Seven's Thai

40半ばにしてタイに目覚める。擬似恋愛に憧れるが未だ擬似恋愛した事がないオッサンの哀歌。

18回目の旅行記

Profile:[ seven ]
①結婚していても恋したい
②離れていても愛されたい
③色んな女性と遊びたい
そんなオバカな夢を追い続けるオッサンのThai旅行記。
果たして願いは叶うのか・・・

1話 プロローグ

さて、間が空いてしまいましたが18回目の旅行記に入りたいと思います。

この旅はハノイ駐在時の15年2月。旅行記の中では初のカンボジア2泊とバンコク1泊の周遊の旅でした。

同じ会社のMさんを誘って二人での旅です。このMさん、中々の人物で、大酒飲みの痛風持ちの47歳。仕事はいたって真面目で職人気質。

普段は優しくて人望も厚いのだが、酒が入ると一変する。人に絡む事は無いけど一人では立て無いほどベロンベロンになるまで飲む。そして女の扱いをseven以上に知らない女好き。

これが度々ベトナムレディとの間がこじれる原因となる。あと彼は極度の方向音痴で直ぐにハノイ市内で迷子になったりする。何度も迎えに行ったり酔い潰れた彼を部屋に担いだり。

歳は一つ違うだけなのにsevenさん、sevenさんとまるで少年のよう懐いてくれて、彼と付き合うのは少々面倒な面もあるのだが、可愛い後輩としてよくつるむようになっていた。


そんなMさんを誘って今回の旅を計画。カンボジアのアンコールワットの見学とバンコクでの夜遊びを彼と楽しむ事にしたのだった。

Hからは何故私を連れて行かないのか?と散々怒られたが、女遊びも含んでるので連れて行く気はさらさら無かった。その代わり毎日、朝昼晩のメールを必ずする約束で許しを得たのだった。


