに。


S「あれは友達だよ」


れ「違う!%#$€£%+<>」


声を荒げて何かタイ語で言うがsevenには理解出来ない言葉だった。言葉ではレディの事をまだ愛してる風に言うのだが、本当の気持ちとは少しギャップがあり、それが埋まらないままで居た。

何と無く彼女もsevenの応対で今までとの違いを読み取ったのかもしれない。ここからトーンが下がって行く。


そしてmaxさん達カップルが合流、話はここで終わる。maxさんの連れてきたレディ、可愛いwww僕はこちらの方が顔は好みですww


そしてお互い違和感あるまま、食事会は解散。ホテルに二人で戻る。


シャワーを浴びる彼女。一緒に入ろうとすると断る。キスをするとちょっと待てと。


なんかすれ違ったままベッドイン。更に小さくなった胸を触る。


レ「チャカチー(くすぐったい)からやめて」


S「ごめん・・・」



そして気まずい雰囲気のまま、暫くじっとする。


そして再びトライ。またしても同じことを言う。なんでこうなるの・・・


S「わかったよ、今日は我慢する」


レ「・・・・・」



そして朝5時前、レディはこうつぶやく。



レ「ねー、sexしないの?しないなら家に帰るけど?」


S「だってチャカチーなんでしょ?出来ないよ・・・」


レ「じゃ、帰る!」


そう言って着替え出すレディ。


S「なんで怒ってるの??」


何も答えない。スマホをいじって無視してる。


S「じゃ、これ・・・」


4000Bを渡す。



レ「sexしてない人からは貰わない・・・」


そう言って受け取らない。この言葉、前にも聞いた言葉。一気に冷静に戻る。


S「じゃ、タクシー代ね」


そう言って1000Bを渡す。彼女は受け取って静かに部屋を出る。玄関まで見送り、タクシーが見えなくなるまでボーッと見つめていた。


部屋に戻るとLINEが入っていた。



「あなたは私を愛していない・・・」

「私はバカだった・・・」



もしやと思い彼女のLINEホームを見る。案の定ブロックされていた。


sevenが女心がわからないと言われればそれまでだが、怒らすことはしていないはず。



きっとお互い少しだけの未練ではこれからもやって行けないと判断したのだろう。レディもsevenが前のように一直線に彼女を見ていないのが耐えられなかったのかも知れない。

それに気付いてそれならばいっそのこと・・・




本心は不明だが、sevenはそう考えることにした。そして後ろ髪惹かれることなくお互い進めるんだろう・・・と。



今思うと、最後の最後にきちんとケジメが付けれて逆に良かったんだと思う。少なからず自分には・・・



つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

3話 半勃起をマッサージおばちゃんに目撃される

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


二日目


昼に起床。歩いてソイカに向かう途中アフリカ系のどデカイ2人組に声をかけられる。ビジネスの話だとかで電話番号を教えろと。

怒らせたらヤバイ気がしたのでタイ番号を教えて退散。明後日の昼間に会う約束をした。勿論会うつもりは無いので電話番号を後で変えよう。


アソークの交差点でたこ焼きを買ってオールドダッチでビールを飲みながらボケーっとする。

そう言えばクイーンズパークプラザに行ったことないなとバイタクで向かう。なんか新米にーちゃんらしく道迷ってるしww


まだ入り口の店しか開いてなく、ババアの巣窟だったので通りすがりの猫ちゃんと暫し戯れる。(本物)

それからどうしたものかと考え、タニヤのA店に久々行って見ました。苦手なチーママが辞めたとレディに聞いたし。




昨日のケジメでレディと再開しても挨拶程度で済ますつもり。もう切れたんだから関係ないしね。

ここの女の子は若いし、可愛いイメージがあるので今の状況を見ておきたいってとこもあった。

午後3時半、店に入ると数人の女の子が威勢の良い声で迎える。チラリと覗くとんー、微妙。。。

素朴な感じの子やオバハンみたいのもいる。前に見たことある子は見当たらなかった。新しい日本人スタッフがいたので少し話をして店を出る。

確かNさんが行ってみたいとか言ってたから今晩でも誘ってみるか。勿論愛しのレディを指名はしない。

そしてラーメン内田屋でとんこつ半玉ラーメンを食べる。まぁまぁの味だけど少し高いかなーと。まぁこっちのラーメンはどこも高めだからこんなもんかね。


そしてソイ16のYen Massageでフットマッサー。んー、サバイサバイ。先に来てたファランねーちゃん2人組のタンクトップからはみ出た胸の谷間をチラ見しながら極楽モード。

すげード迫力でしたわ。こっち側見て座りながら仕上げの肩揉みされてる。うつむき加減なので、もう少しでビーチク発見できそうなくらい見えるww

二人ともスイカ二つボンボンって感じ。案外綺麗なねーちゃんなのでついつい愚息が反応。

あんな乳一度お相手願いたい。咳するフリしてTINKOのポジション変える。


S「ゴホッ」


タイミングを見計らったつもりで身体に掛かってるバスタオルの下でささっとマッハでポジショニングチェンジ!流石に股間がピョコンとしてたので、これまた体裁悪いしね。


マ「・・・ニヤリッ」


くぅーーーwwwwおばちゃんに見られたwww超気まづいっすwwちと咳がデカ過ぎた。若者じゃ無いだけに、これは恥ずかしいww


すかさず目をつむり妄想、邪念を振り払い、賢者モードになる。全ては2人組のファランねーちゃんが悪い。あんな最終兵器見せられたら少なくともsevenと読者のNさんは瞬時に爆死が確定する。


マッサージを終え、一旦部屋に帰り仕事の残りを少しばかり。


夜はNさんとA店に行くこととなった。昨日の今日でレディと会うかもしれないドキドキ感も緊張感を煽る。

果たして夜のA店は一体どうなったのか!


つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

4話 愛しのレディ再び・・・

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


今日から一般的なリーマンは仕事です。自分にとっては二ヶ月ぶりの職場です。余計にやる気を無くします。

それにしても日本も暑いですねww日本は晴れてるのが良いです。ハノイはほとんど曇りですから。

明日は昇進試験です。すっかり忘れてたww資料の見直しを今からすることにします。

もう一つ、出向の件。どうなるんだろう。上司からは何も言ってこない。こっちも気になって仕方ないです。ま、時間が解決する話ですが。




二日目 つづき


夜七時、タニヤ通りからスリウォン側に突き当たり、少しばかり左手に行くと居酒屋「シャカリキ」があり、そこがNさんとの待ち合わせ場所。

sevenは結局場所がわからずにNさんにタニヤ通りまで迎えに来て貰った。ここで軽く飲んで食事を済ます。

今日のお目当てはNさん希望のA店。果たしてどんな可愛い子が待っているのか、嫌が応にも気持ちが高ぶる。愛しのレディと会うかもしれないと言う緊張感もプラスされる。

昼間知り合った新しいスタッフに電話し、8時過ぎから行くと連絡。Nさんは洗濯物を部屋に入れるのを忘れたとかで一旦帰宅。

それならばと一人でパッポンのピンクパンサーへ向かう。ムエタイの試合にはまだ早いけど、店自体に興味があった。

ここ、いい店ですね。誰も群がってこないし、マッタリと出来ました。隣にママさんが座ってましたが、ドリンクの要求もなし。

女の子はまだ5、6人くらいだったけど中々可愛い子がチラホラ。さっきまで踊ってた子がようやくsevenに声をかけて来た。少々スリムだけど胸は中々のもの。

ドリンク要求もせずに話してたので、こちらからどうぞと、コーラを奢る。するとカーボーイハットを被ったこれまた可愛い給仕が私もイイですか?と。

勿論気持ち良くオッケーし、三人で談笑。時間も早いからだろうが、GOGOでこんなマッタリしたのは久しぶりの感じ。

八時半少し前にNさんから連絡が入り再び合流。いよいよ目的のA店に。


店に入ってレディを見学。約20人ほどが並んでいる。さて、どの子にしようか・・・


うっ・・・


若い子がほとんど居ない・・・


何この劣化ぶり。知ってる子は皆無。ヤバイ、ヤバすぎるラインナップ。まだ8時半だから売れ残りばかりだとは思えない。



S「・・・・」


N「・・・・」



一瞬凍りつくも、誰か選ばねば。


ス「誰が好みですか?」


S「んー、俺おばさんがいいんだよね」


Nさんが(何言ってんの?sevenさん)って顔してる。実はここで良い子を見つけるのが嫌だったんです。レディをどうしても思い出すに決まってる。


ス「年齢高めだと、あの子とあの子、それとあの子ですかね・・・」


ペイバーしないなら未練が残らない子がいいに決まってる。


S「じゃーあの奥の子お願いします」



何度も見直し、奥に立ってる年齢高めのレディをチョイス。愛しのレディは勿論居なかった。


名前はYちゃん。自称29歳。ID見せろと言ったら今は持ってないとか。今は持ってないってww


向かいにNさんが座る。選んだ子は相変わらずブレないチョイス。ボッチャリ可愛い顔の子。


Yちゃんは日本語もそこそこ話せ、チェンマイ出身だけあってキレイ系。ま、sevenの好みでは無いけど。


カラオケを三曲ほど歌い、くつろいでいると奥のVIPルームから純白のドレス姿の愛しのレディが登場。


ちょうどAちゃんがトイレに行っていたのでsevenの隣に座り、Nさんとも少しお話しする。


元々彼女が居ても選ぶことはなかったとは言え、昨日の今日。


しかもsevenをLINEブロックした相手。覚悟していたにも関わらず、少々慌ててしまう。


S「なんだよ、レディいるじゃん。居ないかと思って他の子指名しちゃったよ」


心と裏腹な取り繕った言葉をかける。自分ながら本当に情けない。


レ「OK OK (^_^)マイペンライna」


レディは至って普通。さすがすっかりプロの接客。看板娘の自覚があるんだろう。そのくらいsevenを前にした振る舞いが落ち着いていた。

女の子を全員見たわけじゃ無いけど、今日のここのラインナップならば間違いなくトップレディだ。


レディはNさんとも少し話してカラオケルームへ戻って行った。なんか貫禄すら感じる。


何と無く僕の気まずい雰囲気を察してくれたのか、NさんからパッポンのGOGOに誘われる。気を取り直し、再びパッポンへ向かうのだった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

5話 クレイジーで念願のポールダンスを踊るseven

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板



8月20日はブログを始めて丸々一年になります。とりあえず目標にしていた一年の継続はクリアする事が出来ました。

アクセス総数は123万を超え、訪問者数は28万人を数えました。予想をはるかに超える数字です。皆様の応援、本当にありがとうございました。

ブログ前半は主にThai風俗の経験談を書いていました。六回目の旅行あたりからでしょうか。Thaiレディとの恋愛関係に憧れを抱き、現在に至ってます。

風俗体験記と恋愛関係の体験記の、どちらが自分が書きたかったThaiなんでしょうか。よくわかりません。

時にはバカ話を載せたり、まぁ好き勝手にやらせてもらいましたから、飽きずに続けららたのでしょうね。

ブログ村のラインナップを見ても僕よりも後からブログを始めて、頑張ってる方も沢山いますね。いい事だと思います。

どんどん盛り上げてもらえたらなと思います。いつまで続くかわかりませんが、終わりを迎えるその時まで宜しくお付き合い下さい。


そう言えばレディから聞いたのですが、去年レディと出会う前に一日だけ遊んだKちゃん、クスリで捕まったそうです。まだ二十歳前なのに。

思い起こせばKちゃん、やけに感度いいし、感じた時の声が物凄いでかかったのも、その頃からクスリでも飲んでいたのでしょうかね。

男からの電話で大泣きしたり、情緒不安定な感じでした。他の人からクスリについて色々聞いてはいましたが、思ったより身近にこういう話はあるもんですね。

何と無く悲しくなったsevenでした。


二日目 つづき


A店を出て再びパッポンへ向かいます。Nさんの先導でキングキャッスルへ。ここにはNさんが「じゃじゃ馬2号」と呼んでいるコヨーテが居ました。

「じゃじゃ馬2号」可愛いですね。流石です。他の子達も可愛い子がまだ居ました。

sevenはと言うと、席についた頃はダンスしてて、交代で降りてきた子が声かけて来ました。踊ってた時に可愛い子だなと思ってたので直ぐにOKします。

名前を忘れてしまったのですが、ショートカットでカタコトですが日本語も上手。しばし談笑してました。

ここの店は中々いいダンスミュージックをかけるので、ついつい踊り出しちゃいました。そしてビール便を落として割ってしまいました。

慌てて給仕の子達が片付けしてくれます。そしてチェックアウトの際、その子達(2人)が片付けたんだからチップくれと要求してきました。

(それは君らの仕事だろう)とは思いましたが、まぁいっか、と財布からお札を二枚取り出します。

そして目の前にかざして金額を確かめようとしたら、1000B札。あっ間違えたと思った瞬間、ササッと2人がひったくります。

あーーーっ、と思いましたが、目の前にお札を出した自分が悪いし、彼女達は早足でその場から離れてしまいました。

少々腹は立ちましたが、追いかけて騒ぐのもみっともないと感じて、腹におさめました。

だらか日本人は舐められるんだよ、と言う方もおられるでしょうが、ご容赦ください。全て自己責任の結果ですから。

そして店を出ると次に向かったのはソイカーボーイ。カーボーイ2のテラス席にじろーさん、グリさんやその他日本人男性達と挨拶程度ですがお話し、そのままNさんとロングガンに入りました。

ロングガンはいつの間にか全裸店になってました。全裸店はどうしても年齢高めになりますね。仕方ないことかもしれませんけど。

でもswven的には選べる子も少しは居ました。ただ裸の子に声掛けづらいんですよ。シャイなsevenです。この辺は改善しないと。

ここでは飲むだけで、次に今ソイカで1番ホットな店、クレイジーハウスに。もう最近、バカラは覗いてすら居ません。

営業方針変えてからすっかり興味なくなりました。いくら可愛い子が多いと言ってもあの客をバカにした営業は馴染めません。

一方クレイジーは流石ですね。満席です。全裸の子達も若い子居るし、可愛い子も居ますね。仕方なく二階席へ向かいます。

二階席は女の子四人くらい。全裸の子も2人くらい居たかな。ダラダラやってて客も空いててマッタリ出来そうです。

反対側の客は床のガラス越しに一階のダンサーをうつむいて眺めてます。ここらでsevenも酔い酔いです。目の前のポールが空いて女の子が居なくなった瞬間!

さっと立ち上がり、念願だったポールダンスを始めるseven。一生懸命Nさんに踊りながら愛想ふりまくるもオヤジのポールダンスに興味なさげ。(当たり前でしょうけど)

五分くらいだと思うけどポールダンスを堪能させていただきました。ニューハーフ達がやるアクロバット的なやつは無理でしたが、大満足でしたww

このポールダンスの経験を早速この後のインソムニアに活かして踊ることになります。


つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

6話 ダンス頑張ってもモテナイものはモテナイ現実

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


そう言えば昨日、昇進試験が無事終わりました。手応えはあるような、無いような。

緊張のあまり、手汗でテーブルがベトベトになりました。片付けした人事の人には申し訳なかったなと。

まぁ、自分の思いは伝えられたかなと思うので結果がどうあれ悔いはありません。


それと出向の方ですが、唯一抵抗してるのが直属のTopである常務役員との事。部の方と担当役員はオッケーくれたようなので、最後の牙城が崩れれば仕入先への国内出向及び仕入先からの国外出向となるそうです。

まだ見切り発車なのに今回の出向予定者2名が呼ばれ、出向教育みたいな事を受けました。

注射打ったり、健康診断したりとかなり手続きが面倒くさいですね。現地給与の話もありましたが、案外しょぼい金額になりそうです。残念。

来週月曜の経営会議で承認されればいよいよ出向となります。常務、許可頼みますよ・・




二日目 つづき


クレイジーを出た後、締めにNさんと、じろーさんが遅れて合流し、インソムニアに向かいます。始めて野郎だけでディスコに行きました。中々新鮮。

今日の目的はディスコでのナンパです。果たしていい子は居るのでしょうか。

以前と比べると閉店が早い分、盛り上がる時間も早めになってるような気がします。お立ち台は既に満員で盛り上がってました。

早速身体を揺さぶって音に合わせます。お酒がかなり入ってたので直ぐにお立ち台でダンシングです。

Nさんもお立ち台でガンガン踊ってます。こんな事しててナンパ出来るんだろうか。でも目立つには目立つはずですよね。

早速ポールダンスパントマイムを披露。全然ウケませんがマイペンライです。これがわかる人はGOGO嬢とGOGO好きな男だけだし。

何時も居る回転する光り物振り回してるおばさん、元気いいですww年齢はsevenくらいか、もう少し若いくらい。

昔金色の仮面被って光り物振り回してた人かな。そんな気がする。

その光り物ババアと自ずと競演状態になります。だんだんお立ち台周りの女がsevenにアプローチしてきました。

客取り目当てのオールドレディ達ですがww申し訳無いですが残念レディはRで充分ですから無視します。

んー、若い子は居ないんか。いや、居るにはいる。但し、オヤジに興味なし!って感じでしょうか。自分の店以外だと正直者ですねww

途中からカーボーイ2で挨拶したグリさん達2名が現れました。女の子連れです。ウラヤマシス。

そして2時半過ぎ。音楽が止まり、お開きになりました。光り物おばさんが一緒にどこか行こうとか言ってきましたが「一緒に行きたく無いレディNO.1」ですから丁重にお断りしました。