1日目



Mさんとの集合時間は午後3時半。それまでは部屋でHとマッタリ過ごしていた。Hはほぼ毎日sevenの部屋に居ついてて、ほとんど寝起きを共にしていた。


昼過ぎにMさんから電話が来る。


M「sevenさーん、余りに暇なんで今からそっち行っても良いっすか?」


S「良いけど、部屋にH居るけどいい?」


M「全然オッケーっす!」


S「それなら良いよ!待ってる」


電話を切り、HにMが来る事を伝える。Hは店で酔っ払ってるMしか知らないので、かなり印象が悪いのは知っていた。


H「えーーー!Mさん来るの?sevenさんは私と二人だけは嫌なの??」


Hはストレートに嫌とは言わず、遠回しに拒否する。そこら辺は日本人に似ている。まぁ予想はしてたが女の反応を気にして友達を呼ばない男にはなりたくない。

勿論、日本の家庭ではカミさんの発言が一番なのですが・・・


S「まぁ俺の友達だしさ、頼むわ。わかってくれ」


少し不納得な顔をしながら


H「わかったよ!それならお昼ご飯の支度するね!Mさんの分も作る」


普段何も作らない癖に急にしおらしい事言うのも日本人ぽい。


S「ご飯は要らないよ。お酒飲むだろうから何かおつまみでも作ってくれたらいい。別に下のコンビニで買ったもんでもいいぞ」


H「わかったよ。でもまず部屋を片付けるね」


そう言ってベッドルームへ向かって行った。やっぱベッドルームの片付けが一番か。まぁ気持ちはわかる。


程なくしてMさん登場。お土産にフランクフルトソーセージとビールを持ってきてくれた。旅行鞄も持ってきていた。


早速Hがソーセージを炒め出した。日本のTVを見ながら飲み出す。冷蔵庫の中にあった漬物なんかをつまみにする。Hが炒めたソーセージも程なく出てきた。


H「何か買ってくるね!」


S「まぁそんなに働かなくてもいい。ここに座ってお前も少し飲めよ」


H「わかった。でもコーラを飲む」


Hが隣に来て3人で飲み出した。


M「いやー、sevenさんとHちゃんは仲いいっすねー。若い奥さんが居るみたいですね。羨ましいっす。僕なんかアインちゃんと半年も経つのに何も進展しないし」


Hもその言葉に気を良くしたのかニコニコしながら会話に参加する。


H「Mさんもアインちゃんと会う時はお酒飲まないで会えば良いのに。いつも酔っ払うから進まないんだよ☺️」


ちょwwwニコニコしながら何キツイ事言ってんのwww


M「だよねー。わかってるんだけどねー。マァこんな僕が嫌なら嫌って言ってくれたら踏ん切りついてバイバイ言えるんだけどねぇ・・・」



S「いやいやwwwそこはお酒控える方向で考えようよwww」



M「あ、sevenさんまで厳しいこと言うーww」



そんなたわいもない話で盛り上がる。いつしかビールも無くなり、酒と焼酎も一本づつ空になっていた。



S「あ、そろそろ時間だな」


H「じゃ、タクシー電話をするね!」


S「おう、頼む」


通常片道400000vndくらい(約2000円)くらい取られるのだが彼女が電話して交渉すると約半額で行けるのだ。


こうしてタクシーに乗り込み、Hがアパートの玄関で手を振って見送ってくれた。これから観光して女遊びもすると思うと少し心が痛む。

でもHの存在は別格なのでこれからも付き合いは続けるつもり。そんな事を改めて思いながら空港に向かった。



つづく


2話 シェムリアップ

1日目


夜6時にハノイを飛び立つ。7時過ぎにはカンボジアのシェムリアップに到着した。予想以上に小さな空港で飛行機から徒歩でイミグレを目指す。

イミグレではVISAも取らなければならず、事前に書類を作らなかったのでこの場で作成する。写真だけは持ってきた。

ここで準備不足だったのが書類は全て英語の為、所々何を書けば良いのかわからない。インターネットにも繋がらないので困り果てる。

何度も審査員の指摘を受けながら書き直し、ようやく完成したのが空港に着いてから1時間半を超えていた。VISA代の30$もこの場で支払い、ようやく全ての手続きが終了した。

夜8時半過ぎにイミグレを通過し、エアポートタクシーに乗り込みホテルを目指す。料金は6$と安め。

タクシーの中でどっと疲れが出る。ハノイの自宅の部屋で飲み過ぎたのもあったと思う。


S「Mさん、今日のところは繁華街で少し飲んで早めに寝ましょう。かなり疲れたので無理すると明日からがキツイしね」

Mさんもこの意見に合意する。タクシーは約10分程で繁華街に入る。出歩き易いようにわざわざ繁華街にあるホテルを予約した。

ホテルは思ったよりかなり汚く、古めかしいものだった。一階のフロアは夜はBar、朝は朝食会場になっている。

フロアの隅っこにあるカウンターで手続きをして部屋に入る。なんか湿っぽい感じ。タイでも安いホテルだとこんな感じ。
image

シャワーも部屋の半分がタイル張りになっていて、ビニールカーテンで仕切られている簡素な造りの部屋だった。これでも一泊6000円。

観光資源しか外貨を獲得出来ない国なので仕方ない。ちゃんとしたホテルだと軽く1万超えになるので我慢する。

9時半頃にMさんと合流し、歩いて繁華街を探索する。繁華街の名前はパブストリート。そのまんまだが至る所に英語でPub streetとネオン看板が出ている。
image