残念ながら本日は収穫無しです。大分酔っ払ってましたがNさん達が食事したいと言うことで、出口のフードコートに寄りました。

余り脂っこい物食べると吐きそうなのでカオトムと言うタイのお粥を教えてもらい食べました。

最初パクチーの匂いがきつかったのですがすぐに慣れて美味しく頂きました。これ、酒の後には最高です。

そして三時半、歩いてホテルに戻りました。なぜあんなに頑張って踊ってるのに全然モテないのか。デブオヤジだから仕方ないにしても頑張ってるじゃん・・・ぅぅ

その答えは翌日のインソムニアの帰りにわかるのでした。



つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

7話 サブライズだよ!Rちゃんメロメロ&前泊ごまかし作戦

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


ベトナムのMちゃんは昼も夜も毎日働いています。バイクで8時間ほどかかる田舎が実家だそうです。一部屋を2人でシェアしているようで一ヶ月5000円くらいのアパート。

何で夜も頑張ってるのか聞いてみたところ、毎月家族に送金してるんだそうです。タイでもよく聞く話ですね。

幾ら送ってるのか聞くと平均4000000vnd、約2万円です。この金額は彼女の昼間の給料とほぼ同額です。

正直、驚きました。夜の給料は一万円位だと言ってたので、収入の半分以上を家族に送ってる事になります。なんて親孝行なんだ。

タイの嬢達と違うのはそれを自分から言わない事ですね。中には言う子もいますが、圧倒的に少ないです。

こんな話を知ってしまうと、2万円毎月あげるから夜の仕事は辞めなよ、と言いたくなります。週末だけsevenと遊んでくれたらそれでいいので。

実際、僕の同期のベトナム駐在は彼女にラウンジを辞めさせて、彼女の有利な就職のために日本語学校にも通わせています。今では日本語検定二級にまでなったそうです。

日本語学校も週二回で一ヶ月10000円くらいですので充分面倒見れる金額です。

タイの子を囲うにはそれなりにお金がかかりますが、ハノイならば僕でもなんとかなりそうなので、ベトナムライフの一つとして真剣に考えちゃいます。




3日目


朝9時過ぎに起床。部屋でグダグダしてると昨日の黒人から電話。明日の約束、必ず来いよとの催促だった。

昼前に部屋を出てブランチをするためにターミナル21に向かう。向かったのはフジレストラン。天麩羅そば定食とビールを注文。

久々の蕎麦に舌鼓。ワサビ入れすぎてかなりやばかったけどww

そしてTokyoの階でショッピング。和柄が好きなのでそれっぽいTシャツと帽子を購入。二つで1100Bの買い物に大満足。ターミナル21は値段が手頃なのがいいね。露天よりは高いけど物はしっかりしてるのもあるしね。

その後はホテルに戻って昼寝を決め込む。夕方起きるとRからLINE。


会うのいよいよ明日だね。何時に来るの?エアポートまで行くね。明日は仕事休みだよ。だから何時でもいいよ。


こんな中身だった。や、ヤバイ。空港まで来るって。大型のスーツケースとリュックとパソコンの入ったバッグを持って空港に戻りたくない。



どうしたものか・・・



そして、考え抜いて出した答え。



サプライズで前日入りしたことにして、ナナで働いているRに遅がけに会う。


以下、妄想・・・



夜11時過ぎ、Rの店に入る。丁度ダンス中のR。相変わらず下向き加減でダラダラ踊っている。


S「おい、R!」


大声に驚いて顔を上げるR。みるみるうちに瞳孔が開いて行くのがここからでもわかる。


R「え??うそっ!seven??」


S「そうだよ、俺、俺ww」


R「え?なんで?明日でしょ?」


ポールを握ったまま身を乗り出してくるR。周りのダンサーも動きを止めて見守っている。


S「いいから降りて来いよww」


ビックリした顔のままsevenの元へ歩いてくるR。しかし顔は満面の笑みだ。顔なじみのビッグレディもドスドスと歩み寄ってくる。


R「ね、なんで?なんで?」


S「555、会いたくて1日前に来ちゃった」


R「うそっ!本当に?」


S「だからサプライズなんだってば。驚いた?」


R「うん・・・う、嬉しい・・もう・・ビックリしちゃった・・・」


ビ「ヒューヒュー!!ああ、Rが嬉しくて泣いちゃうよ、ほら、ほらwww」


R「バ、バカッ!」


横からビッグレディが二人をからかう。それを笑ながらいなすR。


S「5555、わかったから早く着替えて来いよ。食事した後はディスコだ。スクラッチドッグ好きだろ?」


R「え?本当?seven大好き!!」


人目も惜しまず抱きついて頬にキスしてくるR。よほど嬉しかったんだろう。


S「おいおい、よせよwwwさ、早く着替えて来い。ここで待ってるから」


R「うん!」


10分後、二人は腕を組んで仲睦まじく街へ消えて行くのであった・・・




と言う作戦。名づけて


「サブライズだよ!Rちゃんメロメロ&前泊ごまかし作戦」


これならサプライズ訪問で本人も喜ぶだろうし、会うまでは遊んでいられるのでこっちも助かる。しかも前泊して遊んで居たこともごまかせると言う画期的な作戦だ。



この作戦を腹に暖め、夜の部ソイカーボーイへ向かうsevenだった。しかしこの作戦が超裏目に出たのは言うまでもない・・・



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

8話 作戦は大失敗に終わり、悪い方向へ

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


3日目 つづき

Nさんとグリさんと一緒にソイカのオールドダッチに入って先ずは軽く腹ごしらえ。久々にカオパットクンを堪能。軽く塩振って食べるのがseven流。

ここで作戦について二人に相談したりして過ごす。そしてナナへ移動。先ずはマンダリン2階。相変わらずここも流す曲はいいね。

金髪ナイスバディの子を見つけるも、次にRの店に行くつもりだったので席に呼ぶのはぐっと我慢。Nさんのオキニが裸でダンシングしてました。中々可愛い子です。

ここでRに今日は仕事してるか確認。すると休みだとの返事。

ちょwwその想定はして無いしwwこっちの計算が狂うので今から店に来るように促す。


S「今日友達が店行くから出勤してよ」

R「休みだから行けないよ」

S「友達がドリンク沢山奢ってくれるぞ?」

R「友達って誰?」

S「maxさんとか、Nさんとかさ」

R「考える」

S「なんでだよ、行けよな」

R「休みだから行きたく無い。それより明日何時に来るの?」


うっ・・・痛い切り返し。

これは店に行ってママからも督促させよう。そう考えてRの店に。相変わらずレディのラインナップも客も今まで通りww場末感満点w

ビッグレディは居なかったものの、もう一人の給仕の顔見知りが寄って来た。そして給仕の格好したママさんも。今日はRはまだ来てないと言う。休みじゃ無いんかいww

ここで作戦変更。サプライズを名乗って今日バンコク入りしたと告げる。

S「俺、実は今Rの店に居るよ」

R「は?なんで?」

S「何でって、サプライズで来たんだよ。Rがビックリすると思ってさ」

R「本当に?」

S「そそ、今日着いたとこ」

R「なんで?明日って言ったじゃん」


何か引っかかってる模様。女の勘は鋭過ぎる。何度も「来いよ」「行けない」を繰り返す。ママからも電話で催促してもらうも一向に聞く耳持たず。

暫くしてNさんとグリさんが他の店にパトロールに出かける。こっちはRを呼び出すのに必死となってる。

その頃ようしんさんが合流。マッタリしながら雑談。えらくこの店を気に入った模様。

そして店を出るとようしんさんととZENと言うバービアを探すも見つけられず、パトロールを終えたNさんと新たにじろーさんが合流。グリさんは彼女との待ち合わせで離脱。仕方なくナナ入り口のバービアへ入る。