聞くところによると、外人観光客向けに作られた繁華街で店も洋風な店ばかり。イメージで言えばパタヤのウォーキングストリートのような感じ。勿論GOGOは無い。

マッサージ屋、露店、パブレストランが連なっている。客もファラン中心に韓国人や日本人なども少々見かける。交差点には無数のトゥクトゥクが客引きをしている。

シェムリアップではタクシーほほとんど見かけない。トゥクトゥクかバイタク。料金は近場なら2-3$と安い。


一通り歩いて見学し、バーに入って遅い夕食とビールをグビグビ。
image

image

夕食はホットドックと唐揚げ。案外美味しかった。

一服終えて露店で土産物を物色して1日目は終了となった。明日はアンコールワット観光と夜遊びの予定なので楽しみ。


つづく




3話 アンコールワット

13日からタイへ行ってまいります。勿論二泊の弾丸です。Cとは結構ラブラブな感じで楽しいです。

2日弾丸ですが一泊はホアヒンに一緒に行く事にしました。嬉しい事に早朝空港まで迎えに来てくれるそうです。



2日目


朝7時半、Mさんとホテルフロントに集合し、朝食を取る。8時にトゥクトゥクの運ちゃんが来る事になっていた。

トゥクトゥク一日貸し切りで19$。事前に旅行会社に頼んでブッキングしておいたのだ。

待合わせ時間から30分遅れで運ちゃん到着。時間のルーズさは東南アジア共通なのだろうか。

早速運ちゃんお任せコースでアンコールワットへ向かう。と、その前に入園料の支払い。料金を支払う為だけの場所があり、そこで一日オンリーの入園料20$を支払う。

顔写真を撮り、顔写真付きのパスポートのような券を受け取る。これを各遺跡の門番みたいな人に見せる仕組みになっている。

そこらか遺跡観光スタート。アンコールワット以外の寺院にも立ち寄る。
image

image

image

image

image

image


とにかく広いのなんのって。ただ、段々似たような遺跡に飽きてくるsevenとMさん。確かタイのスコータイ遺跡もこんな感じだった事を思い出す。

段々日も高くなり、汗ダラダラでかなり体力が消耗する。このままだと夜遊びに影響しそうなので午後三時頃、トゥクトゥクの運ちゃんに頼んでホテルに帰る事にした。

こんなの一日回ってたら死ねます。マジでwwただ印象的だったのはどの観光場所にも居る裸足の幼児たちの売り子。

無視できずについつい買ってあげるとワラワラと子供達が群がってくる。客の心理を突いた商売なのはわかってるんだけど、親心出ちゃいます。Mさんとガラクタをしこたま買いましたww
image

昼飯は運ちゃんオススメのレストラン。奢るからお前も来いと半ば強引に誘って3人で昼飯食ってました。
image

暑さにやられそうになったのでアンコールワットの土産物屋でも一服。ビールうめぇwww

少し熱暑病ぽくなっていたので部屋で
一休みし、夜6時半から夜の部を開始する事にしたのでした。


つづく


4話 ディスコ ディスコ ディスコ!

無事バンコクから帰ってきました。Cとは結果的に上手く行ったかなー。ただ、直ぐ怒るので扱いが少し難しいかも。

段々お互い慣れてきたのか、Cもかなり自分の意見を通すようになりました。でもそれだけ近づいてるのかなーと。

彼女は明日からシンガポールへ出稼ぎに行くそうです。勿論反対しましたけど意思は固いようで。それ以上は引き止めれませんから。

昨日は一緒にシンガポールへ行く為の服やらなんやらの支度でお金を結構使いました。何やってんだか。

まぁ仕方ないですね。彼女にとってはかなり厳しい仕事になると思いますが、疲れ果てて帰ってきた時に癒してあげれればなーと。

シンガポールでのセックスワーカーはかなりハードだと思います。彼女と一緒にいる時も彼女のお母さんから電話があって「行くな」と言われてました。それでも行くのですから。

sevenとしては、Cの心と身体にダメージがこない事を祈るしか無さそうです。




2日目 つづき


夜6時半、予定通りホテルのロビーでMさんと待ち合わす。Mさん、暇で既にロビーでビール飲んでました。

まずは食事からと、昨日行ったバーで軽く飲み出す。2時間くらい飲んだがまだ8時半。遊ぶには早いのでマッサージに行く。

マッサージは一時間で6$。タイと比べれば少し安めだが、やってみると「なんちゃってマッサー」なのでイマイチ。こちらの人は誰でもマッサージ師になれるぽい。

マッサージが終わり、ディスコを探す。1件目はパブストリートにある店。ここは音楽はダンスミュージックだが、踊ってる人が居ない。

なんだ、この店ww客はかなり多いのだが飲んでるだけ。早々に店を出る。トゥクトゥクのおっさんにディスコへ連れてけと言うとKTVと言うディスコに連れて行かれた。

KTVってのはカラオケもあってネーチャン達も居るらしい。どちらへ行くかは自分で決めて入る。勿論自分らはディスコ。

中央のダンスステージを囲んだシートに案内される。程なくしてレディ達がやってくる。ママさんがこの子達を一緒にどうかと誘ってくる。

二人ともかなり可愛い感じなのでOKを出す。二人とも浅黒い肌だがかなりの美形、スタイルも申し分無い。

ミュージックもEDMど真ん中で最高の雰囲気。踊りまくる。ネーチャン達は連れ帰って欲しいので直ぐに誘ってくる。

その誘いに耐えきれなくなったMさんは早々にお持ち帰りする事に。2時間で70$、あとママに10$払うのが料金らしい。

sevenに着いた子もかなりいい感じなのだが、こちらはまだ踊り足りない。余りに連れ出しを誘うので面倒臭くなって断った。もう少し付き合ってくれたら連れ帰ったのに・・・


KTVで踊り足りないsevenは店の前に居るバイタクに話しかけ、別のディスコへ連れてけと言う。

するとバイタクは最初の誰も踊ってない店に連れてくので、ここは嫌だからお前らが行くローカルなディスコへ行けと伝える。


そして来たのは完全ローカルなディスコ。外人すら見かけない完全ローカルディスコだった。

流すミュージックはバリバリEDM。ウハッ、いいとこ来たなと、ズカズカ中央に入り込む。

店内は満員御礼、めちゃ人が多い。見た所皆10代みたいな若さ。女の子達もドレスアップしていてタイのディスコとあまり変わらない印象。ただ外人とおっさんは居ない。その位の違い。

リズムに合わせて踊っていると、周りの学生ぽいにーちゃん達がsevenのダンスが気に入ったらしく、同じ動きをし出す。

調子づいてそのにーちゃん達と一緒にsevenダンスを踊り出した。すると周りに人が集まって来たので何となく恥ずかしくなって、彼らと握手して更に中央に入り込んで踊り出した。

DJが余り客を煽らないので逆にsevenがDJを煽ったりして汗だくで踊る。段々と足が疲れて上がらなくなった。

時計を見ると既に三時過ぎてたので帰る事に。外に待機してるトゥクトゥクにホテルを告げて帰宅。

その時思った。





あれ?俺、金一銭も払ってねえぞ??



後になってわかったが、そのディスコは飲み物代だけ払うシステムらしく、何も頼んでなくただ踊ってただけなのでタダだったみたい。


なんてお得なディスコなんだろう・・・


このシステムはベトナムと同じ。ただベトナムは最初に何飲むか聞いてくるのでそこの違いだけ。


そんな感じで女を抱く事も無く、2日目が終了した。



つづく















5話 バンコク到着

今日からCはシンガポールへ出かけたのですが、今朝から全く連絡がありません。

現地でシムを買うまでは連絡は出来ないとは思いますが、せめて出発前に連絡くらいして欲しかった。

まぁ、意を決して出掛ける訳ですからsevenに構ってる余裕など、なかったのかもしれませんが、自分の優先度の低さを改めて感じた次第です。

少し逆上せてた自分を見直さないと。


3日目

昼過ぎの1時便でセェムリアップからバンコクに向かう。バンコクでの一泊でこの旅は終了。カンボジアでは女を抱いて無いだけに期待が膨らむ。

バンコクではソイカーボーイ直ぐ近くのホテルをブッキング。一泊で5000円程の安宿だ。

チェックインを済ませ、遅めの昼飯をMさんとソイカのオールドダッチで食べる。今日は初バンコクのMさんの為に動こうと決めていたので行きたい場所を聞いてみる。

Mさんはエロマッサージに行ってみたいとの事だったのでsoi35のオーキッドへ連れて行く。

Mさんは背の高めのスレンダーガールをチョイス、sevenはムッチリ巨乳の子を選んだ。

何度来ても「玉もみ」はいいですねー。身体の力が抜けて気持ちいい事この上無いです。

マッサージもしっかりやってくれるし、最後は正常位で果てました。料金はVIPルーム込みで2700Bでした。女の子にはチップ200B渡しておきました。


すっきりした所で一旦ホテルに戻り仮眠。夜の部に備える事にした。


つづく




6話 すげーよ、Mさん!