ここでもRとやりとりし、ようやくナナへ向かうと約束。Rを待つことに。


しかしいつまで立ってもRは来ない。連絡も取れない。そしてようしんさんはテーメーへ友達と行くとのことでここで離脱。

やっとRと連絡取れるも、なんとまだ部屋に居るらしい。怒りが込み上げる。もうこれ以上皆に迷惑かけれない為、Rと会うのは断念。

Rは最後にこう言う。


R「明日ホテルへ行きます」


無理矢理呼んだとは言え、何故ナナへ行くと言ったのか。言葉の行き違いなのか。それともRは何か考えてるのか。全く理解不能だった。


無駄に2時間以上も棒に降ったので巻き返しにインソムニアに行くことになる。今日こそいい子を見つけたいところだ。

Nさんはコヨーテの「じゃじゃ馬1号」を迎えに行き、じろーさんとsevenの二人でソイカのカーボーイ2へ行って少し飲んでからインソムニアへ向かう。


結局、Rとはこの日会うことは無かったのだった。すれ違いまくるsevenとR。波乱の予感が漂う3日目の夜だった。



つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

9話 sevenがディスコでモテナイ理由

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


3日目 つづき


ソイカヘ歩いて向かう。ついでなので久々にテーメーを偵察。ようしんさんを探すも流石にもう居なかった。

そしてカーボーイ2でコーラを注文。じろーさんがここのコヨーテに奢る約束してたらしく、テラス席でマッタリしてる。

sevenも全然可愛くない子二人に話しかけられ、奢ってくれとせがまれるもマイミータンと言って応じなかった。昔は相手の押しに負けてたが、ここが少し成長したところ。

そしてインソムニアに。既にNさんはじゃじゃ馬1号を連れて中に居るとのこと。じろーさんと2人で入っていく。

中は昨日と打って変わってお立ち台にはコヨーテと光物ババアだけが踊っているさみしい状況。

すぐにNさん達と合流。じゃじゃ馬1号はかなり可愛くなってた。しかし、Nさん曰く太って劣化したとか。

イヤイヤ、十分可愛いですよww個人的な意見ですが、Nさんの連れてるこの中では一番かと。

着いて早々お立ち台へ。光物ババアは昨日つれなくしたせいか、sevenを無視してる。ま、こっちもそれで問題無いけど。

しかし、光物が連れてるババアにロックオンされる。Nさんとじろーさんにからかわれる。ババアに寄られるのは年相応と言えばそれまでなのだが、自分としてはもう少し若めがいい。

仕方なくいつも通り踊りまくる。いつしかえらく上手な島柄の服着た見るからにプロ。コヨーテかGOGOダンサーが激しく踊ってる。

おお、この店の雇われコヨーテかな?そのくらいのダンスレベルだ。

そんな事して踊っているといつの間にかまた閉店。一時間少ししか居なかった。ちと物足りないなと思いながらインソムニアを出て先の露店で食事。

またしてもカオトムを注文。すると、さっきの島柄模様のコヨーテが一緒の席に着く。どうらやNさんとジローさんの友達だったらしい。

彼女は明るいところで見ると顔に小じわが目立ち、見た目は35歳くらいか。そして少し会話した後こんな事を言った。




島「あなたのダンスは面白い。変わってて笑えるwww」



そう言ってケラケラ大笑い。しかもずっと笑ってる。そう、その時気付いた。



sevenのダンスは滑稽だったんだと。



どうりで誰も声掛けてくれなかったのか。ヘンテコな踊りを激しく踊るおっさんは近寄りがたかったのだろう。例え客として見たとしても。

軽く凹みながら食事をする。彼女の食べたクァッテアオをsevenがおごり、そして解散した。だってRが来るかも知れないし。

そしてRを待ちながら部屋でいつしか寝てしまうsevenだった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

10話 Rとの和解

毎日更新しています!こんなおバカなブログが好きだ!と言う方は、
1日1クリックのブログランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


4日目


いつ来るかわからないRを待ちながらそのまま寝てしまう。そして朝9時過ぎに起床。LINEを確認するも、特に連絡は来てない。

恐らく寝て居るんだと思う。今日は黒人組対策の為に早々に電話番号を変えなければならないので近くのコンビニへ向かう。

iPhoneのSIMフリー用のゲタの調子が悪いらしく新しいSIMの識別が出来ない。仕方なくショップへ行くことに。

ターミナル21の6階にあるTuruのショップで長時間待たされた上、結局ダメだった。仕方なくauのSIMに戻し、モバイルデータ通信をOFFにする。そうしないとパケット通信で案外高い料金になってしまう。

ついでにcoco壱番館で昼食。チーズカツカレーとビールの組み合わせ。チーズがゴムみたいで食べづらいことこの上なし。このメニュー、絶対リピーター居ないと思うww

Rに日本の電話番号を伝えてあったか忘れたのでネットも出来ない。今は部屋に戻ってWi-Fiに頼るしか無い。

しかも明日の旅行の為のチケットや、ホテルの予約もしておかねばならず、やることは盛りだくさん。

しかしRと会えない以上それが進まないので気が気では無い。部屋でチケットを捜したりしてRからの連絡を待つ。

ようやく連絡が来たのは午後2時過ぎ。朝来るとか言っててこの始末。マジでどうにかして欲しい。

直ぐに行くからと言ってロビーで待つこと2時間。4時半過ぎに1人で登場。妹と一緒かと思ってたが一安心。


R「seven・・・kid tuk mak mak na」


そう言って人目もはばからず抱きついて来るR。頬にキスを何度もする。


R「Sorry na。 妹が・・・」


1人では居られない妹の世話で・・・みたいな事を言う。どこまで本当なのかはわからないが、妹が極端な寂しがりなのは知っている。


S「OK OK」


怒り心頭のはずなのに、心と裏腹の対応。「待ち人来る」みたいな気持ちになって安心感の方が上回る。

今思えばRが来なかった時のスケジューリングと旅行に行けなかったかも知れない事を回避出来たから、そう感じたんだと思う。

その時のその安心感は彼女への想いだと勘違いしていた。

部屋に戻ると一気にRを押し倒す。


R「待って、シャワー浴びたい」


S「そのままでいいよ」


そう言って攻める。服を脱がしながら胸をしゃぶる。今までRの荒い吐息は聞いていたが、今日は声を出してよがり出す。


R「ダメ、気持ちいい・・・」


S「気持ちいいならいいじゃん」


なおさら攻める。Rのよがり声を聞きながら俄然やる気になる。下を触るとすでにクチュクチュといやらしい音を奏でる。

我慢出来なくなったのか攻守逆転で騎乗位になって挿入しようとするR。それを阻止してなおも攻めるseven。

そして暫くした後、正常位のままインアウトを繰り返す。


R「オァイ、オァイ」


タイ娘特有だと思うけど、「オイ、オイ」みたいな声を出す。日本人だとアンとかアーみたいな声。

そしてそのままRは眉間にシワを寄せてグッと固まる。そして少しづつと表情が緩む。

よし、今度はこっちの番だなと思いながら時計を見ると食事の時間まで40分足らずになっていた。


S「続きは夜な。あ、それと明日から旅行は行けるの?」


R「うん」


S「わかった。食事が終わったら飛行機とホテルを予約するね」


R「はい・・・」



そう言ってRをシャワーに行かせる。何せRは化粧の時間半端ないし。


そして夜8時過ぎ、Nさんとmaxさんとの食事をしに「居酒屋花子」へ向かう二人だった。この時はまだ翌日に再び試練が訪れる事を知る由もなかった・・・


つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

11話 プーケット旅行のブッキング

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


明日旅立ちます。今医者で持病の半年分の薬を出してもらったところです。これからベトナムの子達へのお土産を買えばほぼ準備は完了です。

今回はゴルフ道具やらも持ってくので面倒くさい。ゴルフは余り好きじゃ無いけど現地の親分が絶対もってこいと言うので。

昨晩は家族、親戚で送別会をしてくれました。まぁ、実家で食事して酒飲んだだけですけどね。

あと、朔日出たばかりのiPhone6を仕入先の社長から渡されたのですが、でかすぎて胸ポケットに入らないし、欲しくもなかったので現地のベトナム人部長へのお土産にしました。

あんなの並んで買う価値あるのだろうか。どんな機能があるのかも知りませんけど。





4日目 つづき

Rを連れてホテルから歩いて居酒屋花子へ向かう。maxさんと合流、遅れてノブさんとも無事合流する。

maxさんとノブさんはタイ語でRと会話する。そこで分かったのがかなりsevenを疑っていたこと。

どうもsevenのベトナムでの暮らしに女の影がチラついていたらしい。それと約束の前日に突然来るのも相当怪しんでたらしく、文句タラタラ言ってたみたい。

ま、仕方ないですね。事実ですしw

食事後はホテルに帰り、明日からのプーケット旅行のブッキング。本当にThaiレディとのこういった約束事はギリギリまでわからないので困る。

エアアジアの往復のフライト便とホテルを予約する。ホテルは六回目の旅行で利用したタイガーインホテル。ここはプーケットのバトンビーチに近く、繁華街のバングラ通りにも近いので立地は最高。