Cですが、シンガポールへ行ったその日に帰ってたようです。理由はVISAが取れず、警察から追い返されたとの事でした。

観光なら30日はノービザで良いはずですが、きっと労働するつもりがバレたのでしょうね。どんなやり取りがあったのかは聞いていません。

それ以後、Cはナナで働いているようです。こちらに戻ってからは、彼女からの連絡は来ないので、こちらからもするのは辞めました。

もう追っかけるだけってのは本当に辛いですから。

所詮、僕は最初から客の位置から抜けては居なかったか、前回会った時に客の位置に下がったのでしょう。前回会ってから急に連絡が来なくなりましたから。

今までならかなり凹むのですが、やっぱりHが居るためかダメージは軽めです。でも寂しいのは変わらないです。

もっといい男になって「惜しかったな」と思わせてやりたいのですが、いかんせんオッさんになり過ぎました。

でも男を磨き続けないと今度はHまでも失うかも知れないので、そういう意識だけは保って行こうかなと。



3日目



夜は読者のNさんとmaxさんとも会う予定だったがNさんは都合がつかず、maxさんと合流してMさんと三人でソイカーボーイに入る。

先ずはバカラに潜入し、綺麗どころを拝む。でも何となく年齢層かなり上がったような気が・・・。

次にクレイジーハウスに入り、かぶりつき席に通される。Mさん早速女の子を呼んでモミモミしてます。

sevenにも年増の全裸ネーチャンがノリよく誘ってきたが、好みじゃないのでパス。この店は来る度に可愛い子が増えてる感じですね。客も凄いし。

そしてスージーウォンに入り、Mさんの度肝を抜かせる。なんてたって全員全裸ですからねー。目を白黒させてました。

でもそこで怯まないのがMさん。すかさず若い子を選んで席に呼ぶ。オッパイ揉みながらこの子を買いたいと言う。しきりに「この子オッパイかたいわー」と満足げ。

彼女はまだ若いらしく、外には連れ出せないらしい。ママが店の二階のヤリ部屋なら良いとオッケーを出したので、そそくさと2人は二階に上がってしまった。

暫くしてMさん復帰し、三人でシャークの店前で知り合いの呼び込みの子達と談笑。

すると呼び込みの子から、どうしても紹介したい子が居ると言われ、店に入る事に。ここでmaxさんも用事が入ってしまい離脱した。

紹介されたのはAちゃんと言う巨乳の美人。胸は硬いのでシリコンだ。まぁ紹介の子を断るのも失礼かなとペイバーする事に。

MさんにもAちゃんの友達だと言うバカラの子を電話で呼び出した。Mさんもこの子をペイバーすると言う。

Mさん、今日だけで三回目。すげーわwww

早々にホテルに連れ帰ってしまった。

sevenはAちゃんとスクラッチドッグに行く事に。Rやその取り巻き達と会わないか心配だったが、会う確率は低いだろうと判断。

ディスコではお決まりのシーサーと密着ダンス。時間も2時近くなったので帰ろうとするとMさんから電話が来た。

何かあの子とトラブルでも有ったのかと慌てて外に出て電話に出る。



M「えと・・・sevenさん?」


S「うん、どうしたの??」


M「今からそっちのディスコ行きます」


S「へ?今から??」


M「はい、この子も行くって言ってますし、一度バンコクのディスコも行ってみたいなーと・・・」


S「ちょwwwマジっすかww」


電話を切りAちゃんの元へ。


S「ね、俺の友達今から来るって。君の友達も連れてくるってさ」


A「うん、私も今電話来たよ」


S「いいの?もう遅いけど・・・」


A「え?まだ2時だし・・・」


S「・・・ですよね・・・・」


30分ほどしてMさん達合流。


M「sevenさん、ちょっといいですか?」


S「なに?」


M「僕の彼女・・・サイボーグです・・」


S「何それwwフランソワーズじゃあるまいしww」


フランソワーズってのはサイボーグ003なのはご存知の通り。


M「いや、それがオッパイ偽物だし、あそこにもなんか塗ってからやってました。あと、何か全体に違和感あるんですよねー、また明日細かい事言いますけど」


S「えー、女にしか見えないよww確かに化粧はかなり濃いなとは思ったけど。声だって女の声じゃん」