しかも一泊2500円とかで泊まれて朝食も美味しい。ホテル横にランドリーがあって1キロまで30Bで洗濯してくれる。一階のレストランはライブもやってるしかなり良いホテルかと。

そしてブッキングを終えるとRは一旦部屋に帰って旅行の支度をしてから部屋に朝9時に来ると言う。一瞬不安がよぎるが流石にここからどんでん返しは無いだろうと。



R「ね、お金頂戴。私お金全然無い。留守の間の生活費を妹に渡したい」


S「は?いくら?」


R「4000B、1000は私が旅行の準備で使う。残りは妹に渡す」


なんか納得いかないものの、お金を渡して帰らせる。


そして案の定翌朝から試練がふたたびsevenを襲うであった。


つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

12話 旅行に妹連れてけいけない?で困り果てる

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


ベトナムへ移動した夜は現地の社長と会食した後、Mちゃんの店に行きました。安物の香水やマニュキュアとかのお土産を渡しました。

最近はお客さんが着いたようで、店にくるときは連絡して欲しいとか、いっちょまえの事言ってましたww

昨日は仕事始めだったのでバタバタしたまま、夜は歓迎会をしてくれたので参加しました。そして飲みすぎて部屋に帰ったらそのまま寝てしまいました。

相変わらずですね。さて、新生活が始まったしベトナムを楽しもうと思います。



5日目


朝9時、予想通りRは来ない。連絡しても返事無し。多分寝てるのだろう。プーケット旅行は昼の2時前にはチェックインしたい。何度もRに電話する。

10時、Rから電話が入る。

R「ね、妹もプーケットに連れて行って欲しいの」


S「は?無理だってwww」


R「便が違ってもいい、私が別の便に乗るから」


S「そんなの無理だよ」


話ながら今日の便を見てみると夜の便しか無かった。


S「夜の便しか残ってないし、空港からホテルまで一時間タクシーに乗るし一人じゃ来れないってば」


とにかく妹が一人じゃ過ごせないとダダをこね出した。もちろん妹がダダこねてるとは思うが。Rも流石にチケットと宿の予約を目の前でした手前、行かないとは言わない。

とにかく妹がネックとなってるらしい。なんで直前にそんな話になるんだ・・・

そこから1時間ほど説得。なんとか一人で来ると言うことになった。

もう心身共ヘロヘロになる。そしてRがホテルに来たのは丁度12時頃だった。


S「妹は納得した?」


R「ううん。彼女怒ってるし、無視して部屋を出てきた」


S「一人で過ごせるの?」


R「友達に頼んでそのアパートに寄せてもらうことにしたよ」


S「そっか。Rも大変だな・・・」


軽く苦笑いするR。何と無く彼女が可哀想になる。


とりあえずチェックアウトを済ませ、MBKへ買い物と食事に出かける。MBKではRの旅行バックを買って日本食を食べながら現地ツアー会社に電話。明日の1日ツアーの予約と空港送迎予約をする。

Rは妹とLINEで何やらしきりに会話している。少し揉めてる模様。

そして午後一時過ぎ、ドンムアン国際空港へ向かうのだった。なんとか予定通りの旅行に辿り着いた安堵感と、ここまで苦労して行く旅行は果たして良いのかどうか。

一抹の不安を抱えながらのプーケット旅行が始まった。



つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

13話 R、突然の豹変

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


ベトナムはまだ暑いですねー。汗がしたたります。今週は土日パタヤ一泊弾丸に行って来ます。R付きなんですけどね。バンコクに居ると店で沢山金使いそうだし、今回は資金を極力残したいので節約です。

あとこちらで気付いたのですが、ハノイバンコク間のエアチケットを買う場合、エクスペディアとかエアアジアで検索してましたが、ダメ元でHISベトナム支店でも検索した所、タイ国際航空がエクスペディアの半額で出ていました。

タイ国際はエアアジアほど安くないけど、発着の時間が良いので多少高くても乗る価値があります。エクスペディアだと五万円代の運賃が一週間切っても往復26000円くらいなのですぐに飛びつきました。

HIS恐るべし。



5日目 つづき


ドンムアンに着いてチェックインを済ますとマックでひとしきり時間を潰して搭乗口で待機。Rは前回同様色んな人に電話をしてプーケット行きをアピってる模様。

午後3時45分、定刻通り出発して5時過ぎに到着。現地旅行会社の出迎えも直ぐに発見してバンに乗車。するとRがお袋さんと電話しててそのままsevenに電話を渡して来る。

元気ですか?みたいな会話をする。何考えてるんだ。1時間ほどでバトンビーチに到着。

ついでに現地旅行会社に立ち寄り明日のツアー料金を支払ってホテルにチェックインした。

チェックインした途端ベッドに横になるR。かなり疲れてるようなので夜8時に起こすから食事に出ようと約束。その間ホテル付近を散歩したりしながら街並みを徘徊する。

六回目の訪泰の時と何も変わらない姿に少し安堵する。Rが起きたら飯を何処で食おうかなーと。

ホテルからバングラ通りに入る手前に何時も観光客で行列を作ってるシーフードレストランがあるのでここにでも連れてこようかなと。

時間になったのでRを起こしに部屋に戻る。勿論寝たまんま。揺すり起こすと何やら異常に不機嫌になってる。

話しかけても返事しないし、全くの無視。何これww俺何かしたっけ?ww

何度も話しかけても返事すらせずにiPhoneをいじってる姿に段々sevenも腹が立つ。



S「わかった、俺は一人で飯食ってくるわ!」


R「・・・・・」


S「もういい!」



何を怒ってるのかすら全くわからない。返事すらしないとか頭狂ってるわ。。。明日のツアーはもしかしたら参加できないかも知れないし、しても最悪の状況になるかも。


慣れて来てお互いが初めてギクシャクした感覚を感じて何とも言えない後悔が押し寄せて来る。


やっぱり無理して連れてくるんじゃ無かった・・・


7回目の旅行でタニヤレディのMちゃんとパタヤに行った時のトラウマが脳をよぎる。


わざと大きな音を立ててドアを閉めると、復活したタバコに火をつけながらプーケット最大の繁華街「バングラ通り」に向かうsevenだった。


つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

14話 BBRに翻弄される



Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


15回目の旅行記が止まっていたので更新します。


5日目 つづき


バングラ通りは観光客でごったがえしている。ビーチまでをゆっくりと見回しながら歩く。ここの通りに出ている呼び込みに連れられて店に入るとボッタクリ価格に変わるので全員無視する。Rとのことで怒りが収まらず、楽しく遊ぶ気持になれない。

まずは腹ごしらえだなとバングラ通りから路地に入ってシーフードレストランに入る。2軒並んで同じような店が並んでいるが、一方はファランや観光客でいっぱいになっている。もう一方はガラガラで客が2人くらいしかいない。何この差www

人が多いほうの店は座る席が無かったので人気のない店の席に座る。オープンテラスの壁際でタバコ吸いながら座ってる刺青のにーちゃんがいきなり立ち上がってこっちにスタスタ向かってくる。こりゃ地元のチンピラが何か因縁でもつけてくるんじゃないかと、思わず身構える。



チ「いらっしゃいませ(^-^)ノ」



机に最初から置いてあるメニューをサクッっと取り出して



チ「メニューです」



と渡してきた。大丈夫かこの店wwwチンピラ店員とか絶対客こねーよww



客が少ない理由はこれだけじゃないとは思うが、味的には無難なカオパットクンとビールを注文。するとチンピラ店員、奥のほうにいる太った女店員に大声でsevenの注文を伝える。女店員がスタスタ歩いて厨房で注文を伝える。そしてチンピラ店員はさきほどの椅子に戻ってタバコに火をつける。

まぁ広いオープンテラスなので、大声で注文を伝達するのは合理的といえばそのとおりなのだが、なんだかなーーーwwwタバコを一服しながら椅子に座るとsevenに軽く手を振る。そんなに悪いやつではなさそう。

ビールと食事を終え、飲みにもう一度、と大通に戻る。腹がふくれたせいか怒りもかなり収まってきた。こっちのGOGOは高いのでバービアを中心に見回る。やっぱバンコクに比べるとレディの質は劣る。こっちはバービアでもお立ち台があって比較的若めの子たちがポール片手に踊っている。
「なんとかデビル」(店名忘れました)と看板のある店に座る。取り敢えずビアシンを注文。 ポールダンスをしてる子が結構かわいいのでこちらを向かないかなとずっと見ていると、その足元でビール片手に飲んだくれてる白いボディコンねーちゃんがこちらにやってきた。