M「あのー、sevenさんの彼女に聞いてもらえません?」



S「は?何を?」


M「僕の子、オカマかどうか・・・」


S「ぶwww無理だってwwぶっ殺されるww」


M「んー・・・」


S「でもやったんでしょ?それならどっちでもいいじゃんww」


M「いえ、萎えちゃって手コキに切り替えてイキました」


S「ぶwwwイッたのかいwww」



さすが猛者だ。



そして地獄のディスコが始まる。もうクタクタだし、冷たいもの飲み過ぎて腹も緩くなってきてる。


朝の四時過ぎ、我慢できずに終了を促す。そして四人でタクシーに乗ってホテルに戻る。


S「Mさん・・・で、どうすんの?俺はこの子と部屋に帰るけど」


M「僕も連れて帰りますよ。もう一回ヤッてはっきりさせたいんで・・・」


S「マジっすかwww了解です」


すげーわこの人。そうして朝10時にロビー集合を約束し、それぞれの部屋に戻るのだった。


つづく


最終話 一晩6000Bのシャーク嬢

Cとまた連絡を取り合うようになってすっかりご機嫌戻りました。単純ですよね。

彼女は完全にサハラを辞めてナナプラザに拠点を変えたようです。GOGOダンサーになったのか少し心配でしたが今まで通りコヨーテだと言うことで一安心。

GOGOダンサーになると心配ごとがより増えますからね。



3日目

ホテルに戻り、Aちゃんとプレイ開始。ディスコではあれだけ積極的だったのにベッドではマグロ。

では、マグロなら解体作業に入りますか。先ずは軽くキス。それと無く舌を潜り込ませようとすると唇を噛み締めガードするAちゃん。


やっぱディープは嫌がるか・・・


それならと巨乳に手を伸ばす。


か・・・硬い・・・


わかっちゃいるけど、この硬さは違和感あり過ぎて萎えるわー。貧乳でも生で良いのに・・・

タイの女の子の巨乳願望も凄いですね。見た目は確かに素晴らしい形と大きさですが、触ると萎えるって事を彼女達は知らないのだろうか。


気を取り直してオッパイペロペロ。少しだけどAちゃんから吐息が漏れ出した。最近ではデフォルトのパイパンに手を伸ばす。

優しく撫でたり、クリ攻撃するも全く濡れず。まぁ風俗嬢にはありがちな本気で無い相手とは濡れない?そんな雰囲気。

顔は可愛いのになぁ。もったいないと感じるのはsevenだけなのだろうか。もう少し夜のお相手もしっかりやってくれれば人気出るだろうに。


体力的に疲れてた事もあるし、いつもの如くイケないパターンなので諦めて寝る事に。



翌日朝、チップの金額を聞く。すっかり確認するの忘れてたわ。まぁ4000Bくらいかな。



S「チップいくらかな?」


A「ロングだから6000Bね」


S「へ?6000B??高くない?」


A「ううん?いつもロングは6000だよ?」




ちょwwwシャーク嬢ってこんなに高いの?一気に目が覚めた。



A「でも楽しかったから5000でいいよ」


S「あ、アザーッス・・・」


なんと無く納得いかないけど先に交渉しない自分に非があるので引き下がる。


一緒にソイ23のバーに朝食を食べに出かけ、食後にタクシーを拾ってサヨナラした。


なんかタイで遊ぶメリットが段々無くなりつつあるなーと。数年前の一晩10000円の頃が懐かしくなりました。


ホテルに戻るとMさんが部屋に訪れて来ました。

Mさん曰く、やっぱり昨日のバカラ嬢は男だそうです。本当にバカラにLBなんか居るのだろうか。

ま、どうでもいいしこっちもそれなりに凹んでいたのでMさんの語りも聞き流していました。

そして昼過ぎの便でベトナムへ帰国するsevenたちでした。久々にビミョーな旅になってしまいました。

やっぱりHだよなー、とその時つくづく感じたのは言うまでもありません。


おわり





お勧め新着記事
2013.08.20以降のアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

2013.08.20以降の訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
非公開メッセージ
  • ライブドアブログ