白「ね、私見てたでしょ」


S「は???」


sevenの横に座る。黒髪ロングのその姿は若い風に見えるが、よく見るとBBR(ババア)。眼じりや口元のシワが目立つ。


白「KORIA?」


S「ちげーよwww日本人だww」


最近よくこちらでコリアンと間違われる。


S「なんでそう思ったの?」


白「着てる服でそう思った」


S「・・・・・」



少し自分のファッションも考えなおさなければならない時が来たようだ。



白「ね、お酒おごってよ」


S「ダメダメwジャックポットで俺に勝ったら御馳走するよw」


白「おっけーーーーー!!!」



そう言うと不意打ちでsevenの顔をガシッと持ってブチューーーッとキスしてくる。スルリと舌が入ってきたので思わず頭を下げて口を話す。



S「おいww何すんだよwww」


白「あなたが勝ったらキスだからね!」


S「まだゲームすらしてないだろwwいきなりキスすんなよww」


白「あなたカッコイイ・・だから・・」


ふざけたBBRだがこういうノリは嫌いじゃない。まぁ一回勝たせて奢れば済むだろうと、サイコロを振り出す。するとsevenが勝ちまくる嫌なパターン。自分の唇に口紅が完全に転写した感覚。何この罰ゲームwwするとBBRが一度も勝たない間に目をつけてたねーちゃんが踊り終わり、仲間らしきBBRの元にやってきた。


(でかしたBBR!!)


軽く挨拶と握手を交わす。彼女はLちゃん。ショートカットで浅黒い顔だが一重で肌が奇麗。それよりも中肉中背で胸の谷間もしっかりあるseven好みのスタイル。


そして流れの中でLちゃんもゲームに参加し、3人でジャックポットを楽しむのだった。


つづく


★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

15話 なんとなく仲直り

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

昨晩は部屋のみしたあと、ラーメンを食べに出かけて帰って寝ました。11時ころには寝たので今日の体長は万全。いつもより仕事を頑張ってます。それでは15回目の旅行記のつづきです。




5日目 つづき



BBRとLちゃんと3人でジャックポット開始。そこから適度に負け出してテキーラを彼女達が飲みだす。sevenが勝つとディープキスが待っている。Lちゃんも舌を躊躇なしにねじ込んでくる。

Lちゃんはバドガールのようなワンピースで胸の谷間もしっかり見せている。キスの際に思わず谷間に指を潜り込ませる。嫌がるそぶりも見せず、ニコニコ顔。BBRが私のも触れと胸を突き出してくるが軽くあしらう。



む・・・Lちゃんをペイバーしたい・・・



その時ふとRのことを思い出す。腕時計を見ると夜の12時半。かなり長居してしまった。これ以上遊んでいるとRとは二度と上手くいかない気がしてしまい、会計をする。



B「ね、私ペイバーして・・・チュパチュパしちゃう・・」



フェラの真似をしてアピールするBBR。Lちゃんもそれを促すが



S「ごめん、ほかの店に行く予定があるから。もしまた寄る時があればペイバーするから」



と言い訳をして100Bづつのチップを渡す。彼女たちは深ぶかとYをする。Thaiレディってどんなに酔ってても、こういうときはしっかりと礼を尽くすところがいいですよね。



帰りの露天で100Bのビーチサンダルを買ってホテルに帰った。RはTVを見ながらスマホをいじっていた。



S「ご飯は?食べに行くか?」



R「いらない」



と、返事する。すかさず



S「明日はツアーだけど行けるよな?」



R「うん」



機嫌は直ってる様子。あえてさっきのことは持ち込まずに、いつもどおりに会話してみる。



S「明日着る服とかあるのか?無いなら買いに連れてくよ」



R「無いから買う!」



S「じゃ支度しろよ。行くぞ」



洗面所へ行って化粧やら髪型のセットやらをしだすR。



R「ね?目赤くない?コンタクトの調子が悪いの」



そう言ってsevenに目を見せてくる。洗面所の鏡で自分で見れるはずなのに、そんな事を言ってくるってことは、彼女なりに関係修復を願ったのだろう。



S「大丈夫、赤くなってないよ。じゃ、いこっか!」



R「うん!」



部屋を出ると途端にsevenの腕をからめて甘えてくる。なぜさっきはあんな態度だったのか。そしてなぜ今甘えたのか。理由はよくわからない。しかし、明日のツアーはなんとか行けることになり、そちらの安堵感のほうが強かった。



露店で服を2着ほど買い、セブンイレブンでピザのようなものを買って食べながらホテルへ戻る。そして「明日は早起きだから」と言うことで寝るのであった。ま、さすがにセックスまでする気にはなれなかったしね。


こうして綱渡りのような旅がギリギリのラインで続くのであった。



つづく







★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

16話 バンガー湾に到着

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


今日もハノイは暑かったです。夜はMちゃんと夕食した後同伴でお店に行きました。いい子なんですがガード固いですね。ま、そこも魅力なんでしょうけど。


別に何かするわけでも無いのにsevenの腕が動くだけでMちゃんは反応。胸に近いとガシッとガードします。その気無いのにそうされると少し萎えます。


ただ、それ以外は頭を肩に持たれて手を握ってラブラブなんですけどね。Mちゃんは過去に何かトラウマでもあったんじゃ無いかってくらいです。少し心配になりました。


今回は写真多めです。


6日目



朝7時起床。グーグー寝てるRを叩き起こす。目をこすりながら支度をし出す。

今日は予約しておいたツアー。国立公園のバンガー湾観光だ。ランチ付きで1人3000B。タイ人の旅行会社で予約したら多分半額くらいなのだろうか。
image

タイガーインホテルの朝食。このボリュームで美味しい。オススメです。

8時前、ホテル一階のレストランで食事をしているとピックアップのバンが到着する。慌てて部屋に戻ってバンに乗り込む。色んなホテルを回って乗合となる。

1時間ほど走ると大きな岩山が無数に出ている地域に入る。ベトナムのハロン湾とほぼ同じ景観だった。

そして集合場所に到着。近くの店でRの帽子を買って人並みの流れに付いて行くと桟橋に到着した。
image

この白い帽子を200Bで購入。途中の店で同じやつが半額で売ってた・・・

image

この桟橋の一番奥に船が待っている。

image

こんな感じのクルーザー。

image

船に乗り込む風景。

image

船内はこんな感じ。この日は60人くらいの人が居ました。


そして沖に向かって船が走り出す。段々と岩山が見えて来る。ほぼハロン湾と同じ景色です。
image

image

記念写真。

image

綺麗なとこですね。


Rは終始ご機嫌で楽しんでる様子。ま、取り敢えず良かった良かった。


つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

17話 ジェームスボンド島

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板


今日、朝会社に行くとなんと昨日ビックCで見たローカルスタッフの奥さんが事務所に座ってるではありませんか。

どうも今日からここで働くことになってたそうで、体裁悪いったらあらしなかったですよ。勿論旦那の方に「昨日の事は内緒だぞ」とクギを刺しておきましたが、多分ダメでしょう。

夜は食事後、Bちゃんに会いにマッサージへ行きました。2時間をお願いし、念入りに揉みほぐしてもらいました。Bちゃんともマメに連絡してるので近いうちに食事にでも誘おうと思ってます。




6日目 つづき


岩山がニョキニョキ海から出ているところにカヌーで向かいます。そして鍾乳洞の中に。
image

image

image

似合わないサングラスして気取ってるR
image

船内でビュッフェを食べた後ジェームスボンド島へ向かいます。
image

image


こんな感じでこの日は終日ハッピーなまま、陸地に戻りました。

★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

19話 ディスコ「タイガー」

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

15回目の旅行記のつづきです。とぎれとぎれですみません。



6日目 つづき

夜12時頃シャワーを浴びてRと夜遊びに繰り出す。お目当てはプーケット最大のディスコ「タイガー」へ行くこと。ちょっとムッとしたのが、Rがさっき買った2着の服を着てこなかったこと。


S「さっきの服は着ないの?」


R「うん、あれは妹へのお土産」


S「ちょwwなんだよそれww」


まぁ1着200B程度なんでそこまで怒れはしなかったけど、人の金で買う土産って土産と言えるのだろうか。彼女たちには「物や結果」さえあれば、土産という意味や意義に何の価値も無いのだろう。


気を取り直してバングラ通りを歩く。路地に入るとピンクのランプで照らされた、いかにも昔の温泉街にありそうなスナックのようなGOGOがあった。なぜかRがここに入りたいと言う。


S「ここってGOGOバーだぞ。ここに入りたいのか?」


R「うん。プーケットのGOGO見てみたい」



まぁ確かにそうなんだろうが、仕事柄地方の同業を見てみたいという感情になるのかな。



店に入ると中もピンクww おいおいwwドリフの「タブー *注1」じゃあるまいし、何この場末感www

*注1(40年くらい前に加トちゃんがハゲかつらして「ちょっとだけよ。あんたも好きねぇ」と言うストリッパーを真似した往年のギャグ)

店の大きさはちょうど15畳程度。中央に5人分のポールが立ったお立ち台があり壁沿いに席がベンチシートのように置いてある。客はハゲたファランが一人と、日本人カップルと見られる1組のみ。

ダンサーは3人。上半身裸でTバック姿。ダンサーの少なさにも驚いたが、その半端ないBBR(ババア)っぷりにもWで驚いた。流す曲はレインボー3みたいなノリノリな曲なんだが、踊るBBRがボケーっと足踏みしてるのみww

断言しよう、ダンスでは無い。足踏みだwww


S「おいおい、何このBBR。すごいなww」


Rに思わず口走る。Rは彼女達をかばったのか、かなり強めにsevenの腕にグーパンを入れる。


S「痛てててwお前痛いよww」


R「シャラップna」



口に指を立てて黙れと言う。ま、確かにダンサーには失礼だとは思うので口をつぐむ。ボケーと見ていると、一人のBBRがsevenにこっちへ来いとジェスチャー。何かと思い、スタスタお立ち台の前に行くと、後ろを向けと言う。言われるままにするといきなり背中に「バシッ!」と言う大きな音とともに痺れるような痛みがくる。




S「ちょwww痛てててwww」



振り返るとBBRは空気の入ったビニール棒のようなものを持っていて、それでsevenを引っ叩いたのだった。



ん・・この棒って通りのあちらこちらでパンパン音たてて机叩いてたねーちゃんが持ってたやつと同じだ・・・



Rはそれ見て大笑いしている。BBRは今度は私を叩いてみろとケツを出す。何度か叩くがBBRのようないい音は出ない。それ見てまたRはケラケラ笑う。まぁ楽しんでくれたならそれでいっか。



そして店に30分くらい居たのだろうか、BBRに100Bを渡し、会計を済まして店を出た。



次に目的のディスコ「タイガー」に入る。さすがに豪華。1FがライブBar、2Fがディスコなのだが、2Fの階段上がったフロアですでにDJが音楽をかけている。サイドバーでは店員がカクテルなんかを作ってる。ここはテクノ系のsevenが好きな音楽がかかってる。しかし、客はまばら。フリーエリアなので入場料も無い。


DJが居る席の奥に人だかりと歓声が上がっている。どうやら奥にもディスコがあるらしい。


Rを連れて奥へ行くとこちらは一人1ドリンクで300Bの料金。バンコクのインソムニアと同じような感じ。こちらはファランを中心に地元タイ人なんかもたくさん踊っている。しかし、曲がレゲエ。ビートが遅いし、曲調もseven好みでは無い。

数曲聴いて似た感じだったので入口の無料エリアに戻る。相変わらず客は少ないがインソムニアやスクラッチでかかる定番の曲が流れる。

ここでダンス開始。ほとんどの客はここを通過し、奥へ行ってしまう。DJは頑張って乗せようと声を張り上げるが、何せ客がseven達と金のなさそうな地元ネーチャン数人のみ。黒服のほうが客の数より勝ってるww

まぁお立ち台も無いけど、テーブル横で一人で踊り狂うseven。ミュージックは最高なんですよwRも時々体揺するものの、ノリきっては無い様子。どうもアウェイ感と客の入りが阻害要因になっている様子。アウェイ感で言えばsevenのほうがアウェイなんですけどねww

深夜2時、インド系の客が増えたことでRが不機嫌になり、踊りまくるsevenを引っ張って強制送還に近い形でホテルに戻ったのだった。




つづく



★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

20話 楽しかったプーケット旅行

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

昨晩はサッカー見てガッカリしたあと、夕食を食べて予定通りBちゃんの待つマッサージへ行きました。言葉が通じないので会話は少ないのですが、いつものように丁寧に揉み解してくれました。出来れば股間もほぐしてほしいのですが、そちらの夢は叶わず。

Bちゃん、LINEでは「love you」なんて言ってくれるようになりました。「Really?」って聞くと「Yes baby」だって。どこまでLoveなのかよくわかりませんが嬉しいですよね。マッサージ中も目をつむってるsevenの頬を指でツンツンして「baby」って言ってくれるのですが、意味がわかりません。赤ちゃんとか子供みたいってことですかね。



7日目


朝9時に起床。ホテル1Fで朝食を食べ、前日に出した洗濯物を近くのランドリーで受け取る。その隣にマッサージがあったので二人でフットマッサージを受ける。

どうもインドマッサージらしく、お釈迦様のような絵がそこらじゅうに飾ってあり、流れてる音楽が「ナマステ~♪ナマステ~♪」とか歌ってる。祭壇?みたいなものが入口横あたりに飾ってあり、暇なおばさんがお祈りのようなことをしている。

痛かったらやばいなーと思ってたけど、小さな棒を使ってやる程度でほとんどタイ式と変わらなかった。マッサージしてくれるおばさんはタイ語でRと会話してたのでタイ人だと思う。額にホクロみたいなのもついて無かったしね。

1時間ほど施術され、11時頃チェックアウト。Rがビーチへ行きたいと言うので歩いてパトンビーチへ。綺麗な浜辺で写真を何枚も撮らされる。
image
image
image

昼2時、ホテルタクシーで空港に向かい、午後5時の便でバンコクに帰るのだった。


初日の夜は色々あったものの、結果的には楽しいプーケット旅行となりました。Rも日頃はあまりワガママ言わないので、気づかれはさほどしませんでした。でも、やっぱり繁華街へは男だけで行くものですよね。



つづく







★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

21話 プチ男祭り

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

今晩はHちゃんと食事andラウンジの予定です。KICHI KICHIという回転鍋屋(Thaiで言うShabushiみたいな店らしい)に連れて行ってほしいとの要望。話によれば結構安いみたいです。

Hちゃんも会う回数を重ねているうちにかなり仲良くなってきましたので、今日はkissでもしてみようかと。彼女が嫌がったら望み薄いですよね。ここから先は諦めようと思います。




7日目 つづき


ドンムアン空港に降り立ち、スクラッチドックが地下にあるウィンザースイーツホテルへ向かう。Rは一旦アパートに戻って着替えてから深夜スクラッチドックへ行く約束をした。

ここから少しの間独り身なので現地在住のアイウアンさん、Nさん、maxさんと飲むことに。場所はソイ20の居酒屋「繁盛」。アイウアンさんの同居してる彼女の話を聞きながら写真なんかを見せてもらいました。可愛い人です。アイウアンさんは嬢ではなく、一般女性とお付き合いしているとのこと。

ここ1年以内に結婚するのか彼女から回答を迫られてるとかで、どうしようかなーとか言ってました。もし、ゴールインが決まったらパーティに参加したいですね。

Nさんからはパタヤのバービア嬢の話。パタヤではラブラブぽいですw maxさんからはタニヤに気になる子が出来たとかで写真を見せてもらいました。か、可愛い・・・

そして4人で「プチ男祭り」開催です。


まずはソイカのシャークへ。1F席は余裕で満席、2F席でくつろぐことに。ここでインド駐在のYさんとお会いする約束。しばらくしてYさんとも無事に会うことができて、ここで働く愛しの彼女まで紹介していただきました。いやー、シャークを代表するTOPレディだけあって風格ありますね。羨ましいっす。

その後は、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの「クレイジーハウス」へ。日本人オーナーだと言うことで、営業の仕方が上手と言うかツボを心得てるって感じでしょうか。まだ3回くらいしか覗いたことありませんが、全裸店にしては全然雰囲気もいいし、女の子も昔よりかなりレベルUPしている気がします。バカラよりも入りやすいし、人気も競っている感じです。

もちろんここも1Fは満席。2F席に腰掛けます。2Fのほうはレディ8人くらい。半分くらいが全裸組です。可愛い子は残念ながら少なかったですが、ノリは凄いですね。自称18歳の金髪全裸レディがsevenの膝に乗ってきます。

いきなりディープキス。彼女の顔は目もとが黒ずんでいるし小じわも目立ち、はっきり言うとブスです。むしろ病的なイメージです。ここに通ってる人はどんな子かすぐわかるんじゃないでしょうか。異常なほどのテンションでsevenの膝にのって腰を振りまくります。

sevenの股間と彼女の股間がこすれる。彼女は次第にハァハァ言い出し、恍惚の表情になる。最初は調子よく彼女の動きに合わせていたものの、彼女の股間の擦りつけが余りに激しいし、恍惚の表情。








(や・・・やばい・・・こいつ俺でオナってる・・・)






そしてイキナリ腰の動きが弱まると、ガクっとしたように表情が緩む。おいおいwwww


隣に座っているNさんに(maxさんだったかも)



S「この子やばい、イったみたいだよ・・・」



N「たぶんシャブ中ですよww」



ちょwwwwシャブ中ってwww



まぁ実際はどうなのかわからないが、目の周りの黒ずみ、異常なテンション、その素行を考えるとあながち嘘とも言えない。いったいこの子何者なんだよww



するとmaxさんが奥のポールで踊ってる全裸レディを見て


M「あ、あの子しっぽ生えてる。すげー」


見るとおしりの尾てい骨から、2cmくらいのしっぽがニョキっと生えている。これも通ってる常連さんなら知ってる事なんだと思う。細身の彼女はそんなの気にせずに踊っていた。逆に言えばそれが彼女のウリなのかも知れませんね。実際maxさん興味津々でしたw


こうしてお開きとなり、金髪レディに100Bを渡し、解散。ホテルに戻りRの到着を待つことに。


Rが来るまでシャワーでもと、ズボンを脱ごうとすると、黒いズボンの股間にうっすらと白っぽいシミが。




S「ちょwww あの金髪ーーーっ!!!」





つづく




★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー

22話 最終話 Rとの別れ

Seven's Thai読者の皆様へのお願いです。
↓の「タイナイト情報」のバナーを1日1クリックだけお願いします。
そのポイントの累計でランキングを上げることができます。

にほんブログ村

Love Thai総合掲示板

生まれて初めて水虫になったsevenです。こんにちわ。ベトナムの高温多湿を舐めてました。Bちゃんがフットマッサージ中に右足の指の間を角質取る道具でグリグリやってたのを思い出して着換える時に見たら親指と人差し指の間の皮がズル剥けになってました。

それわかってて昨日もマッサージしたのですが、Bちゃん、sevenの水虫がわかっててもしっかり指の間の掃除やマッサージをいつも通り「素手」でやってくれました。さすがプロですね。正直その部分には触れないだろうと思っていましたから。

夜はHちゃんの店で水虫になった話をしたら「見せて!」と言われたので靴下を脱いで水虫を見せました。すると、うんうんと頷いたような表情をしたあと「良く効く薬があるから私が買ってきてあげるね」と優しい言葉。

水虫に気がつくまでは気にもならなかったのですが、今足の指が痒くて仕方ないです。でも掻くと悪くなりそうな気がして我慢してます。



今日はウーマンデーです。昨日買ったチョコを同じフロアの子にまとめて渡し、皆に配るようにお願いしました。仕事を終えたらBちゃんの店でマッサージとウーマンデーのプレゼントを渡し、その後はHちゃんの店に行く予定です。

Hちゃんとの関係もsevenが優位に立たないと、これから大変になりそうなので少し立場を逆転するような行動をしようと思います。上手くいくかわかりませんけど。





7日目 つづき



シャワーを浴びながらRを待つ。約束の11時が過ぎる。待てど暮らせど連絡も来ない。ようやく現れたのは深夜1時前。Thaiレディの時間のルーズさには、ほとほと困ってしまう。しかも妹も一緒だった。

ホテル地下にある「スクラッチドッグ」へ3人で向かう。すでに人は満タンで会場の雰囲気は絶頂になっていた。席は会場から一段上がったカウンター席に陣取る。この雰囲気の中、2時間も遅刻されてブルーになっているsevenのテンションは中々上がってこない。

カウンターの片隅ではハットをかぶったじいさんが水タバコを吸いまくってる。何度も新品に交換している。こんな年寄りが何故にディスコ??と疑問を抱く。

sevenはタバコを吸いながらあたりを見回す。中々このハイテンションに馴染めず、時間が過ぎる。吸ったタバコを床に捨てるとじいさんがその姿を見つめる。なんか嫌な感じ。

するとRと妹のAちゃんがそのじいさんに挨拶をして握手する。



R「この人、ここのボスだよ。sevenも挨拶して!」



そう促され、sevenもどうもどうもと握手。にこやかな顔して挨拶してくれるじいさん。きっと裏では怖い人に違いない。


深夜2時半、急に会場が明るくなりディスコ終了。まだ遊び足りないsevenはカラオケに二人を誘う。タクシーで色々回るが、見つけることができずホテルに帰る。遅いのでAちゃんもホテルに一緒に泊まったらと言うことでエレベータに行くも入口でホテルマンに静止される。

二人まではOKだが、3人はダメだとのこと。少し交渉してみたがダメだと言うのでRも帰すことにした。Aちゃんをロビーに待たせ、二人で部屋に荷物を取りに戻る。


R「ね、お金ちょうだい」



S「なんで?」



R「この前のお金は全部妹に渡してもう無いから」



S「なんだよそれ。いくらいるんだ?」



R「5000B」



S「ほら、持ってけ、明日は9時に来いよ?マッサージとタンブン行くんだろ?」



R「はい」



そう言って金を渡すとRは帰って行った。なんとなく嫌な感じは残ったものの、翌日は帰国日。終わり良ければ全てよし!という事で帰国時間の夕方4時までRと最後の思い出つくりをしようと思っていた。




8日目


朝9時、Rはもちろん来ない。sevenは1時間前に起きていたものの、どうせ時間には来ないだろうと思っていた。そして10時過ぎて電話をするも応答なし。11時過ぎにLINEで寝過したと連絡。すぐに来い!と伝え、Rを待つ。腹が減ったのでターミナル21へ行って食事。戻ってすぐにチェックアウト。この頃からバンコクは雨。そして荷物をフロントに預ける。

Rに連絡するも既読にすらならない。何やってんだ。イライラが募る。そして近くのマッサージへ1時間フットマッサージ。Rから連絡が来た。



R「雨が降ってて行けない」



この言葉だった。怒りが頂点になる。



S「それならタクシーで来いよ」



こうしろ、ああしろと言うと返事は「はい」と来るが行動はしていないR。何を考えているんだろう。妹がネックなのか?マッサージも終わり、午後3時。ホテル出発まであと1時間。元々一緒に空港まで行く約束だった。



S「あと1時間。もし来ないならGood Byeだ!」



R「Hm」



何がHm(フム)だ。ロビーの喫茶店で待つseven。そしてタイムリミットの4時になる。スクっと立ち上がり、玄関でタクシーを拾う。もしかしたらRが息をきりながらくるかも!とあたりを見回すが、そんなに甘いものでは無かった。



S「もう、お前とは終わりだ。Good Bye」



そうLINEを打ってタクシーに乗る。空港へ行く最中、何か返信があるのか待ってみるも無し。Rはこんな適当でルーズな女だったのか・・・


そう思うと再び怒りがこみ上げる。結果的に彼女と上手く行ったのはプーケットでの2日間のみ。あとはRの行動に振り回された旅立った。


チェックインを済ましてイミグレで順番を待つ。スマホでLINEを確認する。既読にはなってるが、返事は無いまま。



S「本当にサヨナラ・・・」



そう送るとそのままRをブロックする。さて、この旅は「愛しのレディ」との決別、そしてRとの終焉。この二つが一度に訪れた旅だった。そして8日間の疲れがどっと押し寄せてくる。中継地点のホーチミンへ向かいながら浅い眠りにつくsevenだった。




15回目の旅行記 おわり





*15回目の旅行は過去で一番長い滞在となりました。中身はと言うとご報告の通りです。過去の中でもダメだった旅に近いと思います。Rとは一度決別を決意したのですが、日本に着いてから結果的にRを許すことになりました。

今思えばもう一日一緒に居るはずなのに、その前日に金をくれと言うのは翌日は会わない事がわかっている確信犯だったんだなと思います。他の客との予定があったのか、何か用事があったんでしょう。

しかし、あの時の事は忘れることはできるはずも無く、今でもどこか彼女を信頼できない自分が居ます。彼女の事は今でもかわいいし、楽しく遊んでいられるのですがこの溝は埋められないんじゃないかと思います。

そして先月末、弾丸でパタヤにRと行ったのですが、すごく楽しいのですが、彼女を愛しきれない自分も居ました。ベトナムでの事もあってRと今後どのようになるのでしょうか。自分でもわかりません。








★掲示板をリニューアルし、Love Thai総合掲示板(通称ラブ・タイ)として生まれ変わりました。

Love Thai総合掲示板

↓ 投稿の励みになります。ポチッと1日1クリックお願いします!


キングオブタイナイト




タイナイトブロガー
お勧め新着記事
2013.08.20以降のアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2013.08.20以降の訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
非公開メッセージ
  • ライブドアブログ